海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【4/25 オンライン開催】Diversity&Inclusion×Art 福祉をアップデートするヘラルボニー

【4/25 オンライン開催】Diversity&Inclusion×Art 福祉をアップデートするヘラルボニー

  • 虎の知恵

【4/25 オンライン開催】Diversity&Inclusion×Art 福祉をアップデートするヘラルボニー

 さまざまな文脈で語られる、多様性。

 

ダイバーシティ、多様性と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

人種、宗教、障害、ジェンダーなど様々な観点で語られる、多様性。

私たちはなぜ、多様な社会を望むのでしょうか?

多様性が尊重された社会の実現は、なぜ困難なのでしょうか?

 

 

今回は、「福祉をアップデートする」福祉実験ユニットヘラルボニーの大田さんと西野さんをゲストにお迎えします。

株式会社ヘラルボニーは、知的障害をある兄を持つ双子の兄弟、松田崇弥さんと文登さんが始めたプロジェクト。

知的障害があるということは、人と違った個性があるということ。その魅力に光をあて、独特のセンスで描かれたアート作品をプロダクトに落とし込み、ひときわ目を引く美しいネクタイやハンカチなどを世に生み出してきました。TOMORROWLANDなどのアパレルブランドともコラボレーションした製品を販売したこともあります。

その他にも、工事現場の仮囲いをアートで彩ったり、様々なプロジェクトを手掛けています。

 

そんなヘラルボニーのプロジェクト、そして多様性への想いを伺います。

 

 

<ヘラルボニーとは?> 

 

株式会社ヘラルボニーは、異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットです。企業・自治体・団体・個人の課題を洗い出し、仮説を立て、福祉を軸とした社会実験を共創します。

HERALBONY is a creative agency focusingon the creativity of people with intellectualdisabilities. We manage over 1,000 artwork data by cooperating with 13 facilities caring for people with intellectual disabilities and specializing in creative activities.

Webサイト

アパレルオンラインショップ

◆ 掲載記事:罪悪感を乗り越えて、新しい福祉に挑む / MUKU&ヘラルボニー

 

 

<登壇者>

大田雄之介(YUNOSUKE OTA)

 

海外統括・オペレーションディレクター。
通関士として物流業界の最大手、スタートアップを経て現職。もちまえの語学力とコミュニケーション能力を活かしたEC事業推進及び海外販路の拡大に挑む。その他、総務・経理と業務領域は多岐に渡る。

 

西野彩紀(SAKI NISHINO)

 

ストラテジックプランナー。
大手IT企業の広告営業を経て現職。妹に知的障害があることがキッカケとなり、留学中に「MUKU」の活動を発見、大学時代よりヘラルボニーにジョイン。自社事業のスキーム構築、アート作品のライセンス展開、海外進出事業の推進を兼務。

 

 

<こんな人はぜひご参加ください/ Recommended for >

ダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包摂)に関心がある/ interested in Diversity&Inclusion

・アートに関心がある/ interested in art

・社会的弱者やマイノリティの抱える問題に関心がある/ interested in socially vulnerable people and minorities

・社会起業家になりたい/ want to be a social entrepreneur

 

 

<開催日時/ Date and time>

2020/04/25(日)19:00〜20:30 (Japan time)

※イベント終了

>動画配信希望はコチラ

 

 

<Topics>

・日本における多様性とマイノリティの現状/ Diversity and minority in Japan

・ヘラルボニーについて/ About Heralbony

・ヘラルボニーにとって多様性・アートとは/ What does diversity and art mean for Heralbony?

・質疑応答/ Question and Answer

 

 >動画配信希望はコチラ

 

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP