海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/シンガポールの体験談:どこに住む?超過密国家シンガポールの住宅事情!

どこに住む?超過密国家シンガポールの住宅事情!

Takumi
  • 2019/10/30 00:00
  • シンガポール
  • 企画・マーケティング,新規事業
  • インターン前

こんにちは!

2019年11月より2カ月半、インターンシップをする大学生のたくみです!

少しばかり自己紹介をさせていただきます!

 

私は、東京出身の大学4年生です。4年の後期から大学を休学し、

3ヶ月間カナダのトロントへ語学留学をして来ました!

 

member_blog_6764_5db85c9e36461.JPG

 

 

これは8月の写真ですが、10月のカナダはもうすでに気温が10℃切ってました~~

 

 

インターンシップをする理由としては、

語学留学で培った英語力をビジネスの場で実践したかったからです。

ドキドキとワクワクでいっぱいです!

 

 

本題に入ります。

今回は、シンガポールの住宅事情について紹介したいと思います。

 

超過密国家シンガポール

ンガポールの国土面積は約720㎢です。これは東京23区より少し広いくらいです!

よって、人口密度は東京ほどじゃないですね。

ただ日本と比べると家賃が高く設定されています。

私もシンガポールでインターンシップをするに当たり、

滞在先を捜していたのですが、余りの家賃の高さに驚きました!

 

 

member_blog_6764_5db863af7cd2a.png

 

団地国家シンガポール

シンガポール国民のの8割以上がが「HDB」に住んでいます。

 

HDB とは「Housing Development Boardの略で、政府が開発した高層の住宅団地のことです。

 

 

 

member_blog_6764_5db865231926d.jpg

 

 

土地が限られているので国民の住宅を確保するにはHDBを建てる必要があります。

数少ない戸建てに住むのは、ほんの一握りの富裕層のみだそうです。

外国人はHDBを購入できないので、家賃がより高いコンドミニアムに住んでいるそう。

 

このようなマンションが乱立すると「近所付き合い」が希薄になってしまいます。

しかし、シンガポールは至る所にフードコートコミュニティセンターがあり、

地域の人たちの出会いの場になっているそうです。

 

シンガポールに行ったらこのような「社交場」を見ていきたいと思います!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 


 

Takumi

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 世界4か国にネットワーク拠点を持つメディアグループでのインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP