海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/マレーシアの体験談:あなたは何を信じて生きますか?

あなたは何を信じて生きますか?

トモエ@malaysia
  • 2019/02/03 00:00
  • マレーシア
  • 企画・マーケティング,日本語教師・アシスタント,翻訳通訳,リサーチ補佐,イベント企画・実行
  • インターン前

はじめまして!

3月1日から2週間、マレーシアでの日本語学校にインターンに行かせていただくトモエです!

さて、

本題に入る前に、私自身のマレーシアに関係するバックグラウンドについて書かせてください。

私は、大学2回生に進級する際にマレーシアのマラ工科大学(Univerisiti Teknologi Mara 通称:UiTM)への留学と出会いました。

member_blog_5637_5c577563b44e3.jpg

それは、東南アジアで学ぶ多文化共生とダイバーシティを1学期の間で学ぶプログラムで、

現地の正規生徒と一緒に授業を受けるものでした。

大学の学部で「文化」を専門としたい私にとって、行くしかない!と思うものでした笑

 

そこで、私はイスラム教徒、ムスリムとたくさん出会いました。

 

マレーシアには、現在国民の60%以上がイスラム教徒であるとも報告されています。

(外務省2019年2月1日時点)

 

彼らはアッラーと呼ばれる神を信じて、その神のために、様々なルールを守って生活しています。

member_blog_5637_5c583da10f833.JPG

(クラスメイトとの1枚です。ヒジャブをつけていたり肌を見せていなかったり、日本人との違いがよくわかりますよね)

 

例えば、豚やアルコールは摂取しない、1日5回お祈りをする、女性はヒジャブというもので髪を覆い、肌も見せない、結婚していない異性と締め切った部屋で二人きりにならない・・・など、多くのルールが存在します。

 

彼らと一緒に学校生活を送る中で、ムスリムの習慣や宗教観を日常会話で大変オープンに教えてくれました。

 

 

ここからが本題です。(お待たせしました笑)

 

私が彼らと出会って強く感じたことは、

彼らは明確に何を信じて生きて行くかを決めていて、

そしてそれに誇りを持っている、ということ。

 

そんな彼らにこんなことを聞かれたことがあります。

 

「私たちムスリムは、こういうことを信じて生きているけど、あなたはどう?」

「日本にどんな宗教的なイベントがあるの?」

「どんなお祈りしてるの?」

 

私を含む日本人留学生は少々この回答に悩みました。

 

日本には、無宗教が存在していながら初詣などの神道の習慣があります。また、キリスト教のイベントのクリスマスも盛大にやりますし、結婚式は西洋のスタイルが多くみられ、葬儀には仏教に倣う方法をよく見ます。

 

彼らムスリムとは違い、様々な宗教の習慣を混合して生活しているのが

日本人の宗教的特長だと理解をしていました。

 

この前提がある人へ私たちの宗教観を話すのと、

この前提がない人へ話すのは全然違うものです。

 

私たちがムスリムの考え方をリスペクトしていたように、

彼らももちろん、私たちのその感覚をリスペクトしてくれます。

 

しかし、彼らは混合した宗教観が不思議でたまらないらしく、

いくら説明しても「納得」という地点にはたどり着きませんでした。

 

先ほど書いたように、彼らは1つの神を信じて、その道のみを進んでいます。

 

私たちは、あるいみ多様化を取り入れて様々な道を進んでいます。

 

 

多文化国家と言われるマレーシアの中でも、1つのものを極めてる人がいるということ、

単一国家の日本でも多様な側面があること、

この2つがわかりました。

 

宗教は、難しく考えがちで もっとセンシティブな内容だと思っていた私は、

オープンに話してくれるマレーシアの人たちに考え方を変えてもらえたような気がします。

 

ムスリムに限らず、

マレーシアの人たちは自分たちのアイデンティティに誇りを持っている

素敵な国です。





長くなりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。



トモエ@malaysia

 

 

 

 

 

参考文献

外務省 マレーシア(2019年2月1日)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malaysia/index.html

 

 

トモエ@malaysia

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 マレーシアと日本を繋ぐ企業にて日本語教育・翻訳のインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP