海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【あなたはどこに行く?】アフリカを舞台に挑戦できるインターンシップまとめ

【あなたはどこに行く?】アフリカを舞台に挑戦できるインターンシップまとめ

  • 虎の知恵

【あなたはどこに行く?】アフリカを舞台に挑戦できるインターンシップまとめ

 

こんにちは!タイガーモブです!先日、タイガーモブでご紹介しているインターンシップ情報が240件に到達いたしました!そして、派遣先国数も東南アジア諸国を中心に南米や中東、アフリカなど全34カ国となり多様な挑戦機会を提供させていただいております。

 

しかし、これだけ数があると自分にあったインターンシップを見つけられない><そんな方もいらっしゃるかと思います。そこで!本日は、今注目を集めているのアフリカでのインターンシップをご紹介したいと思います!

 

なぜ、アジアでなく、中東でもなく、アフリカなのか。その理由のひとつが、アフリカはこれからの数十年、世界で一番人口が増加する地域と言われています。54ヵ国で約11億人の人口は、2050年には約30億人ぐらいまで増えると予想されている。これは、中国やインドを超える巨大市場となるといわれています。

 

それに、加えてアフリカでは、未発達なインフラと携帯電話の急速な普及など技術革新の条件が重なり、技術の段階的な進化を飛ばしたイノベーションが次々と生まれています。

 

『アフリカでビジネスチャンスを探している方』

『将来はアフリカで事業をしたい、働きたいと考えている方』

『とにかくアフリカに飛び込んで見たい!』

という方は必見です。

 

是非、アフリカという地での挑戦機会を見つける際のヒントとしてご活用下さい!

 

 

1.ケニアにて開始3ヶ月で単月100万円売上を達成した精鋭チームでのインターンシップ

ケニア・ナイロビのスタートアップオフィス、IHubにオフィスを構えるスタートアップ企業でのインターンシップです。

ナイロビはアフリカ諸国に比べれば、スタートアップに対する投資や人脈を形成する環境は整っており、アフリカでの事業経営には最適な場所です。現地のチームはケニアのトップクラスの大学出身の方のみ。 

経営者直下で、様々な内容のインターンシップをして頂きます。時期・スキルによってインターン内容は異なりますが、以下の例をご参考ください。アフリカで事業を経営する力をつけたい方に来ていただければ後悔はさせません。

 

◆インターンシップ内容

・ストリートベンダー/八百屋への営業(交渉)、受発注管理、資金回収、データ入力

・顧客の課題理解/抽出、共有

・農家を束ねる公共機関への営業

・農家への買い付け

・KGI/KPIマネジメント

・チームビルディング

・新規事業のリサーチ/立ち上げ(能力的に十分だと判断した場合のみ)

 

  

こちらのインターンシップ詳細はこちらから!>>>https://tigermov.com/internship/detail/314

 

 

 

2.ガーナ人の雇用を生み出すことを目的に始められたパン屋さんの経営インターンシップ

現在はガーナ人だけで経営をしている現地のパン屋さん。日本人サポーターに協力を頂きながら、現地の方と協働して、ガーナに美味しいパンを届けていただきます。途上国でビジネスを興したい、現地の方との協働を実践したい、アフリカで将来何かをやりたい、そんな方にぜひ行っていただきたいインターンシップです。

 

◆インターン内容

①原料調達〜生産〜販売の一連の業務改善

- 原料調達の最適化・コスト削減

- 新商品の開発

- マーケティング戦略の構築・実施

- 新規顧客開拓

 

②ガーナ国内外への情報発信

- SNSを使った情報発信

- イベント企画

 

   

こちらのインターンシップ詳細はこちらから!>>>https://tigermov.com/internship/detail/306

 

 

 

3.モロッコにて土壌改良ソリューションの販売・広報のインターンシップ

北アフリカに位置する農業大国モロッコ。今回はモロッコで、日本の技術を活用し、アフリカの農業問題解決に挑戦する企業でのインターンシップを募集します。地中海に面しており、気候が穏やかで小麦・大麦等の穀類、てんさい、ばれいしょ、トマト、オリーブ等を生産する農業国のモロッコ。一方でサハラ砂漠にも面しており、多くの乾燥地を抱えています。農業大国のモロッコの直面する問題は感慨用水問題。乾燥地を水が十分保水できる土地に変化させ、少ない水で効率的に食糧生産を行うことが必要です。

 

◆インターンシップ内容

モロッコ現地法人において、以下のインターンシップを行っていただきます。

 

⑴廃ガラスが原材料の土壌改良材の、販売活動を支援

⑵農家訪問のほか、営業・マーケティング資料の作成、展示会での販売、資料・データ整理

⑶現地メディアへの情報提供、オウンドメディアやSNSを活用した広報活動を支援

⑷その他、応募者のスキルや意欲を勘案し、双方協議

 

  

こちらのインターンシップ詳細はこちらから!>>>https://tigermov.com/internship/detail/299

 

 

 

4.ケニアにてサプライチェーン構築に取り組む社会起業家の元でのインターンシップ

深刻な貧困と食糧問題を抱えるケニアで、農家の生活向上と高品質な農作物の安定供給をはかることを主な事業とするインターンシップです。現地では、ソーシャルビジネスという形で、貧困に苦しむケニア・ミゴリ郡の小規模大豆農家に対し、農産物のサプライチェーンを上流から下流まで整備・改善する業務に携わって頂きます。

 

◆インターンシップ内容

経営陣の直下で、様々な業務に取り組んでもらいます。時期によって作業内容は異なりますが、以下の例をご参考ください。

 

・弊社指導要領に沿った形での農家への農業指導

・社員/農家リーダーとともに各農家訪問→情報収集

・弊社デモファームでの農作業

・農作物の買取作業(計量→運送→搬入→支払い)

・倉庫管理(梱包袋の整理、種の選別、品質管理)

・農家への種配り

・農家の各種データを基に新たな戦略(改善策)策定

・日々の収支計算

 

 

 こちらのインターンシップ詳細はこちらから!>>>https://tigermov.com/internship/detail/296

 

 

 

5.【航空券支給】モザンビークの日本食屋の立ち上げから事業拡大を担うインターン

舞台はアフリカ大陸南部に位置するモザンビーク。アフリカで日本食屋を立ち上げるという環境下で事業をより拡大していくインターンシップです。営業・マーケティング等にも関わりつつ、現地スタッフのマネジメントをやっていただきます。モザンビークに地に足をつけ、ビジネスを推進する経験をしたい人におすすめです。

 

◆インターンシップ内容

※ご自身のやりたいこと(目的)や、経験をもとに相談できればと考えています。

⑴新規事業立案

・実施
 ・弊社業務を通して、現地の事情を学び事業計画を作成、実施

・弊社にて将来検討している事業のフィジビリティスタディの実施等

 

⑵営業・マーケティング

・新店舗の宣伝、集客等のマーケティング戦略立案、実施

・レストランでの接客、調理補助等

 

⑶マネジメント

・レストランでのローカルスタッフのマネジメント、在庫管理、仕入れ等

・業務改善のための、現状分析と改善策のとりまとめ

 

  

こちらのインターンシップ詳細はこちらから!>>>https://tigermov.com/internship/detail/335

 

 

 

以上、アフリカインターンシップ5選でした。いかがでしたでしょうか?タイモブでは、今回ご紹介したもの以外にも、アフリカでのインターンシップ情報は掲載しています。広大で豊かな大自然や独特な文化を持つ、地球の最後のフロンティアと呼ばれるアフリカに飛び込んでみませんか?>>>アフリカインターンシップまとめはこちらから!

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP

参加する 話を聞く
]