海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】激変した世界でビジネスに挑戦!圧倒的成長を手に入れる10日間~グローバル・キャリア・チャレンジ~

【オンライン】激変した世界でビジネスに挑戦!圧倒的成長を手に入れる10日間~グローバル・キャリア・チャレンジ~

/

グローバル・キャリア・チャレンジは、10日間でビジネスを実践し結果を出す、短期集中型のオンラインインターンシッププログラムです。舞台はカンボジア、インドネシア、スリランカ、トーゴの4ヵ国。世界の舞台でビジネスにチャレンジし今後のキャリアを左右する圧倒的な成長を手に入れることができる実践型のプログラムです。

  • 期間:2~3週間
  • カンボジア,インドネシア,スリランカ,トーゴ,オンライン
  • 経営者の右腕になる,社会課題解決/SDGsに挑む,短期合宿型,企画・マーケティングに携わる,海外と日本をつなぐ

研修内容

【2021年 8月18日(水)〜8月29日(日)開催】
Withコロナで激変した世界を舞台にビジネスに挑戦!
実践して、圧倒的成長を手に入れる10日間
〜グローバル・キャリア・チャレンジ〜


オンラインで自分の壁を越えろ!

世界の企業が、あなたの挑戦を待っている!


プログラム概要:

グローバル・キャリア・チャレンジは、10日間でビジネスを実践し結果を出す、短期集中型のオンラインインターンシッププログラムです。

世界を舞台に活躍する企業から出されるミッションにチャレンジし、今後のキャリアを左右する圧倒的な成長を手に入れることができる実践型のプログラムです。

 

グローバル・キャリア・チャレンジは、ビジネスの現場で使われるメソッドや世界各地の課題を知るインプットセッションと、実際に課題解決のためのリアルなアクションを起こす課題解決をする力を身につけるアウトプットセッションで構成されます。

インプットだけで終わらず、アウトプットまで行い目に見える結果を出すことで、実践的な力を身に付けることができます。


渡航に制限はかかりましたが、社会情勢は刻一刻と変化しており、立ち止まっている時間はありません。
異国の地を舞台に、企業から出される実社会のお題で、自身の力を試してみませんか?

 


 
 


グローバル・キャリア・チャレンジのポイント:

1.今世界で起こっているリアルな現在進行形の課題に挑戦できる

2.成果を出し、成長するための仕組み

3.未来に繋がる経験と仲間

 

1.今世界で起こっているリアルな現在進行形の課題に挑戦できる
このプログラムで挑戦するミッションは、世界を舞台に活動する企業が、今まさに直面している課題です。

世界で活躍するビジネスパーソンが日々取り組んでいる課題に、チームを組んで挑戦してもらいます。

 

今回の舞台は、カンボジア、インドネシア、スリランカ、トーゴの4ヵ国から選択することができます。
 

インターンシップの受け入れ実績が豊富で、これまで多くのインターン生が活躍してきた企業に、短期間で成果を出すことが可能で、挑戦しがいのあるミッションを特別に出してもらいました。

 

◉カンボジアの商社で、日本食の魅力を世界に届けよう! 【マーケティング】

現地の日本食材商社と提携し、日本食をカンボジアに浸透させるマーケティング業務を行います。
一つの商品をどのターゲット層に、どの場所で、どのような方法で宣伝活動を行うかを商社、時には日本の大手メーカー様と戦略を練りながら最適なマーケティング方法を考案し、実践していきます。
もちろん、SNS等も活用したデジタルマーケティングのノウハウも身に着けることができます。



◉スリランカのウェブメディアで、「◯◯×スリランカ」のストーリーを伝えよう!【ライティング】

スリランカ情報を発信する自社ウェブサイトに掲載するコンテンツの企画・制作を行っていただきます。

コンテンツの内容はスリランカの観光・生活・文化・芸術・経済・政治・医療・社会課題など、スリランカに関するものが広く対象になります。

過去インターン生はスリランカの社会起業家に英語でインタビューを行う企画を実施していました。


 

◉トーゴのアパレルブランドで、アフリカファッションを広めよう!【企画】

最高級品である民族布と世界から評価を受ける京都の伝統技術を組み合わせたオーダーメイドブランドの運営に関して、参加者の興味関心と企業との接点をすり合わせ、プロジェクト内容を決定していきます。

例:
・北海道のイベント企画・ディレクション(オンラインマーケティング)

・本ブランド初の直営店舗展開の設計・準備・サポート

・国際協力と観光を掛け合わせたプロジェクトの立案 


 

◉インドネシアの環境シンクタンクでサステナブルな珈琲・チョコレートを日本に広めよう!

ミッション詳細は調整中です。



上記プロジェクトから、自分の興味関心に応じて参加するプロジェクトを選択してください。

参加するプロジェクトは事前に決めなくても大丈夫です。

プロジェクト開始後に、各企業の課題についてプレゼンテーションを行います。そのプレゼンを聞いて、企業との打ち合わせ前にこれだ!と思うものを決めてください。

 

また、プログラムの最後に実施される最終プレゼンが高く評価された場合には、そのままプロジェクトを継続出来る可能性もあります。プロジェクト続行の可否は、提携企業との調整後、最終決定します。

 

※各ミッションについては状況によっては、変更になる可能性もございます。予めご了承ください。


 

2.成果を出し、成長するための仕掛け


各セッションは、タイガーモブがこれまで実施してきたプログラムのノウハウと経験学習サイクル※に基づき、成長が最大化されるように設計しています。

特に、目標設定や振り返りは、学校などでは詳しく学ぶ機会は少ないですが、これからのキャリアや人生を考える上では必須のスキルです。

独立のセッションを設けているので、是非この機会にマスターしてください。

 

また、これまでプログラム運営や研修を通じて多くのインターン生をサポートしてきたタイモブスタッフがメンターとなり、あなたの成果を後押します。

今回のプログラムを最大限有意義なものにするために、課題設定の方法やオンラインで成果を出すためのポイントなどを伝えていきます。

プログラム中には定期的に集まる時間(朝礼・夕礼)が設けられているので、課題を進めるにあたっての疑問や悩みの解決に使ってください。



※経験学習サイクルとは、

経験から学び、成長していくためのモデルです。
経験→内省(振り返り)→実践→(次の)経験から構成されており、これらのステップを意識的に、サイクルとして行うことで、同じ経験から、より深い学びを得ることができます。


3.未来に繋がる経験と仲間

10日間でビジネスを実践し、成果を出すことは決して簡単ではありません。

だからこそ、チームメンバーと一緒になって、一つのミッションに取り組み、困難を乗り越え結果を出す経験は、人生のターニングポイントになります。

 

また、このプログラムでは、経験からの学びを最大化するために、振り返りのセッションを設けています。

振り返りセッションによって、今回のプログラムを1回限り、やって終わりにするのではなく、今後の人生のビジョンに影響を与えるような経験にすることができます。


   


プログラムの流れ:


世界の実情に触れ、実際にアイデアを形に実践を積み上げる10日間。

①week1 :現在の課題を理解し、プロジェクトのゴールを決定する(全員共通)

・世界各地で活躍するリーダーから今回のミッションについてレクチャーしてもらいます。

 ・企業での新人研修やオンライン研修の経験豊富なタイモブスタッフが、プログラムのファシリテーターとして運営します。

・これまで、タイガーモブが行ってきたオンラインイベントのアーカイブを開放します。自らの視野を広げてください。

 

②week2:課題を実行しアウトプットすることで、課題解決力を身につける(ミッションチームごと)

・ミッションごとにグループを組み、目標達成のため、協働して進めます。

・チームで目標を決め、課題設定をおこないます。

・目標達成ために、各メンバーの持ち味を発揮してアクションしてください。

・終了時には、フィードバックをもとに振り返りを行い、ネクストアクションを定めます。

①week1は、夜19:00-21:00にてセッションを行います。
②week2は、チームに分かれチーム内で時間を調整し、プロジェクトを推進します





実施方法:
・オンラインでの実施になります。無料のオンライン通話システムZOOMを利用するので、お使いになるデバイスで事前にZOOMアプリをダウンロードをお願いします。
・時間になりましたら、事前に送付するZOOMURLよりご入室ください。

 

身に付く力・得られる経験

今回のプログラムのコンセプトはこちらです。

 

◉Think Globally, Act Locally

・日本から世界へ、世界を日本へ

・教科書には載っていないリアルな課題に、身近なところから挑戦

・3つのミッションの中から選択

 

◉ミッションをクリアし、成長を加速させる

・徹底的にアウトプットにこだわった実践課題

・経験豊富なメンターがサポート

・目標に対してのフィードバック



◉オンラインにしかない出会い、繋がりと仲間、オンラインならではのプログラム

・世界で活躍するリーダーと直接繋がれる

・その場だけで終わらない仲間が世界中にできる

・リモードで世界とつながり成果を出す

・オンラインでの仕事の進め方

・世界中どこからでも参加可能

 

こんな人を求めています

・やる気がある方のご応募をお待ちしております!

募集要項

研修先国
カンボジア インドネシア スリランカ トーゴ オンライン
研修先都市
インドネシア、カンボジア、トーゴ、スリランカ etc...
研修期間

2021年 8月18日(水)〜8月29日(日)

Week1:8月18日(水)〜8月20日(金) 
Week2:8月23日(月)〜8月27日(金) 
Special Session :8月29日(日)  

※Week1のインプットセッションとSpecial Sessionは、19:00-21:00にて実施します。
※Week2のアウトプットセッションは、チームごとに時間を調整して取り組んで頂きます。

研修日数、時間

Week1:8月18日(水)〜8月20日(金)
【課題の理解、プロジェクトのゴール決定】
・オリエンテーション
・基調講演
・参加者交流
・インターン先企業とのMTG


Week2:8月23日(月)〜8月27日(金)
【課題を実行しアウトプットする】

・グループワーク
・企業へ提案


Special Session :
8月29日(日)19:00-21:00 
【1Dayリフレクション(内省)】
・プログラムの振り返り
・ネクストアクションの策定


※各セッション録画を行います。どうしても参加ができない場合には、動画でセッションのキャッチアップをお願いします。

報酬・手当

※報酬ではなく、参加費用がかかります。
※選考はありません。

参加費用:
学生55,000円(税込)
社会人77,000円(税込)

必要なスキル・資格

なし

主催者紹介

【連携企業紹介】
①Cambo info Agency Co., Ltd

「日本人が快適に過ごせるように」を目標に、2018年に立ち上がったばかりの現地系会社です。マーケティング会社という点で日本食材のプロモーションを行ったり、ウェブサイトにてカンボジアに関する情報発信を行いつつ様々なサポート業務を行い、デジタルとアナログ両面から、日本人、日本企業のビジネス、生活、進出をサポートしてます。

 

 

②AFURIKADOGS

2018年10月設立。
アフリカ・トーゴ共和国の伝統工芸である「バティック」や「ケンテ」と呼ばれるアフリカ布を現地の協力事業者と製作し、京都の染色技術と組み合わせるファッション事業を展開している。資本主義による世界の経済格差、その一端を担うファッション業界の既存の仕組みを考え直し、再構築することで「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ことを目指している。

 

③スパイスアップランカ

スリランカで唯一の日本語フリーマガジンを発行してきました。日本語ができるスリランカ人と協力しながら、一歩踏み込んだスリランカ体験を届けていきます。

コロナ禍でスタートしたスパイスアップランカのYoutubeチャンネルはこちら。

>>https://www.youtube.com/channel/UCw94gElMALNIW6oK1K1K4Iw


④sure-co

Su-re.co(Sustainability and Resilience.Co)は、2015年に設立されたインドネシアのバリ島に拠点を置く環境シンクタンクです。気候変動の適応と緩和を専門としており、JICAや国際機関など多くの国際的プロジェクトに参画しています。また、”Think”タンクとしてではなく、”Do”タンクとして、現地のパートナーと実際にアクションを起こすプロジェクトにも取り組んでいます。

参加者の声

山梨学院大学国際リベラルアーツ学部4年生 

コロナの中、留学もダメになり、何をしていいかわからない中、インターンシップを決意しました。自分の可能性や、オンラインだからこそできる最大限のことがグローバルキャリアチャレンジ(以下、GCC)で経験できました。クラウドファンディングページの作成や、オンラインイベントの開催などを現在も行なっています。今までやりたいと思っていたことに挑戦したいとう意志が芽生えたのはGCCのおかげです。


高松市立香東中学校2年生
                                                                何か新しいことにチャレンジしたい、自分で何かを作ってみたいと思い参加しました。うまくいかないことも多くまだまだだけれど、少しずつ成長出来ていると感じます。今は、出会った受け入れ企業さんに講演をしていただくという形で学校の先生と相談中です。絶対に成功させたいです。「見る前に飛べ」と「相手の目線になって考える」ことを大切にして、どんどん発信していきたいです。


岐阜大学応用生物科学部4年生

私はエクアドルでの起業を目標に、緊急事態宣言下でもできる新しい学びを求めてGCCに参加しました。
オンラインでのインターンは初めてだったのですが、実際に現地で活動する方とコミュニケーションをとることも多かったので、まるで現場にいるかのような臨場感と途上国ビジネスのスピード感を感じることができました。ぜひ、中々海外インターンに興味があるけどどうしてもあと一歩でない方に、是非GCCに参加してもらいたいです!
今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く