海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:一番嫌だったけど一番楽しかった国!?

一番嫌だったけど一番楽しかった国!?

ryo_ak@India
  • 2018/09/21 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

 

こんにちは!

2018summerインド爆速成長プログラム第6期生の赤木 涼です!!!

 

member_blog_4007_5ba6586162485.jpg

 

インド合宿を終えてからの2週間はほとんど寝ていました(笑)

たぶん今までの人生の中で一番寝てました。起きてたの朝と夕方、夜合わせて3時間くらいです。九月後半は目の治療のため耳しか使えなかったんです。英語、落語、音楽の三種類を聞きながらアイマスク生活を送っていた今日このごろです。

 

さて今回私がお話させていただくのは参加させていただいたインドでの2週間のプログラムとそれに至るまでの経緯、その後についてです。読者の皆さん、少しのお時間お付き合いいただけたら幸いです。よろしくお願いします!

 

 

目次

 1何でプログラム参加しよう思たん?

 2合宿でどんなこと学んだん?

   ・PDCAって?

   ・成功>失敗という考え方

   ・今と未来

 3これからどうするん?

 (4私が思うざっくりとしたインド人)

 5ありがとう!

 

 

1、なんでこのプログラムに参加しようと思ったんやろうか?

 

率直に言うと、インドで今までやったことないことをやってみよか!

って思ったところがスタートです!

 

そもそもなぜインドなのかというと、2人の人物の影響でした!1人は中学の時の英語の先生で授業の際の雑談で世界を旅する物語を写真を交えて語っていたときにインドが

 

一番嫌だったけど一番楽しかった国!?

 

だったという言葉に疑問を抱きつつ、大学生になったときに旅人のこんちゃんこと近藤 大真さんの本[SMILE~美しすぎる人類図鑑~]のインドでの旅の一言に同じような言葉を発見し、この疑問の答えを知りたくなりインドに行きたいと思いました!

 

今までやったことないというのは以前は海外旅行に行ったり、高校生のときに学校の語学研修プログラムに参加するとは違う味わったことのない経験を積みたいということです!そしてFacebookでタイガーモブさんを見つけて今回のプログラムを参加することに至りました!

 

 

2、合宿でどんなこと学んだん?

 

インド合宿で学んだことは細かくいえば多数ありますが、

今回は大きく分けて三つについてお話ししようと思います!

 

一つ目はPDCAって何なん?です!

 

Plan(目標)->Do(試みる)->Check(評価)->Action(人に語る)->???

 

一言で言うと自分のPDCAはこういうことちゃうかと思います!

インド合宿では毎日各々が目標を立てて、それを試み、その日に自己評価を行います!この一連の流れを毎日朝と夕方に皆の前で発表します!普段の日本の生活ではやってもPDしかやっていなかったのですが、今回のプログラムのおかげでPDCA2週間実践することでPDCAの大切さを知ることが実感出来ました!

 

しかし、PDCAやとなにか足りないという気がしたのです。人に語ることに続きContinue(継続)するということが足りていないということです。これはこの2週間で出来てもこの先出来なければ意味がないということです!

 

 

 二つ目は、成功>失敗という考え方?です!

 

よく失敗は成功のもとと言われるように失敗することは悪いことではなくむしろ良いことだと考えられると思いますが、成功体験から学ぶことの方が失敗して学ぶことよりも多いということがこの問いの答えです!何で?成功したらそれに満足してしまって終わりちゃうん?なんて意見あると思います!

 

でも、ここで満足せずに次の成功について考えてみると失敗して成功について考えることよりも成功についてのイメージさらには成功することの楽しみを知っているため次の成功は割と近所やねん。だからこそ一番初めの成功はとても大切なんです!是非皆さんあらゆることに成功してみてください!

 

member_blog_4007_5ba6f5802b566.png

 (営業パートで契約をゲットした際に、小切手までいただけました!)

 

 

三つ目は自分の今と未来についてです!

 

これは生き方の話なんですけど、簡単に言うと今を大切に生きるか未来を大切に生きるために今を生きるかということです!今回のプログラムを参加するまでの自分は前者の生き方で生きてきました!

