海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【9月10日開催】インド政治経済研究の第1人者佐藤教授から聞く、インドのこれまでと最先端事情

【9月10日開催】インド政治経済研究の第1人者佐藤教授から聞く、インドのこれまでと最先端事情

  • インド
  • 虎の知恵

【9月10日開催】インド政治経済研究の第1人者佐藤教授から聞く、インドのこれまでと最先端事情

 人口13億人の巨大市場を持つインドを正しく理解し、次に繋げよう。

毎年2500万人もの人が生まれており、10年以内には中国を抜いて世界一になると言われているインド。経済規模も2030年代までに日本を抜いて世界第三位に踊り出ると確実視されており、注目をしている方も多いのではないでしょうか。

 

2014年に第18代首相としてモディ政権がスタートし、経済の急成長ぶりや、高額紙幣廃止、安倍首相とのツーショットのtwitter投稿等で、モディ政権やインドのことをメディアで見る機会も多くなったかと思います。

 

「なんとなく凄そうな国だ」、「注目すべき国である」、「巨大マーケットを取りにビジネスを展開している」等、人によってインドへの思い、関与度合いは異なるかと思いますが、このインドで今何が起こっているのか、これからどうなりそうなのか、を経済学の観点から紐解いていきます。

 

・これからインドの市場を視野に入れている方

・すでに展開されている方

・インドってどんな国なの?という方々など、インドに少しでもご興味ある方にお越し頂ければ幸いです。

 

インド政治経済研究の第1人者である佐藤教授が濃密に、且つわかりやすく解説してくださいます。

 

 

<登壇者プロフィール>

神戸大学経済経営研究所教授 佐藤 隆広氏

Images of 佐藤隆広 - JapaneseClass.jp
同志社大学商学部卒業,同大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学後
福岡大学商学部専任講師
大阪市立大学大学院経済研究科准教授を経て
現在,神戸大学経済経営研究所教授 博士(経済学)大阪市立大学

 

●研究分野:エマージェンシーマーケット

●研究課題:

(1)インド労働市場の構造と変動に関する理論的・実証的研究
(2)インドのマクロ経済問題とマクロ経済政策に関する理論的・実証的研究
(3)インド製造業の生産性と効率性に関する理論的・実証的研究
(4)インド進出日系企業と日印経済関係に関する研究

 

<ファシリテーター>

タイガーモブ 株式会社 代表取締役 菊地恵理子

菊地恵理子

関西学院大学総合政策学部、寿司アカデミー、Lee Kuan Yew School of Public Policy ”ASEAN地政学プログラム”卒。在学中は中国、蘇州大学へ半年間留学し、その後上海外資系5つ星ホテルにて通訳・翻訳・VIP対応として半年間インターンシップを経験。また、韓国~中国~東南アジアをバックパッカーとして、3ヶ月で8カ国を周る一人旅kikutripを実施。 世界中の人々のモットーを集める。人材ベンチャー入社し、1年目は採用コンサルタントとして営業を、2年目では海外事業部を起ち上げる。2016年タイガーモブ株式会社を立ち上げ、世界41ヶ国約300件以上の海外インターンシップ、短期海外研修の機会を提供している。2017年全国商工会議所女性会連合会主催女性起業家大賞スタートアップ部門特別賞、EY Winning Women 2018ファイナリスト受賞。

 

2019年に妊娠し、出産直前まで逆産休制度でセブに2ヶ月間滞在。2020年6月出産後は北海道に拠点を移し、大自然の中で子育て&リモートワークを実施中。

 

 

<開催概要>

●日時

9月10日(木)19時半-21時

※開催済

 

●内容

・イベントの趣旨、zoomのお作法説明

・佐藤教授による「まるごとインド」(インドのこれまでと最先端事情)

 第一部:インドの危機を救ったモディ首相の素顔とは?

 第二部:モディ政権を徹底解説(モディ政権による光と影)

 第三部:コロナ禍で見えてきたインドの未来

・クロージング(写真撮影やタイモブからのご案内など)

※部ごとに質疑応答の時間を設ける予定です。

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP