海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/気候変動を世界から学び、世界基準をつくろう。Hakuba気候変動プログラム〜HAC〜

気候変動を世界から学び、世界基準をつくろう。Hakuba気候変動プログラム〜HAC〜

/

タイモブ史上初のオンラインとオフラインの融合プログラム!世界中の人類が直面している気候危機。この問題を解決できるかは、未来の主役となる私たちの手にかかっています。高校生による気候非常事態宣言など、環境問題にアクティブに取り組む長野県白馬村とタッグを組み、サステナブルなアクションを起こしましょう!

  • 期間:1、2ヶ月以上
  • オンライン,日本
  • 短期合宿型

研修内容

コロナウイルスの各地での流行を踏まえ、移動制限の関係で延期の可能性もございます。

ご理解いただいければ幸いです。状況を踏まえ、2週間前に判断いたします。

 

気候変動対策・環境問題解決におけるワールドスタンダードを作る未来共創プロジェクト

 

 

「このままでは地球全体の平均気温が最大4.8度上昇し、世界中の動植物に悪影響が及び、最終的には人間にも影響が出るだろう。」

 

こちらは、IPCC(気候変動における政府間パネル)における発言です。

今現在、温暖化を抑制する技術はなく、未来予測のモデリングでは、世界に存在しない技術が解決する予測すら存在します。

 

それは、次の時代を生きるものに、問題の解決を先送りすることを意味しています。

つまり中学生・高校生・大学生・若手社会人にとっては自分とその子どもがダイレクトに影響を受けることになります。

 

タイガーモブは未来の主役になる私たちの手で、解決策を編み出し、社会に実装し、コツコツ積み上げながら、価値のある活動をするべきだと考えます。

 

『気候変動に対しての取り組みとして、世界中の国が注目するようなワールドスタンダードを自分たちの手で作る。』

 

それがプログラムのゴールです。

 

 

 

高校生が気候非常事態宣言や、EVシェアリングを推進する長野県白馬村が舞台

  

 

私たちの考えに共感してくださり、白馬高校の協力のもと長野県白馬村を舞台に、”実際に”地域で解決策を実行するプログラムの実施が決定しました。

 

白馬村では、白馬高校の生徒が主体となって、日本で3番目に気候非常事態宣言を出しています。(その後、県単位としては長野県が初めて宣言を出すことになりました。)

 

活動の一環として、気候変動マーチを白馬の厳しい自然が生み出したスキー場で行ったり、電気自動車のシェアリングで環境負荷の低い地域コミュニティづくりをしています。

 

自らの活動だけでなく、行政の「白馬村再生可能エネルギーに関する基本方針連絡協議会」に高校生が委員メンバーとして選ばれているなど、行政単位での活動にも積極的に参加しています。

 

とても積極的に活動するのは高校生だけではありません。

白馬観光開発というスキー場を運営する会社ではリフトを動かすエネルギーには再生可能エネルギーを使用し、小水力発電に取り組む活動をされている方もおり、世界的に活動するProtect our Winter(POW)の日本代表も白馬に住んでいます。

 

さらに、行政では10年以上前から、「地域新エネルギービジョン」(クリックするとリンクに飛びます。)を掲げています。また、気候非常事態宣言だけでなく、「ゼロカーボンシティ宣言」も出されています。

 

また、昔から自然が豊かであるこの地域では、元々水力発電・小水力発電によって人口9000名の電力を賄おうとしています。

 

しかしながら、人口減少が進み、活動の担い手も多くないこともあり、気候変動・環境問題に対しての活動ができる人が多くありません。そこで、プロジェクトを多くの人に実行してもらう場所として白馬村が手をあげてくれたということなのです。

 

こうした背景もあり、気候変動や、環境問題について、具体的に何かアウトプットしたいという若者にとってはこれ以上ない機会が提供できるようになりました。

 

 

 

まるで世界一周!?タイガーモブオリジナルSDGs動画コンテンツを大公開!

  

 

タイガーモブでは、新型コロナウイルスが蔓延して以降、50回以上5000名を超える人に対してオンラインで学びの機会を提供してきました。

 

今回のプログラムに参加する方には、さらに濃縮したSDGsの学びを、50本の動画コンテンツにしてお届けします。いずれの動画も世界最前線で活躍する方の普段は聞くことのできない非常に貴重な学びの機会です。

 

一例を挙げると、

・世界最高の環境シンクタンク「ストックホルム環境研究所」のアソシエイトかつ、オックスフォード大学環境博士、サステナビリティを軸に環境ビジネスを展開する企業のCEO

・国連やUNHCRで活動後、ダイバーシティやジェンダーを軸に活動するアクティビスト

・パレスチナ問題の最前線で活動する女性活動家

・ミャンマーの小規模農家を救うソーシャルビジネスを展開する社長

・インドのスラム女性を救うビジネスを展開する女性社長...etc

 

他ではなかなか聞くことができない視点からモノの見方や考え方を得る事ができる機会です。

 

人生における大切な資産になること間違いなしです。

 

 

 

世界中の最先端の気候変動の研究結果や分析手法、ノウハウをオンラインで学ぶことができる

  

 

また、タイガーモブではSDGs実践型サロン「su-re.community」を運営しています。

バリ島在住で、オックスフォードで環境博士号を取得され、国連や欧州連合(EU)、JICAのビックプロジェクトを多数手掛けた高間剛さんメソッドやノウハウ、メソドロジーを軸にして皆さんに気候変動の問題解決・分析の考え方を身に付けていただく機会をご用意します。

 

30以上のマーケティングの基本的なメソドロジーや新規プロジェクトを成功させるポイント、気候変動の評価や分析に使える専門的なメソッドなどを皆さんに大公開。

 

なお、方法をゼロから丁寧に教えるのではなく、皆で考えながら文献や、研究を読み解き、考え方を身に付けていくアクティブラーニングの手法をとります。

 

わからないことがあれば、タイガーモブの気候変動チームとのオンラインダイアログに参加いただくことで、より具体的に自分たちのプロジェクトを進めることができます。

 

 

 

オンライン1ヶ月、オフライン4日間の最も学びの価値を最大限に高めた探究プログラム

  

 

期間として長く見えるかもしれませんが、4つのセクションに分かれています。

 

1.自主活動(8/17~終了まで)

お申し込み完了後、タイガーモブのHakuba気候変動プログラム〜HAC〜コミュニティに、参加していただきます。コミュニティの中には、世界中から参加したメンバーと、皆さんの活動に役立つ動画コンテンツ、メソドロジー、ノウハウ記事が膨大にストックされています。

世界の現状を知り、自身が取り組みたい具体的なテーマを探すために活用してください。

 

2.自分が興味のあるテーマを深く探求する(8/17~8/31まで2日に1回ずつ)

タイガーモブ主催で、ダイアログセッション(特定のテーマについて対話をする機会)をご用意します。ここでは、参加された方が自由にテーマを決めて、興味のあるテーマについて参加して皆で話をしながら知識をためたり、自分のアイデアをアップデートしていきます。現在タイガーモブで運営するSDGsサロンではこの活動から、コンポストチーム、バイオガスダイジェスターチーム、サステナブルチョコレートチーム、100%オーガニックコスメチームなど様々なプロジェクトが立ち上がっています。

 

この活動を通じて、皆さんの中で一緒に活動したい仲間や、自分が取り組みたいテーマを決めてみてください。

 

3.プロジェクト結成&白馬でのアクションプラン立案(9/1~9/18の期間中)

8/31までに、プロジェクトテーマとメンバーをタイガーモブ運営チームにお知らせください。

お知らせいただいたのち、プロジェクトメンバー専用の連絡ツールと、議論をするための場所をオンラインでご用意します。このオンラインでの場所は、他のチームの進捗状況や議論の様子を伺うこともできます。

白馬に実際に訪れる前に、現地の人との交渉や、プロジェクトの内容が実現可能なのかオンラインで進められるところまで全力で進めましょう!

 

4.白馬にて実践(9/19~9/22)

いよいよ、実践!!!

シルバーウィークの白馬。多くの観光客の方が訪れます。

フィールド調査、プロジェクトの実行をそれぞれのチームごとに取り組んでいただきます。

サステナビリティをテーマに集まった、タイガーモブのsu-re.communityのメンバーもメンターとして皆さんの活動を応援します!

 

夜には皆で集まって、バーベキューや、キャンプファイヤー、焚き火を囲んだ対話など、白馬ならではのアクティビティをご用意しています。

最終日には、プロジェクトの結果発表とこの1ヶ月半の振り返りをして、白馬での4日間は終了となります。

 

 

 

「気候変動適応都市」を目指し、プログラム終了後も活動を継続します

  

 

世の中の多くのプログラムが、その期間だけで終了という形をとりますが、このプログラムは、継続的に行うプログラムになっています。一度参加したら、コミュニティには参加して議論していただくことはもちろん可能です。

 

また、プロジェクトは、自分たちでずっと継続して実施しても良いですし、地元の高校生にバトンを渡しても良い、それから新しく参加した人に渡しても良いです。

それから、落ち着いたタイミングでOBOGとして改めてメンターの役割で参加してもらえるとても嬉しいです。

 

そうして、想いを絶やすことなく、気候変動対策・環境問題解決におけるワールドスタンダードを作り、いずれ「気候変動適応都市宣言」を皆で出しましょう!

 

 

身に付く力・得られる経験

・気候変動に対して圧倒的な知識が身につき、様々な文献や、専門的な動画、研究について理解ができるようになる。

・日本でも最前線で実行している人として、様々なメディアで取り上げられる

・気候変動への取り組みの難しさを肌で感じるとともに、人生のテーマとなるような領域が見つかる

・物事の本質を捉える力が身につく

・地域の人と協力してビックプロジェクトを成功させる体験

・デザイン思考とアート思考を両立する力

・顧客を捉えるマーケティング力

こんな人を求めています

・気候変動や、環境問題に関心がある次世代を担う方

・SDGsに関心があり具体的なアクションを起こしたい次世代を担う方

・地域コミュニティづくりに関心がある方

募集要項

研修先国
オンライン 日本
研修先都市
オンライン、白馬村
研修期間

■活動期間

8/17~9/22

(9/19~9/22は白馬にて開催、それ以外はオンラインでの開催となります。)

 

 

研修日数、時間

■使用ツール

ZOOM(会議ツール)

slack(コミュニケーションツール)

asana(プロジェクト管理ツール)

いずれもスマートフォンもしくはパソコンから参加可能です。

 

■宿泊場所の手配

参加お申し込みをいただいた方から、推奨宿泊先をご案内します。

 

■オンラインの活動イメージ

動画視聴:限定公開のyoutubeをご案内します。

メソッド学習:言語を問わない最新の文献や、フレームワーク、考え方をテキストや、記事にして提供します。

ダイアログ:2日に1回、時間帯を調整しながら、1回あたり2時間程度の対話の時間を設定します。

 

■プロジェクト終了後のイメージ

冬休みや春休み、ゴールデンウィークなどの長期休みに、再度プログラムを開催します。

再度プログラムに参加される際には、費用は無料(宿泊・交通費・食費はかかります)にて参加可能。

また新たなメンバーと白馬の地で活動してください!

 

報酬・手当

【参加費用】

7万円(税抜)

*交通費・宿泊費・食費は別途実費負担となります。

 

白馬村への貢献

 

白馬村の皆様には大きな協力をいただいて実施する活動になります。

参加者の人数に応じて、タイガーモブから白馬村へ寄付をすることを通じて、サステナブルな活動を永続的に支援いただけるようにいたします。

参加者10名以上30名未満の場合:プログラム参加料の合計の5%

参加者30名以上の場合:プログラム参加料の合計の10%

必要なスキル・資格

なし

※英語力は問いませんのでご安心ください。

主催者紹介

---------------------------------------------

主催:タイガーモブ株式会社

---------------------------------------------

  

 

--------------------------------------------

主催(現地パートナー):長野県立白馬高等学校
--------------------------------------------

参加者の声

初回のため、参加者の声はなし

今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く