 

学生の今しかできないことをとりあえずやれるだけやろか!というのが自分のモットーだったのです。しかし、インターン先の社長である、柴田さんとの出会いによって生き方について考えを改めました!明るい未来を迎えれるような人になりたいなと思って今の自分を変えることに決断しました!具体的にどう変えていくのかは次の章で話そう思います。

 

 

 

3、これからどうするん?

 

ということで長々と学んだことをお話してきましたが、この章では自分のこれからについてお話しさせていただこうかと思います。

 

自分は元々今を精一杯生きていけば未来は明るくなるやろうという考えでいたのですが、その生き方は私が思う理想の未来を迎えるには不十分なのではないかと感じました。現在の私が思う理想の未来は、大学生である今の自分のように自由で楽しい毎日の生活を死ぬ直前まで送っていることです。学生であるうちは教育費や生活費は親に頼らざるをえませんが、これらをすべて自分でまかない生計を立てていかなければなりません。

 

そのためのお金を稼ぐためにこれから仕事する時代に突入するわけですが、仕事しているときでも仕事を辞めても大学生のようにわくわくして楽しむ心をずっと持ち続けるには私にとって今を精一杯生きるだけでは不十分だと思ったのです。じゃあ具体的に直近の未来のため今の生活どう変えんの?ってなる思います。端的に言いますと

 

普段の時間の使い方

 

たったこれだけ変えようと思います。今の自分を未来のために変えるとすればこれしかない思います。

めちゃ難しいことやねんけど(汗)現在の時間の使い方はいわゆる一般的な大学生です(笑)

朝はギリギリに起きて、昼は講義受けて、夜はバイトで帰宅して遅くに寝る。ご飯は1日2食。

この一行で収まる生活を。

 

朝は、新聞とテレビでニュースを見るために1時間早起きして、昼の空きコマに図書館や本屋で将来のためのスキルや知識を身に付けて、しっかり今の専門の勉強をする時間を確保しようと思います。当たり前な専門はしっかりやって少し普通の大学生とは違う生活を送ろうと思います。

定量的には、東京オリンピック開催までにTOEIC900点以上をキープすることと柴田さんのような有名な人と10人以上知り合いになって意見交換してます!(笑)

 

 

 

4、わたしの思うざっくりとしたインド人

 

ということでインドに行ったことがなくてインド人のことをよく知らない人向けの章です。メンバーは言うまでもなく、行ったことがある人には共感してもらえると思います。

 

インド人は、

神様お金自分が大好き!

時間にルーズ(来ることが大切!)

距離感親友以上恋人未満!(日本人とは違うかなりのおせっかい者)

交通ルールなんか知りません(車に乗ればとりあえず相手をクラクションで威嚇)

 

ほんとざっくりこんな感じです(笑)

他にも、まだまだインド人の面白い性格や特徴が見つかりました!

それは、是非次にインドに行くあなたが見つけてみてください!

 

 

 

5、ありがとう!

 

長い長いブログ読んでもらってありがとうございました。ご苦労様です。

インド合宿を終えた時の率直な感想はただ打ち上げに行きたかった!につきます。

(台風のため予定より1日早く帰国しました)

 

インド合宿の事前研修に行けなかったので、インドで初めてメンバーと対面しました。そのため、正直インドという地。そして、メンバーに溶け込めるかという不安がありました。しかし、この不安は杞憂でした。インドは自分にとって例の2人のおっしゃる通り

 

一番嫌やったけど一番楽しかった国

 

となりました。何でなん?そう思う方も多いかと思いますが、答えはインドにあります(笑)まだインドに行ってない方は生きているうちに一度足を運んでみてください!あなたにもこの意味がきっとわかるはずです。

 

メンバーはインドで全員初対面しましたが、皆さんはほとんど年上だったにもかかわらず、同い年のように優しく接してくれて2週間で最高のメンバーとなりました!距離感はそうインド人(笑)インド合宿での一期一会にとどまらず、これからもお互いに感化し合える皆さんでいてください!

 

最後になりますがこの場をお借りして、このプログラムを企画して裏で支えてくれたタイガーモブのスタッフ並びに、インド合宿で引率してくださった柴田さんと河村さん、そしてともに2週間インド合宿で過ごしたメンバーのみなさん本当にありがとうございました!

 

 

member_blog_4007_5ba6feee59f83.JPG

 

ryo_ak@India

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 2019年春インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」7期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP