海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:カンボジアのジム事情

カンボジアのジム事情

satoh
  • 2018/11/26 00:00
  • カンボジア
  • 企画・マーケティング
  • インターン前

 

こんにちは!

 

 

 

12月から4か月間、カンボジアの美容系企業で企画・マーケティングのインターンに挑戦するSatohです。

 

 

 

突然ですがみなんさん、海外で生活する上で不安なことはありますか?

 

僕は体調管理、特に運動不足になることです。

 

海外での生活は慣れないことが多く、中々体調管理まで手が回らないことが多いですよね

 

 

 

僕もアメリカに留学した際に5g以上太りました(笑)。

 

 

 

ちなみに、僕は全く体育会系ではないですが最近ジムにはまって、9-10月間で体脂肪率5.4%落としました。

 

 

 

さらに、僕の行くカンボジアは運動不足になりがちな国です。。。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

公共交通機関があまり整備されていないため

 

 

 

近距離移動の手段としては、お馴染みのトゥクトゥクやバイク、自動車が使われており

 

 

 

自分自身で歩く機会が日本に比べたら少なくなります。

 

 

 

そこで、そんなカンボジアで運動不足を解消する1つの手段であるジムについて調べていきます。

 

 

 

そもそもカンボジアにジムってあるの?そう思う人も多いのではないでしょうか

 

 

 

僕も最初はそう思っていましたが、調べたらちゃんとありました。経済成長と共にジムを利用する人も増えているみたいです。

 

 

 

値段について

 

ジムに通うための費用はピンキリです。ホテルに併設されているようなジムだと一回のみだと5USD、月契約で40-50USD/月くらいです。ローカルジムになると一回の利用で1-5USDです。また、カンボジアは電気を輸入しており、電気代が高いのでジムによってはランニングマシンを使うことで追加料金を取られることがあるみたいです。

 

 

 

ローカルジムについて

 

日本でジムと言ったら会員登録をしたり面倒な手続きをしたりと通うのに敷居が高いと感じている人もいるのではないでしょうか?

 

安心してください。カンボジアでは会員登録をせずに直接ジムに行ってその都度支払いをするようなローカルジムも多いようです。

 

 

 

僕も時間をみつけて、体調管理のためにカンボジアでジムに通いたいと思います。

 

 

 

最後にワークアウトも仕事も最後の追い込みが結果に繋げる上では重要だと思います。

 

なので、両方ストイックに頑張っていきます。

 

 

 

ありがとうございました。

 

satoh

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 カンボジアにて美容品を広めるブランディング・経営戦略のインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP