海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】バジャワ族のスペシャリティコーヒー生産のキャパシティビルディングプロジェクト

【オンライン】バジャワ族のスペシャリティコーヒー生産のキャパシティビルディングプロジェクト

/

アグロフォレストリーを取り入れて、オーガニックスペシャリティコーヒーを生産する、バジャワ族。しかし、彼らは生産性と市場へのアクセスに大きな課題を抱えています。あなたの協力により、バジャワフローレスアラビカコーヒーをコーヒー市場の注目の的に引き上げるためのキャパシティビルディングを行うプロジェクトです。

  • 期間:半年以上
  • インドネシア,オンライン
  • 経営者の右腕になる,社会課題解決/SDGsに挑む,社内公用語が英語/その他外国語のみ,新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む

インターンシップ内容

※こちらのインターンシップは選考を英語で行います※

エントリーフォームは英語で記入をお願いいたします。英語で記入する際、文字数の上限である400文字を超える場合がございますので、その場合はメール(internship@tigermov.com)にてお送りいただきますようお願いいたします。

 

フローレス・バジャワ アラビカコーヒー。
アラビカコーヒーは、バジャワ族の人々によって何世代にもわたって栽培されてきました。合成農薬や化学肥料を使わずに、木陰で有機肥料や有機農薬を使い、厳選して(熟した実だけを)アラビカコーヒーを栽培しています。この方法はアグロフォレストリーと呼ばれています。

フローレス・バジャワ アラビカコーヒーのロケーションはバジャワを州都とするンガダ県は、中央部に山岳地帯、南部に低地が広がっています。山岳地帯の中央部には、他の地域よりも降雨量が多く、標高もかなり高いため、生態系に適していることから、コーヒー農園が設置されています。BajawaとGolewaの両サブディストリクトには、海抜1,000m以上の高地にアラビカコーヒーセンターがある。標高の高い地域で、地形的にも平地から山地まで様々な条件が揃っているのが、ナガダ地区のアラビカコーヒー農園地域です。

そのようなアラビカコーヒー栽培に適した地でリカルダス氏は、コーヒー生産が農家の経済状態を改善する良い機会になると考え、2010年からバジャワでのコーヒー農園に力を入れています。リカルダス氏は、集団組織のメンバーとともに、すでに地理的表示に登録されているフローレス・バジャワ・アラビカコーヒーを栽培しています。リカルダス氏は、生産者グループを率いて、コーヒーの品質向上に力を注いでいます。

彼のビジョンは、自分たちのコーヒーを市場のプリマドンナにすること。
標高1,000m~1,650mのバジャワで生産されるアラビカ種のコーヒーはアラビカS795という品種で、病害虫に非常に強く、物理的欠陥の最大値が2,5%~5%で、最大水分量が12%のスペシャルティアラビカコーヒーに分類されます。農家はコーヒーチェリーを収穫し、収穫後の処理として、コーヒー豆は発酵工程を経て、乾燥されます。最後に、農家は最高品質の生豆だけを選別し、焙煎したり、顧客に販売しています。

 

Online Project Tasks:

オンラインプロジェクトの詳細についてはこちらをご参考にご覧ください。


Agricultural Technology Access
to provide a drying machine with renewable energy resources for coffee farmers

キャパシティビルディング
コーヒー農家の標準作業手順書(SOP)をアップグレードするための適正処理基準(GHP)および適正農業基準(GAP)のトレーニング

施設調達
パルパーマシン、温室、乾燥設備の提供

マーケティングとプロモーション
コーヒー市場のためのグローバルネットワーク、海外でのコーヒー展示会へのアクセス

 
*本プログラムは、su-re.coとインドネシアの各現地NGOとのコラボレーションによるインターンシップです。


--------------------------------------------

現地パートナー:su-re.co
--------------------------------------------

Su-re.co(Sustainability and Resilience.Co)は、2015年に設立されたインドネシアのバリ島に拠点を置く環境シンクタンクです。気候変動の適応と緩和を専門としており、JICAや国際機関など多くの国際的プロジェクトに参画しています。また、”Think”タンクとしてではなく、”Do”タンクとして、現地のパートナーと実際にアクションを起こすプロジェクトにも取り組んでいます。



