海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談|人生辛口、カレーは甘口

インド合宿体験談|人生辛口、カレーは甘口

いまっしー@インド、深セン
  • 2019/01/13 00:00
  • インド
  • インターン後

member_blog_3877_5c3a183f65eff.jpeg

どうも!インド年末年始合宿7期に参加した、いまっしーこと今本雅憲(いまもとまさのり)です。

 

現在、公認会計士として、EY新日本有限責任監査法人で働いている25歳です。

 

今回、有給を使って、インド年末年始合宿に参加しました!

 

インドに興味がある方、自分の未来予想図を海外で描いてみたい方など、ご一読していただけると幸いです。

 

【目次】

インド合宿に参加した目的

インド合宿概要

インド合宿での学び

私の未来予想図

これから挑戦する人に一言

 

インド合宿に参加した目的

 member_blog_3877_5c3a1e693ceb4.jpg

今回インド年末年始に参加した目的は、インドという異国において、自分にとって非常識的な価値観や考え方を感じる事で、思考の枠組みを広げ、自分のありたい姿に近づくためのヒントを得るためです。

 

 

僕は大学生の時に何か資格が欲しいと思い、公認会計士の資格を取得し、大手監査法人(会計事務所)に入社しました。

 

そして、入社後1年した時に、日々業務に追われる中で、自分が将来どうありたいのか、今後どう生きていっていいのかわからなくなりました。

 

悶々とした日々を送る中で、年末年始にインドで自分の未来予想図を描くプログラムであるこの合宿を友達に勧めてもらい、この合宿に参加しました。

 

インド合宿概要

簡単にですが、今回の合宿の概要を記載します。

1企業訪問

 

まず、この合宿ではバンガロールにある日系企業を訪問し、IT都市バンガロールの実情をインプットします。またこの期間に徐々にインド慣れをしていきます。

 

2グループワーク

 

グループに分かれて、グループワークを実施します。

 

お題はズバリ『バンガロールの未来予想図』。

 

グループワークを通じて、バンガロールの未来予想図をプレゼンしました。

 

3個人ワーク

各自、自分の未来予想図を作成するために、個人ワークを実施。

僕は仕事としてやった事がない、営業、販売セールの仕事を学ぶ為、水を街中で売る事にしました。

 

4未来予想図発表!

最終日、各自の未来予想図の発表です。

参加メンバーそれぞれが描く、未来予想図をプレゼンで発表しました。

 

インド合宿での学び

1バンガロールで学んだインドの光と闇

 member_blog_3877_5c3a1e816dc00.jpg

バンガロールはインドのシリコンバレーと呼ばれる都市であり、IT都市として、インドの中でも栄えている都市の一つです。

 

そこでは、ITエンジニアとして家族を背負う若者の覚悟と熱量を実感する一方、貧困により、物売りをする小さな子供に多く出会い、心が締め付けられる事がありました。

 

日本とは全く違うバンガロールの実情を実感し、日本に帰っても、インドの経験を忘れずに、一所懸命に生けなければならないと心に誓いました。

 

2『目標設定実行結果を出す』の大切さ

このインド合宿では、毎日、自分の目標を発表し、その結果を夜に報告します。

 

自分のありたい未来に近づく為に目標設定とその実行は必要不可欠です。

 

今回の毎日のように目標設定を実施し、実行する事で、結果を出してきました。

 

この経験は日本の日々でも重要なプロセスであり、日々実施して行きます。

 

3メンター柴田さんの柴田部屋での喝

 member_blog_3877_5c3a1e919b694.jpg

(タイモブに載っているプロフィール写真と実物は別人)

 

日々の目標設定や悩み事を、インド合宿のメンターである柴田さんに各自相談します。(通称柴田部屋)

僕の場合、ほぼ毎回喝を入れられてました。

 

『お前は自分の人生を自分で生きる覚悟が出来ていない』

(水全然売れなくて)営業センス無さすぎ。』

『周りから与えられるのを待っているから、目標も未来も見つからないんだお前は』

25歳になってまだうようよして、何にも決まらんのなら、30歳になっても決まらんと思うで。』

(イノベーション下手くそな奴が多い)会計士。俺と話が合わない。会計士オモロないわー』

 

ボコボコ言われました。

 

ただ全て事実で、甘々に生きていた自分に喝を入れてくださった事で、今後の人生でありたい自分に近づくヒントをもらえました。

 

4個人ワークでの挫折成功体験による自信、決めたら結果にコミットする大切さ

 member_blog_3877_5c3a1ebc8957d.jpg

私は個人ワークで1日に水を100本街中で売るという目標を立てて、実施していました。

 

他のメンバーで1日で目標を達成するメンバーがいる中で、2日経っても達成できない自分がいました。

 

『ああー俺、本当、セールスセンス(営業センス)無いなー』

 

『辛いなー。なんでこんな売れないんだろ』

 

そんな挫折を味わう中、最終日の3日目、なんとか目標達成する為に、1日で売り切ったメンバーの行動を徹底的に研究し、徹底的にパクり、なんとか100本売り切ったのです。

 

その成功体験は僕に大きな自信をくれました。

 

そして、自分で決めた目標に対し、何が何でも結果を残す事の大切さを学んだのです。

 member_blog_3877_5c3a1eccbf4ba.jpg

(売り切った時の写真、こん時の嬉しさは一生忘れない)

 

私の未来予想図

そして、最終日、今回のインド合宿で描いた未来予想図はこうなりました。

 

『会計士として生きる』

5年後、所属法人で誰もが認めるNo1になる』

 

今回のインド合宿を通じて、いかに営業のセンスがないか。そして、会計士の仕事が自分に合っているかを実感しました。

 

その結果、今の会計士としての仕事を突き進める覚悟ができるとともに、結果を出すためにNo1を目指す事にしました。

 

これから挑戦する人に一言

今回、最年長参加者として、インド年末年始合宿に参加し、色々な経験をしました。

 

インドという国は、日本とは人も文化も宗教も、全く別の国であり、そんなインドだからこそ、日本にいるだけでは見えない世界を見せてくれます。

 

基本的に学生が中心の合宿ですが、社会人の方でも、十分充実した経験を得られると思います。

 

最後になりましたが、メンターの柴田さん、タイモブのリカバリー、ビシン君、今回一緒にこの合宿に参加した16人のメンバー、バンガロールで出会ったの全ての方々。

 

本当にありがとうございました。

 

いまっしーはこの合宿で得た経験を今後の未来に活かします。

 

いまっしー@インド、深セン

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 年末年始インド合宿「未来予想図を描け!」inバンガロール

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP