海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/ルワンダの体験談:【ルワンダ合宿、2週間でカズーバが学んだこと】

【ルワンダ合宿、2週間でカズーバが学んだこと】

かずーば
  • 2018/04/13 00:00
  • ルワンダ
  • 企画・マーケティング,新規事業
  • インターン後

 

こんにちは!

ルワンダ合宿に参加した、かずーばです。


私にはたくさんあだ名があるんですけど、かずーばはルワンダ人からもらった新しいあだ名です笑 意味はたしか「日が昇る太陽」とかそんな感じでした。さらっとかっこいいあだ名をつけてくれたルワンダ人に感謝です^^

 

member_blog_2591_5ad0c8273692c.jpg

 

 

ー目次ーーーー

1,参加した理由、きっかけ

2,ルワンダで学んだこと

3,ルワンダ合宿前と後で変わったこと
4, 今後の目標、具体的に実行していくこと、日常をどう変えていくか

5,これから何か挑戦する人へ一言

6,おわりに


1,参加した理由、きっかけ

参加したきっかけは2つあります。1つ目がアフリカに行きたかったこと。2年生の春休みにバックパックでモロッコに行き、そこでの旅が私にとってすごく新鮮で、アフリカに興味を持つきっかけになりました。でもモロッコは私が想像してたようなアフリカとはちょっと違って、中東の雰囲気が強かったんです。その雰囲気もすごく好きだけど、「THE アフリカみたいな場所に行ってみたい」と思うようになりました。2つ目は、ビジネスインターンに興味があったこと。ちょうどこの合宿の1年前に、他の会社のビジネスインターンに参加してました。(ベトナムでやる武者修行です笑)あれから1年間で自分がどのぐらい成長したのか知りたくて参加しました。

 

 

2,ルワンダで学んだこと

①WHYを常に考える事

業務改善のミッションに取り組んだ時にこの壁にぶち当たりました。普段なんでもそういうものか〜って受け入れてしまうんです。だからミッションに取り組んだ時、業務課題が全く思いつかない。周りが「ここおかしいよね」「日本だったらあり得ないよね」と次々と課題を見つけてくるのにすごく焦りを感じました。課題を見つけるためにはどんなに細かいことにも疑問を持つこと。なんでバナナがここに吊り下がってるの〜そもそもなんで地面に置くんじゃなくて、吊り下げて保管してるの〜とか細かいことにも意識を向けました。

 

②当事者意識を持ってビジネスを考えること

ビジネスを考える時、どうしても煮詰まってくると企画ありきになってしまって、実際にそのサービスを使用する人(カスタマー、特に店員)の視点に立つことを忘れがちでした。ミッション1では、もはやチーム名が「圧倒的当事者意識」(笑)で、企画を実際に使用する人はどう感じるだろうということを強く意識しました。

 

member_blog_2591_5ad0cfe8a6a16.jpg

 

チーム目標に貢献できる自己目標を立てること

今まで営業のインターンをやってきたので、外に出て行動するのが好きで、たぶん自分の強みもヒアリングや営業などの外回りかなって思っていました。だから企画で詰まった時、チームにいるのが辛くなってとりあえず外行きたいって、外回りばっかやってました。でもそれってチームや顧客のことより自分のやりたいこと優先してない?これチームのためになってる?なんか悶々としてました笑

それを振り返りに記入したら、メンターさんから「チーム目標に貢献できる自分の強みを活かした自己目標を立てればいいんだよ」って言ってもらえて、次のミッションではチーム目標を考えてから自己目標を立てて取り組みました。チーム目標に照らした時、今回はヒアリングよりネットでリサーチする方がチームには必要なんだ、というということが判断できるようになりました。

 

3,ルワンダ合宿前と後で変わったこと

自分ができないことをすぐにできないって言えるようになりました。

これは私のルワンダ合宿の目標でもありました。もともと人に頼ることが苦手で、できない時にできないってヘルプが出せなくて、結局足を引っ張ってしまう。そもそも今まではどうヘルプを出せばいいかも分からなかったんです。

でも今回は毎日目標や振り返りをみんなにシェアすることになってたので、ここができないとか、どうすればいいか分からないって言ってたら、みんなからアドバイスがたくさんもらえました!ほんとに感激でした!笑 みんなありがとう!!

 

あとは、4年次に休学して海外インターンしようって決心がついたこと(絶対途上国!笑)

留学かなインターンかなって迷ってたんですけど、参加者にアフリカで半年インターンしてた方がいて、留学よりインターンの方がかっこいいじゃん、成長できそうって単純なんですけど思ったからです!笑

 

 

4, 今後の目標、具体的に実行していくこと、日常をどう変えていくか

将来人のキャリアや挑戦機会を創るお仕事がしたいなと思ってます。でもやっぱり海外に関わって働くことに興味があるので、4年次に人のキャリアを支援する海外インターンをしたいです。

①語学力

普段、自分が武者修行の説明会で「英語力あるとかないとか関係ないから飛び込んでね!」って大口叩いてるのに、この合宿では自分の語学力のなさにめそめそしてました。企業訪問行っても、何言ってるのか分からない、分からないから質問ができない。本当に悔しすぎて、分からない単語予習してから訪問行ってました笑

最後の振り返りで8月までにIELTS6.0とるって宣言したので、目標に向かって頑張りたいと思います。

 

②知識を増やす

インターンする上で、ビジネスやコーチングの知識をつけたいなと思ってます。読書あまり続かないタイプなのですが、今他の参加者と一緒に読書管理アプリで読書進めてます。こんな本読んでるんだ〜って刺激がもらえるので今のところ続いてます!

 

 

5,これから何か挑戦する人へ一言

自分から成長機会を取りに行くことが大切かなと思います。

今なら失敗してもそんなに怖くないです。

あとはパッション!!!

自分がやりたいと思ったことに貪欲になることって人を動かすんだなって思いました!

 

6,おわりに

余談なんですけど、どんなに怖そうな顔してる人でも、マラムッゼ(おはよう!)って言えば、笑顔でマラムッゼって返してくれる。挨拶と笑顔ってすごいなってほんとに思いました!!

 

member_blog_2591_5ad0cd6e54998.jpg

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

from かずーば

 

 

 

 

かずーば

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 STARTUP AFRICA in Rwanda 4th Batch - 激動の大陸を駆け抜ける13日間

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP