海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談第6期 | 結果にこだわれ!

インド合宿体験談第6期 | 結果にこだわれ!

のぎちゃん
  • 2018/09/28 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

みなさんこんにちは!インド合宿第6期、のぎちゃんです!インド合宿が終わってから世界旅行に出発し、現在は3ヵ国目のウガンダです! そんな ウガンダから、インド合宿をあらためて振り返りたいと思います!


目次

 

1 合宿を通して学んだこと

 (1)結果を出すことの難しさと大切さ

 (2)自分の価値を見極める

 (3)相手を思うことの大切さ


2 合宿で楽しかったこと


3 これから


4 最後に


1 合宿を通して学んだこと
(1)結果を出すことの難しさと大切さ
僕がこの合宿を終えてみて一番に感じたことは「結果を出すことの難しさと大切さ」というこでした。これは合宿後半の営業を通して強く感じました。
僕はこの合宿で最終的に個人で2件、チームとしては5件の受注をとることができました。結果だけ見ると良かったのですが、実は最終日に個人で2件、チームで4件獲得できたのです。それまではチームで1件となかなか受注がとれずに落ち込んでいました。
なかなか受注がとれなかった要因は、自分の詰めの甘さにあると考えます。最後の契約の瞬間まで自分の責任で行わず、 他の人に任せて悔しい思いをしたり、その場で契約まで持っていけないがために次の日に気持ちが変わって契約できなかったりなど、 その瞬間瞬間でどこか甘いところを残してしまい、それにより悔しい思いをすることが多くありました。細部にまでこだわらないと、そこが原因で結果に繋がらなくなることもある。だから、何かをするには結果に繋げるための準備と、チャンスがあったときに確実に自分のものにする貪欲さも大事だと学ぶことができました。
しかし、最終日にいざ受注がとれると、それまでとは違う景色で営業ができ、非常に面白かったのを覚えています。このフレーズを使うと相手の 食い付きがよくなる、これ切り出すには このタイミングが大事、など結果が出てからでないとそれまで気づかなかった景色があると最終日に知りました。
メンターの柴田さんが 「人は成功体験からしか学ばない」とよくおっしゃっていましたが、まさに成功体験から見える景色があるということを経験し、結果を出すことの大切さも学ぶことができました。

(2)自分の価値を見極める
このことは合宿の中ほどであったグループワークを通して学びました。そのときのチームでは、自分たちがやったことの価値を低く見てしまい、本来もらえたかもしれない対価をもらうことができませんでした。自分が自分のよさをわかってないと相手が理解できるわけもありません。しかし、自分で価値を低く見積もってしまったり、逆に過大評価してしまったりすると適切に相手に届けられません。この見極めがとても難しいなと感じました。
営業も同じで、商品には必ず価値があります。しかし、それが 相手にとってなぜ必要なのかを伝えなければ受注はとれません。そのためには、自分が持ってるものの価値を見極めることが大切です。それができて初めて、相手にあった価値提供、つまりプランの提案ができるんだと思います。
この先、社会人になることを考えたとき、自分自身が商品であるとも考えられます。自分が持ってる価値、提供できる価値を自分自身で知っておくこと、それをどうやって伝えるかを考えることがより必要だとこのとき学ぶことができました。

(3)相手を思うことの大切さ
これは合宿前半にいろんな社会人の方の話を聞いたり、実際に営業をすることを通して教えてもらった価値観です。
海外で働くということにおいて、確かにコミュニケーション ツールとしての英語は 大切かもしれません。しかし、いくら言葉がわかっても、その国の文化や歴史、さらにはその人のバックグラウンドまで知らなければ理解できないことも起こると思います。そうしたときに、どれだけ目の前の人のことを思えるのかが大切だと知りました。相手の 状況や気持ちを想像できたら、よりその人がハッピーになれるプランを提案できたり、円滑なコミュニケーションがとれるかもしれません。海外で働くに限ったわけでは ありませんが、この他者を思う気持ちはとても大事なんだということをこの合宿で教えてもらいました。

2 合宿で楽しかったこと
これはなんといっても合宿中にあった3回のチームワークです!出会って間もないメンバー同士で協力してミッションに取り組むのは大変でしたが、みんな真剣だからこそ負けると悔しいし、うまくいくと楽しい! 営業チームは一番長い時間を共にしたけど、落ち込んだときはドレミの歌を歌って励ましあったのが本当にいい思い出です!笑 最終日に3人で1件の受注をとれたときは、本当にこのチームでよかったなと思った!大雨だったけど、やたら楽しかったあの時間は忘れません。
3 これから
僕はこの合宿に来る前から国内で働きたいと考えていました。それもローカルな地域(都市ではなく地方)で。地方はきれいで静かで食べ物も美味しくて。今回インドで2週間過ごし、さらに今も海外にいてますますそれを感じます。それが僕の思う日本の魅力です。
しかし、日本は人口がどんどん減り、マーケットもどんどん小さくなると言われています。日本の人口はインドのたった10%。これは逆に、インドには日本の10倍のマーケットが存在しているのです。日本の地方はどんどん活力を失っていますが、それを解決するには 海外マーケットも視野に入れた方がいいのかとこの合宿を通して感じました。そのために、どこかで海外との接点を持ちたい。海外勤務でも出張でも。made in Japan で、海外マーケットで勝負する!それに貢献できればなあと思います!

★最後に★
2週間ともに過ごしてくれたメンバーのみんな、たくさん指導いただいた柴田さん、理加さんをはじめとしたタイモブスタッフの皆さま、本当にお世話になりました。ありがとうございました!


事後研修は現地に行けなくてごめんなさい

海外で元気にやってます!
帰国したらまたみんなで集まりたいです!ご飯いきましょーー!!


ここまで読んでいただいてありがとうございました!



のぎちゃん

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 2019年春インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」7期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP