海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/マレーシアの体験談:日本が大好き?!マレーシアの人々

日本が大好き?!マレーシアの人々

Mikaten
  • 2018/06/30 00:00
  • マレーシア
  • 翻訳事業、日本語語学学校
  • インターン前

今回、日本語学校でインターンシップをさせていただくことになりました内山美佳です。

 

 

 

マレーシアってどんな国…?と聞かれても、

 

 

シンガポールのお隣で公用語には英語があって…、

 

あと、確か、スキューバダイビングのスポットがいくつあったはず!(私の趣味なので…笑)

 

 

 

くらいとしか答えられない私…やばいっ! 

ということで、マレーシアの知っておくべき基本情報と日本文化・日本語教育について少し調査をしてみました!

 

 

 

 

 

マレーシアは赤道近くにある国で、(だから一年中暑い!最高!)首都はクアラルンプール

 

マレー系、,中国系、インド系、その他の先住民族(カダサン族・イバン族・ネグリト族・セノイ族など)

から構成される超多民族国家!このうち、マレー系が多くを占めている。

 

また、マレー語(国語) 英語、 中国語、タミール語の多言語国家でもある。

 

 

 

 

 

また、マレーシアは親日国家で有名!!

 

日本の企業も多数、マレーシアに進出しています。

 

 

 

さらに…

 

この国では、日本文化、特にアニメンガが若者層にとっっっても人気なんです!

 

「ジャパン・フェスティバル」も毎年開催され、その中でも盆踊り大会は数万人が参加する大賑わい!

 

このような背景があり、日本語を身に付けたいしたいという人が多数いるのです。

 

 

 

 

 ⬇︎盆踊り大会の様子!

すごい人ですね!!日本の盆踊り大会よりも大規模な気がします!!

 

 

BonOdori2009.JPG

 

 在マレーシア日本国大使館 

http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/JIS/2010/BonOdori2010.htm (2018/06/29アクセス)

 

 

次にこんな疑問も湧いてきました。

 

 

 

・いつ頃からこのような現象がマレーシアで起こったのか。

 

・具体的な契機は何か。

 

 

 

ここで重要なのが1981に掲げられた「ルック・イースト政策」

 

これは、親日家のマハティール元マレーシア首相が、

戦後、凄まじい勢いで発展し経済大国となった日本を見習って、

マレーシアという国を発展させていこうと掲げたものです。

 

 

 

この影響で、1980年代には多数の日本企業がマレーシアに進出しました。

 

また、日本への留学生の数も増えました。

 

 

 

日本という国とのつながりが増すにつれ、アニメ、マンガ、ゲーム、音楽、映画…といった日本文化にも興味を抱く人が増え、このようなきっかけから、日本語学習を始める人も多くいるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状況の中で、翻訳事業も行っている日本語学校でインターンシップをさせていただけることに感謝し、

日本の文化をマレーシアの人々に伝え、さらに多くの人に日本への興味を持ってもらえるよう、全力を尽くします!!!

 

 

 

 

 

〈参考〉

 

http://www.daigaku-ryugaku.com/malaysia/about/relation.shtml (2018/06/23アクセス)

 

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kiyou/pdf_21-3/RitsIILCS_21.3pp83-93YAP.pdf

 

2018/06/23アクセス)

 

 

 

Mikaten

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 マレーシアと日本を繋ぐ企業にて日本語教育・翻訳のインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP