海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【アジア・フィリピン編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

【アジア・フィリピン編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

  • 虎の知恵

【アジア・フィリピン編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

「生活費、航空券、保険など、海外インターンシップは、どのくらいお金がかかるの?」

 

そんな声に答えられればと思い、海外インターンシップの経験者に実際にかかった費用を聞いてきました!

このページでは「フィリピンにインターンシップで行った際にかかる費用」をご紹介します。

 

  • ●海外インターンシップにかかる費用
    •  航空券
    •  海外旅行保険
    •  参加費用
    •  生活費 (食費、住居、通信費、交通費など)
    •  ビザ取得費用 ※インターン先によります

 

 

 | フィリピンってどんな国?

1990年代まで「アジアの病人」と呼ばれるほど経済不振が深刻化していました。しかし、その後経済が好転し、2012年以降はASEANの中でもトップクラスとなり、「アジアのライジング・スター」とも言われています。

その経済を支えているのは在外フィリピン人労働者(Oversea Filipino worker)からの送金であり、その数は224万人にも及びます。彼らの送金が個人消費を支える原動力となっているのです!!

平均年齢は約23歳と若い世代で、1人あたりの出生率も約3人と、今後需要の拡大が期待されています。

 

そんなフィリピンでインターンシップにかかる費用はどのくらいでしょうか?

 

 

 

 

 

 | 航空券代

47,000円~/往復

時期や渡航までの期間によって変動しますが、上記金額が目安になります。LCCなどを利用すれば3万円台から購入することができるようです。1年で最も高くなるのは8月で、年間平均運賃より約11%アップします。

 

航空券検索サイトには以下のようなものがあります。

直前になればなるほど航空券は高くなる傾向があります!渡航が決まったら、早めに取得をしましょう!

●Expedia

>> https://www.expedia.co.jp/

●Sky Ticket

>> https://skyticket.jp/

●Skyscanner

>> https://www.skyscanner.jp/

 

 

 

 | 保険代

15,000円~21,000円/1ヶ月

 

現地でもしものことがあった場合に身の安全を守る海外危機対応サポートを付帯させるため、指定の保険にご加入頂く必要があります。タイプは4つに分かれており、それぞれ料金が異なります。

  

 

 

 | ビザの費用

期間によっては取得を要することがあります。

また、突然ビザの内容が変更されることもあるので、大使館や行政機関より最新情報をご確認ください。

 

参考:フィリピン大使館HP

https://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/

 

 

 

 | タイモブ参加申し込み金

 インターンシップ参加費用は期間の長短に関わらず一律学生108,000円(税込)、社会人216,000円(税込)を頂戴しております。なお、インターンシップ決定前の段階では一切費用は発生致しません。他社だと15万~50万ほどかかるところも。皆さまの挑戦を応援したい一心でこの価格設定でご案内しています。詳細はこちら

  

    • 内訳
    • ● カウンセリング、マッチするインターンシップ先のご紹介
    • ● 渡航前オリエンテーション
    • ● 到着時の空港ピックアップ(一部ピックアップを行っていない企業もあります。詳細はお問い合わせください。)
    • ● 海外危機管理サービスの提供
    • ● タイモブログ投稿機能の利用アカウントの提供
    • ● 事後オリエンテーション(任意)
    • ● タイモブコミュニティおよびイベントへのご招待(任意)
    • ● 受入先企業のレコメンデーションレター、就職サポート(任意)

 

 

 

| 1ヶ月にかかる生活費

経験者の声を元に作成中です。

 

 

 

 | タイモブからの豆知識

日本に比べ、比較的費用が安く済み3/1ほどの物価で済むそうです。

 

<食費の目安>

食費の目安は下記の通りです。

・ミネラルウォーター:20PHP(約46円)

・1回のローカルフード:50PHP〜100PHP(約150円〜300円)

 

※参考:1PHP=2.10円(2019年2月7日現在)

おおよそフィリピン・ペソの金額を2倍にすると日本円なります。 

 日本食は350ペソ(630円)で日本とあまり変わりません。

 

<季節は日本の初夏>

 平均気温は26~27度と、日本の初夏がずっと続いている感じです。

クーラーは効きすぎていて寒いこともあるので、薄い羽織を1枚持っていくことをおすすめします。

また、スコールが午前・午後の1回ずつ1~2時間降ります。排水施設が整っていないため、川の近くは氾濫しやすくなっています。台風が年間で20個襲来すると言われており、日本と同様、8月〜10月は台風の被害が出ます。

 

 

 

 | 参考記事・関連記事

<参考記事>

フィリピンの物価って実際安いの?現地の物価事情を項目別にまとめて解説!

フィリピン・マニラの気候と季節別必需品

フィリピンって物価が安いと言われているけど実際は?2019年マニラ版!

 

 

<関連タイモブログ>

フィリピンのインターンシップで活きる耳寄りな情報などを紹介しています。

フィリピンで暮らす時に忘れてはならないもの。

 

 

その他の海外インターンシップに掛かる費用を知りたい人はこちら。

【総費用編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

 

 

LINE・Skypeで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

 

世界35カ国、270件以上の海外インターンシップ情報はこちらから!

 

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP