海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ミャンマーで100社以上のクライアントを抱える法律事務所でのインターンシップ

ミャンマーで100社以上のクライアントを抱える法律事務所でのインターンシップ

/

2015年3月にミャンマーで設立した法律事務所でのインターンシップ。日本からは大手の法律事務所しかまだ進出していないミャンマーにおいて、中小企業の方でも気軽に相談できるようにと設立されました。インターン生には、リサーチやマーケティング、翻訳を担当して頂きます。

  • 期間:2~3週間,1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • ミャンマー
  • 企画・マーケティングに携わる,専門性を極める

インターンシップ内容

◆インターンシップ内容

インターン内容は多岐に渡ります。
基本的には下記の内容を行って頂く予定ですが、他に関わってみたいことがあれば柔軟に対応します。

 

①リサーチ

ミャンマーの法律の調査、企業調査

 

②マーケティング

日系、外資に関わらず、マーケティング手法の提案及び実施

 

③翻訳

英語ができる場合、英語から日本語または日本語から英語の翻訳

 

④その他

社内で改善した方がいいところ、その改善方法など、気づきがあればどんどん発信して下さい!

 

インターン内容①     インターン情報②

身に付く力・得られる経験

・成長著しいミャンマーでのビジネス経験

・様々な業種、年齢の方たちとの交流

・日本とは違う価値観を感じ、受け入れる感性

・日本人による仕事上のマナーの指導

こんな人を求めています

・柔軟な考えができる方

・明るい方

募集要項

インターンシップ先国
ミャンマー
インターンシップ先都市
ヤンゴン ダゴンタウンシップ (日系企業が多く入っている、パークロイヤルホテルの隣にあるビルにオフィスがあります)
インターンシップ期間

最短2週間から

インターンシップ日数、時間

平日(月~金)8:00-16:30

ミャンマーの祝日は会社も休みです

報酬・手当

1か月以上勤務の場合、応相談

必要なスキル・資格

一定の英語力がある方(TOEIC 600程度)が望ましいですが、必須ではありません。

担当者からのメッセージ

日本でも頻繁に報道されるようになったミャンマーという国ですが、やはりどんなところかピンと来ない方が多いと思います。
ですが事前に調べたらいくらでも情報が出てくる国より、実際に来て初めて分かることが多い国ってすごく魅力的だと思いませんか。
ただ旅行に来たくらいじゃ分からないミャンマーの人たちの生活に考え方、一緒に働くと新しい発見が沢山あります。
ミャンマーの人たちは転職がステップアップだと考え、履歴書の職歴欄に何社も連なっているという人も多く、多くの日本人が良しとする働き方とは違った考えをする人たちが多いです。
その分仕事に対する姿勢なども異なりますが、批判するだけでは相手も聞き入れてくれません。
日本での価値観だけでしか考えられないなら、海外に来ても成長することはないでしょう。
まずは受け入れ、それからどう改善できるか考えられる人を募集します。

企業紹介

企業紹介

 

当社は2015年3月にミャンマーで設立した法律事務所です。
日本からは大手の法律事務所しかまだ進出していないミャンマーにおいて、中小企業の方でも気軽に相談できるよう代表の堤が独立し、設立致しました。月に1回はメンバー全員での食事会を行い、良いコミュニケーションが取れる関係づくりに取り組んでいます。

事業内容
・各種契約書の作成
・M&A、デューデリジェンス
・会社設立
・紛争解決
・ミャンマーの法規制、企業調査
・翻訳、通訳
・Myanmar Law Database (MLDB)の運営
従業員数
17名(日本人5名、ミャンマー人12名)
使用言語
社内: 英語、日本語 (社内の公用語は英語です)
社外: 英語、日本語
経営者プロフィール

Managing Director, 代表弁護士

2012年12月に大手法律事務所駐在員として渡緬。2013年にヤンゴン外国語大学ミャンマー語学科を修了。
その後独立し2015年3月にSAGA国際法律事務所を設立。
2015年10月から独立行政法人 中小企業基盤整備機構に平成27.28年度国際化支援アドバイザー/海外販路開拓支援として活動。
ミャンマーで一番駐在歴の長い日本人弁護士である。

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連タイモブログ

応募する 相談する