海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/ミャンマーの体験談:「アジアで最も美味しいビール」がある国

「アジアで最も美味しいビール」がある国

Mikako
  • 2019/03/10 00:00
  • ミャンマー
  • 営業,企画・マーケティング,新規事業,社長直下
  • インターン前

 

 

 

 


 こんにちは!
 私は4月から、ミャンマーでインターンシップをさせていただきます。

 突然ですが、あなたは東南アジアと聞いて、何を思い浮かべますか?
 遺跡、屋台、暖かい気候、道に溢れるバイク、、

 東南アジアには様々なイメージを持つと思いますが、思い浮かべることの一つに、ール
の存在がある方も多いのではないでしょうか?

 東南アジアの暖かい気候の中、屋台の食べ物を食べながらキンキンに冷えた現地のビールを飲む、、、想像しただけで最高ですよね!!!ビールは、アジア旅行に欠かせない要素の一つです。

 そんな東南アジアのビールの中で、アジアで最も美味しいビールと言われているビールがあります。

 それが、、ミャンマービールです!!

 ミャンマーと名がついていることから、ミャンマーのビールだということは簡単に想像がつきますよね。

 そんなアジアで最も美味しいビールがあるミャンマーのビールは、きっと美味しいものがたくさんあるはず!

 ということで今回は、ミャンマー産のビールの種類をいくつか紹介します!


ミャンマービール
ミャンマーを代表するビールで、ドイツで行われる国際的なビールコンテストで何度も入賞しているビール。クセのないさっぱりとした飲み口で、飲みやすく、誰にでも好かれる味。アルコール度数は5%。

 

member_blog_5718_5c8509037d9e0.jpg

 

 

 



ミャンマープレミアム

 

ミャンマービールと同じミャンマーブルワリー社が製造している、麦芽100%のビール。適度な苦みがあり、キレと旨味か感じられる。アルコール度数は5%。

 

member_blog_5718_5c85091825007.jpg



アンダマンゴールド
こちらも同じくミャンマーブルワリー社が製造しており、風味が強く苦みも強いのが特徴のビール。5%のアンダマンゴールドラガービールと6.5%のアンダマンゴールドラガースペシャルビールがある。

 

member_blog_5718_5c85092c2d4c0.jpg




 ダゴンビール
ヤンゴンの古い呼び名(ダゴン)の名がついたビール。濃い飲み口が特徴で、甘みがあり、風味がよく喉ごしがスッキリしている。アルコールが4.2%のダゴンライト、8%のダゴンエキストラストロング、そしてダゴンビールのスタンダードである5%のダゴンラガービールががある。

 

member_blog_5718_5c85093be9c82.jpg




マンダレービール
 1886年から続いている、ミャンマーのビールで一番歴史が長いビール。フルーティで飲み口があっさりしているのが特徴。飲みやすい味で、5%のマンダレーラガー、6.5%のマンダレーストロングがある。

 

member_blog_5718_5c85094ddaa44.jpg




 さて、今回はミャンマーで製造されている代表的なビールについてご紹介しました。いかがだったでしょう?ミャンマーのビールが飲みたくなった方も多いのではないでしょうか?私もこのブログを書いていて、ミャンマーのビールが早く飲みたくなりました、、!!

 また、ミャンマーでは意外なことに、瓶ビールや缶ビールよりも生ビールの方が安く飲めるそうです。瓶・缶ビールが1500〜2000チャット(110〜146円)なのに対し、生ビールは1000チャット(約73円)ほどで飲めるそう。最高ですね!

 


 あなたもぜひミャンマーに行って、ミャンマーの魅力の一つ、美味しくて安いミャンマーのビールを楽しんでみてはいかがでしょうか?

  最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

Mikako

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 【航空券支給】世界に日本ファンコミュニティを!アジアに日本の魅力を発信す...

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP