海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談|1ヵ月営業体験

インド合宿体験談|1ヵ月営業体験

しょう
  • 2020/01/31 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン前

こんにちは!2回目の登場です。

今回年末年始のインド合宿に参加してきたしょうです。

実は僕はプログラム中にパスポートを紛失してしましました!!!

 

 

 

やってしまいました…

実はインドから1か月間出国できず、今日帰国しました(2020/1/31)

 

 

1か月間何をしていたかというと、現地で営業を行っていました!

 

 

このブログではインドのバンガロールという土地で1ヵ月間の営業体験に自分が感じたことを書いて行こうと思います!

 

 

 

1,なんで帰れなかったの?

 

 

簡単に言いますと、パスポートを紛失した場合、領事館or大使館でパスポートの再発行作業です。

パスポートは早ければ1日2日で発行してもらえます!

 

 

「よし!!これで帰国できる」と思ったら、インドでは帰国できません!!

 

FRRO(外国人在籍証明書)とゆう書類をインド政府から発行してもらわなければなりません!

 

この申請にはには8種類の書類が必要です(笑)多すぎ!!

 

その取得に時間がかかってしまったのと、この時新型コロナウイルスが世界中で蔓延!!

申請から発効まで1週間かかってしまったのが原因です!!

 

 

 

2,インドで営業?

 

 

前の僕の投稿で3日間の営業を書いたのですが、帰国できるまでの間営業をやろうと思いました!

3日間の中で成績が残せなかったのがとても悔しかったので、何が何でも取って日本に帰ったる!!そんな気持ちで臨みました!

 

 

バンガロールの飲食店を中心に訪問し、結果として1件だけですが契約を取ってきました。

 

 

 

3,インドで得た気づき

 

 

・相手目線

 

 

最初は全くお店に相手にされなかったです。

そのたびに相手目線になれと柴田さんに何度も言われました。その言葉以外言われなかったんじゃないかな(笑)

相手目線とは何ぞや?相手の立場になってものを考えるってことか。ってわかってるけどどうすればいいんだ??

とりあえず、相手のことを知ろうとおもって、お店のことやを5個以上質問しました。

 

そして商品を売りに行っているわけではなく、お客さんの問題を商品で解決することが俺のすることなんだと気づきました。

 

 

・モチベーション

 

 

「努力は夢中に勝てない」という言葉を聞いたことがありますか?

夢中と努力2つの言葉のイメージって、どっちの方が良いイメージを持ちますか?

私は夢中の方が良いイメージを持ちます。夢中な人って努力を努力だと感じてないと言います。

 

ただ夢中になれればいいですけど、人生思い変えしてみてどうやって夢中になったかって考えた時に私は小さな成功体験の積み重ねだと思いました。

 

「できた、嬉しい」この体験の積み重ねがモチベーションUPにつながり、その先に夢中になるという状態になる。

 

 

・目標、壁

 

 

自分が立てた目標を達成することにがむしゃらになったことがない人は誰かに宣言すること。

 

誰かに公言した目標を達成しなかった場合、俺嘘つきじゃんって思って、何が何でも達成しようと思いました。

かなりプレッシャーでした。

ですが当事者意識を得ることができました。

当事者意識は自分ごととして自分で考え、仮説、検証、つまりPDCAが回せることだと思います

この合宿でもPDCAを回しましょうと言われました。

 

 

俺はPDCAを回すことを目的にしてしまっていました。

 

でも目的を達成するためにPDCAを回さないとダメだって気づきました。PDCAは手段だあああああと(笑)

 

当事者意識がないとにPDCAは回せません。断言します。(笑)

 

だから、まずは当事者意識を自分が持つ環境を作る、そこから始めてください。

 

得られた気づきはたくさんありますが、パスポートなくして良い経験ができました。

 

柴田さん1か月間お世話になりました。ありがとうございました

 

 

しょう

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 年末年始インド合宿「未来予想図を描け!」inバンガロール

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP