海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/短期プログラムを見つける/サステイナブル・ファッション・スクール 〜おしゃれも、地球もあきらめない未来をつくる〜

サステイナブル・ファッション・スクール 〜おしゃれも、地球もあきらめない未来をつくる〜

/

今日、なに着て行こう?そんなワクワクをくれるファッション。でも、その服ができるまでには、地球環境や作り手に大きな負担がかかっています。なにげない買い物が、地球の裏側の公害や労働環境などの社会課題にどう繋がっているのか、まずは知ることから。そして、あなたのクリエイティビティで持続可能な社会を実現しましょう。

  • 期間:2~3週間
  • バングラデシュ,オンライン
  • 社会課題解決/SDGsに挑む,新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む,海外と日本をつなぐ

研修内容

※本プログラムのメンターであるMahenazさんが制作したバングラデシュのファッション産業の問題を取り上げたドキュメンタリー『ONCE THERE WERE RIVERS』

 

「サステイナビリティやエシカル・ファッションに関心がある」

「ファッションのプロダクトを作ってみたい」

「気候変動や社会問題に興味がある」

「SDGsを学ぶだけでなく、実践してみたい」

「英語を使って何か挑戦してみたい」

「海外を舞台にハードルの高い課題に取り組んでみたい」

 

そんなあなたにオススメなのが、4日間でサステイナブル・ファッションについて学び、

バングラデシュの社会起業家とともにプロダクト作りに挑む「サステイナブル・ファッション・スクール」。

 

|このプログラムの3つのポイント

1.バングラデシュの社会起業家とプロダクトづくりに挑戦!

世界のファストファッションブランドの工場が建ち並び、世界第二位の衣料品輸出国であると同時に、その負の影響が課題となっているバングラデシュ。現地でアップサイクルブランドを立ち上げた女性社会起業家とリアルな現場の課題を深く理解しながら、最後はプロダクトづくりにも挑戦します。

 

2.デザイン思考

Google Venturesが開発したデザイン・スプリントという手法を使い、少人数のチームでパートナー企業とプロダクトづくりに取り組みます。まずは現状を理解しマップに落とし込んだ後に、最も重要な課題を見つけます。その課題に対して最適なソリューションを見つけ、プロトタイプを作り検証するまでを最速で行います。 

 

3.世界中から集まる仲間たちとの出会い

海外で出会う、志を同じくした参加者同士や、海の向こうで活躍するロールモデルとなるべき人々との出会いやコミュニティは、プログラム終了後もつながりとして残ります。

当プログラムだけでなく、大学生・若手社会人を中心とした1,000人を超える海外経験者のコミュニティの一員となることで、グローバルに活躍する先輩から進路や生き方について学ぶ機会も得られます。

   

 

 

|プログラム内容

PART 1:Why Sustainable Fashion?

なぜ、今、サステイナブルファッションが注目されているのか?

一緒にプログラムをともにする講師やチームメンバーを知り、なぜサステイナブル・ファッションが、今注目されているのかを学びます。バングラデシュの事例から、環境や社会への影響を深掘りします。

 

1.1. (1.5hr) Opening and introduction | オリエンテーションと自己紹介

1.2. (2hr) Lecture: Fashion and sustainability - Environmental and social impacts
レクチャーファッションとサステイナビリティ - 環境と社会への負のインパクト



PART 2:Finding your footprints - become sustainable fashion detective

フットプリントを調べる - サステイナブル・ファッション探偵になってみよう

 自分のワードローブにある服は、どこで作られたの?誰が作ったの?
グループでのリサーチワークと、現場で働く人、業界人のインタビューを通して、自分たちの生活とリアルな影響の繋がりを探ります。

 

(2h - 各自) Assignment: Find out amount, materials and country of origin of your clothes
事前課題:自分の服の数や素材、生産国を調べる

 

2.1.(2h) Group work | グループワーク

Find out connections between the negative impact of fashion industry and your wardrobe
グループで自分の服と環境や生産国への影響との繋がりを調べる。


2.2. (2h)Interview | インタビュー
Dive deeper into the fashion supply chain - interviewing local workers and global apparel company

ファッションのサプライチェーンを深く知る - 工場で働く労働者やファッション産業のグローバル企業へのインタビュー(crossline - フランスのアパレル・マネジメント会社)



❏ PART 3:Take Action: designing your upcycle product

アクションを起こす:アップサイクル・プロダクトをつくろう。

デザイン思考をマスターして、メンターのサポートを得ながら、チームで実際にアップサイクル・ファッション・アイテムをデザインして、作ってみよう。

 

3.1.(2h) Design thinking workshop | デザイン思考ワークショップ

Introduction to design thinking and application to designing a fashion product

デザイン思考でファッションプロダクトをデザインするワークショップ

 

3.2. (2h-4h)Create a prototype and test *テストは各チーム時間外で
Create a prototype with your team and test it with potential customers

プロトタイプを実際につくって、顧客と検証してみよう。

 

3.3.(2h) Finalize and order *メンタリング
Based on the feedback, create the final version of your product and make an order
検証からのフィードバックに基づいてデザインを仕上げて、オーダーしてみよう。



❏ PART 4:Spread the Impact | インパクトを広げよう。

大事なのはインパクトをどう広げるか。審査員や一般の人にプレゼンをします。最後は、プログラムの振り返りながら、これからどんなアクションを起こしていくかシェアしてみよう。

 

(3h - 各自) Assignment: creating presentation

事前課題:発表会のための資料を作成する

 

4.1.(1.5h) Presentation | 商品発表会

Pitch your design and product to judges
完成したデザインを発表してみよう!

 

4.2. (2h)Future action plan and reflection | これからのアクションプランとリフレクション
プログラムを通した学びの振り返りと、今後のアクションプランを仲間とシェアします。

 

 

|成長を加速させる仕組み

リーダーシップ・チームワーク

一人でできる仕事は限られています。大きなインパクトを出すにはチームで結果を出すことが必要になります。複数の難しいミッションをチームで遂行していく中で、リーダーとして、チームの一員として、自らの強みは何なのかを見極め、最適な連携方法を探りながら経験を積みます。

 

目標設定

最終日は、プログラム全体を振り返りつつ、今後どのような目標に向かうのか、それを達成するためのアクションプランを策定します。チームメンバーやメンターのフィードバックを活用しつつ、徹底的に自分に向き合います。

 

 

|みなさんの挑戦を支援するメンター陣

 


Mahenaz Chowdhury

インパクト起業家・アップサイクルブランドBroque代表

バングラデシュ出身、大学では人材育成・マーケティングを専攻し、大学院で環境科学・マネジメントの修士号を取得。IT業界の人事を経て、バングラデッシュ初となるアップサイクルのファッションブランド「Broqué」を立ち上げる。バングラデシュのファッション産業の問題を取り上げたドキュメンタリー「ONCE THERE WERE RIVERS」を2022年に製作。

 

菊池 佳

Sanagy株式会社 代表取締役

Sanagy株式会社代表取締役。アジア、アフリカでの国際協力プロジェクト、メガベンチャーでのアフリカ新規事業立ち上げを経て、2019年に旭川にUターン。創造性を引き出す人材育成プログラムを通して、地域の活性化や企業の人材育成プロジェクトを北海道や海外で展開。NZウェリントン・ビクトリア大学卒。フィンランド・ヘルシンキ大学で修士号取得。

身に付く力・得られる経験

・社会課題を構造的に分析する力

・「0」から「1」を生み出す力

・英語で学び、英語で現地ビジネスを実践する力

・アパレル産業大国として経済発展を遂げたバングラデシュのいまを体感する経験

・サステナブルファッションの最前線を知り、アウトプットする(結果を出す)経験

・ファッション産業のサプライチェーンのリアルに触れる経験

・ゼロからビジネスプランを考え、実践者からフィードバックをもらう経験

こんな人を求めています

・海外を舞台に活躍できる人材になりたい

・海外を舞台にハードルの高い課題に取り組んでみたい

・環境・社会に配慮したファッションに関心がある

・サステナブルファッションについて知りたい

・自分でサステナブルファッションブランドを創りたい

・英語使って何か挑戦してみたい

募集要項

研修先国
バングラデシュ オンライン
研修先都市
オンライン
研修期間
4日間
研修日数、時間

【研修期間】8月26日(金)〜9月4日(日)

Day1:8月26日(金) 16:00-19:30
Day2:8月27日(土) 16:00-20:00
Day3:8月28日(日) 11:00-20:00(途中ランチ休憩あり)
Day4:9月03日(土) 16:00-19:30
※時間は変更する場合がございます

費用

6万円(税込)

※プログラム内で実施するプロダクト製作にかかる費用も含まれています

必要なスキル・資格
特になし
※プログラムの進行は7割ほどが英語になります。ですが、メンターは英語話者の日本人のため、適宜皆さんの様子を見つつ語学的なサポートを行う予定です

主催者紹介

主催】タイガーモブ株式会社

 

 

主催】菊池 佳(パートナー)

 

Sanagy株式会社 代表取締役

Sanagy株式会社代表取締役。アジア、アフリカでの国際協力プロジェクト、メガベンチャーでのアフリカ新規事業立ち上げを経て、2019年に旭川にUターン。創造性を引き出す人材育成プログラムを通して、地域の活性化や企業の人材育成プロジェクトを北海道や海外で展開。NZウェリントン・ビクトリア大学卒。フィンランド・ヘルシンキ大学で修士号取得。

参加者の声

今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く