海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由

インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由

  • 虎の知恵

インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由

 

こんにちは、タイガーモブインターンの中川原です!

月日は早いもので、高校3年次にタイモブにインターン生としてジョインしてから1年半が経ちました。

僕がなんでタイモブでインターンを始めたかに興味がある方はこちらの記事を見てみてください。(>>>高校生がタイモブで インターンを始めた3つの出会い

 

インターン当初は、日々の業務の優先順位のつけかたや、スピード感をもって進めていくことに苦戦していました。

つい最近まで、日々の業務に忙殺されて効率良く働けていない…。なんてことも多々ありました。

 

そんな時に、それをなんとか打開しようと、日報を始めてみたんです。

すると、これがあら不思議。日々の業務が格段に進めやすくなっていったのです!!

 

そこで!!!

本日は僕の実体験に基づき、インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由についてご紹介したいと思います!

 

「日々の業務がなかなかスピード感を持って進められていない!」

「目標達成できている感覚があんまりないんです!」

「よりスキルアップをしてもっと成果をあげたい!」

 

などなど、今の状況を好転させたい方に少しでも日報の大切さを感じていただければと思います。

絶賛インターン中の方はもちろんのこと、これからインターンシップを始める方にもぜひご一読頂ければと思います。

 

 

 

|0|そもそも日報を書く目的ってなに?

 

 

インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由をご紹介する前に、日報を書く目的について簡単にお伝えしたいと思います。

 

大きく分けて日報を書く目的は3つです。

・目標の達成度を認識して蓄積すること

・自分の1日の行動・結果・課題を振り返ること

・チームに対して自分の行動と思いを共有すること

 

この3つが日報を書く目的です。

インターンをしているとたまに陥りがちなのが、日々の業務に忙殺されていて、何にどれくらい時間を使っているのか、どこが足かせとなっているのか、課題は何なのかを明確に認識できない!けど、日々業務は降ってくるんです…という状況。

 

だからこそ、今日自分はどんなアクションを起こして、それに対してどんな結果を得たのかを知ること。そして、その結果と目標にどれだけの乖離があり、その課題点は何なのかを認識することが大切になってます。

 

これは海外インターンシップでぶつかる障壁5パターンとその対応策という記事で紹介されている「めちゃくちゃ頑張っているのに成果が出ないパターン」の人に参考となる考え方かと思います!

 

では、日報を書く目的がわかったところで早速、インターンシップにおいて日報が大切な3つの理由をご紹介して行きたいと思います!

 

 

 

|1|業務スピードが格段にあがる

 

 

日報は、自分だけで完結するものではなくてチームへと共有して始めて効果を発揮します!

|0|でも述べたように、日々の行動だけでなく、今の心境や進捗状況を共有できる場です。

 

業務スピードをあげる1つの方法は、タスクを細分化して人に任せれるところはどんどん任せていくことです。

だからこそ、日報を通じて、周囲に心境や進捗、困っているところを伝えることで、あなたのチームメンバーからすると心境や進捗の共有がありことで断然フォローがしやすくなります。

 

その結果、物事が同時平行で進むため、タスク全体のスピード感も上がりますし、仲間とタスクの棲み分けをすることで、自分が推進すべき部分の負担も減ります。この効果はチームワーク力の向上にも繋がってきます。日報にはそんな効果もあるんです。

 

 

 

|2|ゴールまでの到達度を明確にできる

 

 

日報は、目標達成にどこまで近づいているのか、あと何が必要かを振り返ることができます。

うまくいったことに対しては、より成果を上げるために何ができるか?

うまくいかなかったことに対しては対策を考えていくことで、生産性は着実に向上していきます。

 

目標をクリアした体験は、次のチャレンジにつながります。

目標達成の成功体験を積み重ねることが、さらなる成果を生み出すことに必要な要素です。

 

この効果をより発揮するためには日報の書き方も重要になってきます。

より効果のある日報の書き方についてはこちらの記事をチェック!(>>>成果を生む日報に共通する3つのポイントとは?

 

 

 

|3|達成したことを見える化することができる

 

 

日報は、一般的に1日の終わりに行うことが多いためもしかしたら、疲れていたり気分が落ちているかもしれません。

そんな時にやってしまいがちなのが、反省点を重点的に書いている日報。

 

もちろん反省をすることも重要です。

しかし、反省ばかり書いていると、気分も落ち益々モチベーションも損なわれてしまいかもしれない。

それでは元も子もありません。

 

日報は反省文ではなく、さらなる成果を生むための振り返りです。

 

「今日できたことは何か?」

「昨日よりも成長した点はどこか?」

「今日の仕事から何を学んだのか?」

 

というように、日報とは反省点と同時に「できたこと・成果」に着目して具体的にするためのツールです。

 

今日できたことを見える化することで、現状を打破するきっかけをつかめるかもしれません。

問題点を挙げ改善することも大事ですが、挑戦してできたことを認識することで更なるアクションへの

モチベーションを保つことができます。

 

 

以上!僕の実体験に基づいたインターンシップにおいて日報が大切な3つの理由でした。いかがでしたでしょうか?

 

・目標の達成度を認識して蓄積すること

・自分の1日の行動・結果・課題を振り返ること

・チームに対して自分の行動と思いを共有すること

この3つを目的にあなたも日報を始めて、日々の仕事に変化を起こすきっかけを作ってみてはどうでしょうか?

  

 

いますぐ相談したい方はこちらをクリック

 

 

 

【編集者】中川原 弥晨 / タイガーモブ株式会社 コミュニティリーダー

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP

参加する 話を聞く
]