海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ベトナムの日本語センターでの日本語教師のアシスタントインターンシップ

ベトナムの日本語センターでの日本語教師のアシスタントインターンシップ

/

舞台は、ベトナムに拠点を置き日本語教育と留学コンサルティングを展開する会社。「ベトナムの日本語教育を変える」ビジョンのもとインターン生は日本語アシスタントとして授業の実施などを行います。日本語や日本の文化を伝えたいという想いがある人や海外で0から企画をしたい方におすすめのインターンシップです!

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上
  • ベトナム
  • 企画・マーケティングに携わる,日本の価値を伝える,複数職種に携わる

インターンシップ内容

◆インターンシップ内容

⑴日本語教師アシスタント

日本語教師のアシスタントとして担当の日本人またはベトナム人教師とともに授業に参加してもらいます。授業ではベトナム人教師と役割分担を行い、ベトナム人教師は語彙や文法などの説明、日本人は語彙や例文の読み上げ、学生との会話などを行ってもらいます。

 

授業以外では授業用資料の準備や教材の作成などを手伝っていただきます。授業以外では課外授業として文化交流などの企画・運営を行ってもらいます。(例えば、折り紙教室、学生とホーチミンの散策、茶道教室など)

 

  

身に付く力・得られる経験

・日本語教師またアシスタントとしての経験

・ベトナムにおける日本語教育の実情の把握

・授業用教材、資料の準備作成経験

・ベトナム人スタッフとの勤務経験

・イベント企画、運営経験

・行動力、自己解決能力

・初級ベトナム語習得

・学校運営経験(生徒の集客等)

こんな人を求めています

・日本語や日本の文化を教えたい、伝えたいという想いがある人

・ベトナム人と積極的にコミュニケーションが取れる人

・日本語や日本の文化に関するイベントを企画、運営してみたい人

・明るく、気さくで、コミュニケーションが好きな人

・失敗を恐れず0から作り上げるチャレンジ精神旺盛な人

募集要項

インターンシップ先国
ベトナム
インターンシップ先都市
ホーチミン
インターンシップ期間

3ヶ月~6ヶ月(※2ヶ月の短期も受け入れ可)

インターンシップ日数、時間

月曜~土曜

09:00~21:00の間で9時間(内休憩1時間)

※生徒は大学生や社会人ですので、夜間授業がメインになります。

報酬・手当

・住居補助あり

・1日1食弁当支給あり

・交通費支給あり

必要なスキル・資格

・初級の英語またはベトナム語

・ワード、エクセル、パワーポイントなどの基本的なPCスキル

・人前で話せる人(コミュニケーション能力)

担当者からのメッセージ

ベトナムの平均年齢は29.2歳で平均年齢が46.1歳の日本と比較すると非常に活気に満ちた国であり6万人以上が日本語を学んでいます。当センターでも10代、20代の若者が日本語を学んでいます。日本語を学ぶ目的は様々ですが、みんな日本人そして日本語が大好きです。

 

そんなベトナムの若い人たちに「日本語を教えたい!」、「文化交流がしたい!」、「日本を伝えたい!」という熱い気持ちを持った方は是非お越しください!
経済成長真っ只中のベトナムでの生活体験やこれからのベトナムを背負って立つ若者と交流することは、あなたの価値観を180度変え、人生の大きな財産になると思います。

企業紹介

 

 

2014年にベトナムホーチミン市に設立し、主に日本語教育と留学コンサルティングを行っています。

ベトナムの大半の日本語学習者が、「わかる」けど「使えない」というコンプレックスに陥っています。その実情に疑問を持ち、「わかる」から「使える」ようになるということを目標にした教育方針の採用、教材選び、環境づくりに努めています。

 

従来ベトナムでは1クラス30~50人というクラス編成が一般的ですが、弊社では少人数のクラスで授業を行っており、言語のアウトプットに特化した「シャドーイング」という練習法を採用し、現実的なシチュエーションの中で会話を中心に「できる」ことを積み上げ、実践力を重視した日本語能力の習得を目指します。

日本語学部の大学生や日系企業に勤める社会人の方々に多く受講していただいております。ベトナムの日本語教育を変えるという強い気持ちで日々取り組んでおります。

事業内容
1.日本語教育
2.日本語教師派遣
3.留学コンサルティング
従業員数
従業員数15名
(日本人3名、ベトナム人6名、非常勤6名)
使用言語
社内:日本語3割、英語3割、ベトナム語4割
社外:日本語2割、英語3割、ベトナム語5割
経営者プロフィール

大学時分、アジア諸国からの交換留学生と知り合い、海外での生活に憧れるようになり、大学卒業後は半年間フィリピンへ留学。その後、2005年3月ベトナムホーチミンで就職。2013年に脱サラし、一念発起し、起業を決意。

 

ベトナムの日本語学習者は大半の日本人が英語に対して抱いている「勉強しても使えるようにならない」といった同じコンプレックスを抱いていることに気づき、ベトナムの日本語教育を変えたい、そして自身を成長させてくれたベトナムへ少しでも恩返しをしたいと思い立ち、日本語センターを設立。

 

織田信長が好んだ敦盛の一節である「人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を受け 滅せぬもののあるべきか」をモットーに、未知に飛び込み、失敗から学び、0から作り上げる、そんなチャレンジ精神に溢れる方と一緒にベトナムの日本語教育を変えていきたいと思います。

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する