--------------------------------------------

メンターの役割
--------------------------------------------
本プログラムでは、企業担当者として現地側でsu-re.coのメンターがつきます。
メンターは、定期的にNGOの活動を支援をサポート及び言語的なサポート、
参加される皆さんに対してのフィードバックやコンサルテーション、振り返りを行います。

身に付く力・得られる経験

<身に付く力>
・課題を捉えて、自身の力で他者を巻き込みながらプロジェクトを前進させる力
・言語の通じない人たちと協働する力
・時間を管理して、成果を出すマネジメント力
・困難な状況でも折れずにやり切る力

<得られる経験>
・現地の農業団体のメンバーとのディスカッション
・現地のアントレプレナーのサポート
・ローカルコミュニティでの活動
・バジャワ族のキャパシティビルディング
・本質的なサステナビリティへの貢献する経験
・机上の空論ではない現在進行形の課題に挑む経験

こんな人を求めています

> Go getter
> Open to new ideas and experiences
> Driven
> Good communicator
> Interested in innovation and social impact

募集要項

インターンシップ先国
インドネシア オンライン
インターンシップ先都市
フローレス
インターンシップ期間
12月から開始
6か月(能力によって判断)
インターンシップ日数、時間
要相談
報酬・手当
Unpaid Online Project
プロジェクト終了後にメンター企業であるsu-re.coより、Cirtificationを提供します。
また、インターンシップ期間中は、国連やEUからプロジェクトを請け負う、サステナビリティビジネスのプロ集団su-re.coからオンラインメンタリングおよび、サステナビリティの講座や、コンサルテーションを受けることができます。
必要なスキル・資格
  • Studying Bachelor or Master in Environmental Economic, Engineering, Green Energy, Agricultural, Sustainability Management or related fields.
  • Must be proficient in English both professional written and verbal communication.
  • Good interpersonal and project management skills with the ability to work in a multicultural environment with local rural communities of Bali and Flores, and an international team.
  • Demonstrate interest, knowledge, or experience in engineering design, agriculture and supply chain.
  • Actively join international or local organizations & communities.
  • Demonstrate a commitment to or interest in community service and mentorship
担当者からのメッセージ
Fabian received his BSc at the University of Twente, the Netherlands. Having done a Liberal Arts & Sciences program, he has a broad background of both technical and social sciences, touching Environmental Policy and S. Now he is supporting various research projects and writing research papers/proposals related to climate change adaptation and mitigation.

企業紹介


Story from, A Coffee Farmer from Bajawa-Flores

Since 2010, he has been focusing on coffee plantations in Bajawa because he realized that coffee production gives farmers a good opportunity to improve their economic condition. He leads a group of farmers to focus on increasing the coffee quality by doing sustainable agriculture practices, like using organic fertilizer and adapting the Agroforestry method. He together with his members in a collective organization cultivate Flores Bajawa Arabica Coffee, which has already registered to be Geographical Indication coffee. His vision is to make their coffee become a Primadonna in the market.
事業内容
Coffee Farmer
従業員数
10++
使用言語
Indonesian/English
経営者プロフィール

Since 2010, Mr. Rikardus has been focusing on coffee plantations in Bajawa because he realized that coffee production gives farmers a good opportunity to improve  their  economic  condition.  He  leads a  group  of farmers  to  focus  on  increasing  the  coffee  quality  by  doing  sustainable agriculture practices, like using organic  fertilizer  and  adapting the Agroforestry  method. Mr. Rikardus together  with his  members in  a collective   organization cultivate Flores Bajawa Arabica Coffee,   which has already   registered   to be Geographical Indication coffee. His vision is to make their coffee become a Primadonna in the market.

タイモブからのメッセージ
インドネシアのフローレス地域、バジャワに位置するコーヒー農家のキャパシティビルディングの支援です。農業の技術支援、現地の人たちがさらにより高い付加価値をつけて、スペシャリティコーヒーを作れるようになるための支援に関心のある方は是非ご参加ください。
このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する