海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談⑤│経験が最良の自信をうむ

インド合宿体験談⑤│経験が最良の自信をうむ

あじー
  • 2018/03/17 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

数日前に関西に帰ってまいりました!

インドのご飯に慣れてきた頃に帰国となって、

帰国したら下痢が悪化したという謎の状況に悩んでいるあじーです。

 

私は、2018春インド爆速成長プログラム第5期「自分を超えろ!」inデリーという2週間のプログラムに参加していました。インドで学んだことや、今後自分がどうしていきたいか、そして、最後にインド合宿にもっていってよかったものを説明します。

 

 

目次

1インドで学んだこと

        *環境は自分で変えられること

        *論理的に伝えること

        *相手の立場にたって考えること

2インド合宿前と後で変わったこと

3インドのリアル、イメージとのギャップ

4これから何か挑戦する人へ一言

 

 

 

1インドで学んだこと

 

*環境は自分で変えられること

自分にはちょっと居心地の悪い場所だな、この人とは合わないなと、ちがう環境を無意識に求めていたりします。

でも、そうではなくて、居心地の悪い場所にしているのは自分自身の行動や言動だったり、思い込みだったんだと実感した合宿でした。

 

よくよく考えれば、自分の環境はいつだって自分自身や周りのひとたちと築いていっていたなと思います。

 

例えば、新しい学校への入学するとき、初めて出会った新しい友達とこれから何年か一緒に同じ校舎で過ごしていくわけですから、友達になってどうやって楽しい学校生活過ごしていこうかな!って自然と動いていました。

ようは、自分の考えようで環境はどうだって変えられることが分かりました。

 

*論理的に伝えること

インド合宿では、「本日の目標と振り返り」として、毎日個人で目標設定しそれを発表し、

夕礼に達成できたかどうかを発表します。このときに、自分の話し方が時系列で話していて、

結局なにが伝えたかったのかを相手にうまく伝えきれない…。という課題が私にはありました。

 

ルームメイトのアドバイスで、目的・理由・結果を明確に伝え、いらないところは削りまくろう!

頭の中で瞬時にまだできないなら、書いて整理してから発表することに。

いくつかのステップがまだまだ必要ですが、練習を続けていこうと思います。

 

*相手の立場にたって考えること

営業先で話をよく聞いてくれたジェネラルマネージャーがいたのですが、

もちろん彼はものすごく忙しい人なので長くは話せるチャンスがありませんでした。

 

相手が忙しいなら、いくつかのプランを絵で描いて、イメージ図はこうですどうですか?と説明して、

相手が簡単に理解できて判断できるように工夫しました。

 

結果、その工夫を相手がすごく気に入ってくださって契約する!ってなったのですが、世界各国にいる共同経営者たちの許可が必要で、私がインド滞在中には間に合わないことから契約はとれませんでした。

 

 

 

2インド合宿前と後で変わったこと

 

正直いうと、やっぱり家がいちばん!

 

ではなかったです笑

 

生まれた場所が違う国でも、日本で育ってきたのでなんだかんだ日本がいいと思うんだろうなとと思っていましたが、私には直感的にインドの方が過ごしやすかったです。

 

それから、人生のざっくりプランをたてていくことを決めました。

次々にやってくる目の前の壁にどう対応するかを考えていましたが、

もう少し先を考えて動いていく方が、無計画で場当たり的な生活を変えられると思ったからです。

 

 

3インドのリアル、イメージとのギャップ

 

 

インドに行く前に、家族や友達から「えー危ないんじゃない?なんでインド?」と行ったこともないのに批判されまくりでした。それに加えて、インドのイメージって男の人ばかりが街をあるいていて、女性が傷つけられたというニュースがあったなあというイメージでした。

 

そのイメージや批判が結果として、それが理由で行くのやめとこう、ってなるより確かめたい!という気持ちの方が強くなりました。

 

実際は思っていたほどめちゃくちゃ危ない場所ではないし、なんなら親切な人ばかりでした。

 

「なんや、めっちゃええ人ばかりやんこの国!」って日本行く前と同様にすべてを見たわけでもないのに、感じた2週間でした。結局どっちも断片的にしか考えれてないですね笑

 

それから、女性はもちろん居ますが、エリアによっては男の人ばかりが街を歩いていたのは事実でした。

びびって、最初はビクビクしながら歩いていたので必ずといっていいほど声をかけられました。

そりゃ、不安そうな顔している外国人が居たらどうしたの?何をビクビクしてるの?って心配されますよね笑

堂々と歩くのが一番いいです!私インドに住んでますけど?感をだす感じですね。

 

 

4これから何か挑戦する人へ一言

 

「とりあえずやってみよう!」

もう、これに尽きます。

 

あれこれ考えて、批判的に考えるよりかは、自分を信じて、周りを信じてとにかくやってみる。

 

私は考えすぎて一歩踏み出すのが遅いときがあるので、初めの方は営業先でドアを開けるのもためらっていることがありました。でも、そんな考えてる余裕なくて立ち止まっても何も始まらないもうどうにでもなれーすすめー!な時は私には絶対必要でした。

 

さいごに、持って行ったほうがよいものとして3つ挙げます。

 

正露丸・ポカリ粉・多少汚れてもいい服

多少汚れてもいい服の理由は私が行った時はホーリー祭があったので

多少どころか真っピンクになりました笑

 

これでもだいぶ顔と服のを落とした方で、このあと洗濯したのがまずかった><笑

 

読んでいただきありがとうございます!次は、営業チームメンバーの1人、たくみです!!

 

あじー

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 2019年春インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」7期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP