海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【3分で読める!】面接準備って何すればいいの?

【3分で読める!】面接準備って何すればいいの?

  • 虎の知恵

【3分で読める!】面接準備って何すればいいの?

 

こんにちは!タイガーモブの中川原です!

本日は、先日特集したタイモブ式最強ESの書き方の続編となります!

第一弾をまだご覧になっていない方はこちらもチェック!

 

タイモブでは、インターンシップに参加していただくにあたり

2つの選考ステップを設けております。

 

書類審査→オンライン面接

という順番です。

 

そして、晴れてこの書類審査を突破すると、受け入れ先企業との

オンライン面接に進むことができます! 

 

合格できるかどうかは、あなたの想いが面接で伝わるかどうかに委ねられています!

 

そこで!本日は、面接で120%自分の想いを伝えきった!

とより多くの方になってもらうべく、タイモブ式最強面接の極意をご紹介します。

 

面接で意識するポイントは3つ!

これだけでも覚えて、受け入れ先企業様との面接に挑みましょう!

 

 

 

|0|その前に!事前準備しておくべきこと!

 

 

① ES(志望理由)の確認

志望動機などは必ず質問されるため、自身が提出したESを頭に入れたうえで、

自分の言葉で語れるように、事前に準備しておきましょう。

 

② 受け入れ先企業の募集ページをチェック!

企業が求めている人材や、インターンシップ先の環境を確認しておきましょう!

その上で、自分がどのような部分で受け入れ先企業に貢献することができるかを、

自分の経験をもとに語れるよう事前に準備しておきましょう。

 

③ ポジティブな感情をチャージ!

感情と表情は切っても切り離せないもの。

自分がインターン先で活躍する姿をイメージして、ワクワク感をもって挑みましょう!

 

 

この3つがチェックできたら準備完了です。

れでは、いよいよ本題の面接で意識するべき3つのポイントについてご紹介していきます!

 

 

 

|1|伝えると伝わるは違う。

 

 

たったの一文字しか変わりませんが、意味が全く違う2つの言葉。

同じように見えても実は、真反対とも言える、2つの言葉。

その違いは、主語にあります。

 

(私が)伝える」

(話が)伝わる」

 

少し、別の言い方にすると、

「伝える」は送り手目線

「伝わる」は受け手目線

 

台本を読むのではなく、自分の中で腹落ちしていてる自分の言葉で

語ることができれば、相手にもその熱意が伝わるはずです!

 

うまく話そうとしたり、ミスが許されないという気持ちは一旦忘れて、

ストレートな気持ちで面接に挑みましょう!

 

 

 

|2|ストーリーで語る。

 

 

物事には必ずストーリーがあります。

ついつい、自分が残した成果や頑張ったことに重点をおいて語りがちですが、

それではあなたの経験に臨場感が出ないため面接をする方も、

あなたがやってきたことへのイメージがはっきりと湧きません。

 

きっと、あなたのエピソードの裏側には、

始めるきっかけとなった原体験や仲間存在、挫折などがあったはずです。

 

そこが抜け落ちてしまうと、単調なエピソードでしかありません。

ストーリーの点と点と繋ぎながら伝えることができると、腹落ちする話になるはずです。

 

その方が、あなたのこともよく理解できるため、

企業からすると納得感を持って採用という決断を下すことができます。

 

 

 

|3|Whyを忘れずに。

 

 

人の行動には必ず動機というものがあります。

この動機というものが、あなたの行動を決めていると言っても過言ではありません。

相手に何か伝える時は、この感覚的に認識している動機というものを

言語化して伝えることが重要となってきます。

 

自分の中では、この企業を直感的にピン!と感じたので選んだと思っているかもしれません。

ですが、その背景には、「会社の" 雰囲気 "に惹かれたから」かもしれませんし、

「自分の" やりたいことができる "と感じたから」かもしれません。

 

ここを語らなければ、あなたの本当の真意は見えてきません。

志望動機以外にも、過去の行動やこれからインターンシップ先でやりたいことにも、

必ず "Why" をつけて語るようにしましょう。

 

その動機が曖昧であれば、一歩下がって俯瞰的に自分の行動を振り返ってみましょう。

きっと、これだ!という動機が見つかるはずです。

 

 

 

以上、タイモブ式最強面接の極意でした。いかがでしたか?

最後に、もう一度ポイントをおさらいしたいと思います。

 

 タイモブ式最強面接の極意

● 伝えると伝わるは違う。自分の言葉で語ること。

● プロセスを明確に。ストーリーで語ること。

● Whyを忘れずに。行動と動機はセットで語ること。

● 最後に、ポジティブな感情はチャージできてますか?

 

 

しっかりとこのポイントを抑えて面接に挑みましょう!

あなたの想いを伝えたらあとは企業様からの合否判定を待つのみです。

みなさまの挑戦、応援しています!!

 

 

 

|あなたにオススメの記事!

  

【総費用編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

 

 

【あなたならどこに行く?】東南アジアでのインターンシップ特集

 

 

 

\海外インターンシップ経験談/AFTER STORY vol.1〜12まとめ

 

 

 

LINE・Skypeで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

 

世界35カ国、260件以上の海外インターンシップ情報はこちらから! 

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP