海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【タイモブ新メンバー】高校生インターンとして、永野理佐がジョインしました!

【タイモブ新メンバー】高校生インターンとして、永野理佐がジョインしました!

  • ニュースリリース

【タイモブ新メンバー】高校生インターンとして、永野理佐がジョインしました!

〈略歴〉

郁文館グローバル高等学校在学中。

東京都出身

幼少期から家族と海外旅行に行くことが多く、中学卒業時に留学のできる進学を志す。

高校1年次に学校のカリキュラムの一環であるゼミに所属をし、ゼミの研修として人生初のインドへ渡航をする。インドでジェンダー問題、女性の社会進出、貧困問題に関心を持つ。

高校2年次にニュージーランドに8ヶ月、フィリピン、マレーシア、シンガポールにそれぞれ数週間留学をする。

現在は農村地域のジェンダー問題や女性の社会進出に関心がある。

今年の9月から社会開発学という学問において世界の大学ランキング1位のイギリスのサセックス大学に進学をし、途上国支援についてジェンダーや歴史、貧困、経済など多様な面から学ぶ。

 

何事にも全力で挑戦し続ける。

私はまだ17歳ですが、すでに人生のターニングポイントを迎えるという経験をしました。

 

高校1年次の夏、私は初めてインドの地に足を踏み入れました。

急激な経済成長を遂げているインドの空気は、今までの海外旅行では感じたことのない人々からの熱量を感じました。街行く人、学校にいる人、ストリートにいる人、全ての人が今ある現実に全力で向き合い、挑戦し、行動を起こし、全てのことから学べることは全て吸収しようという姿勢でした。

 

ものすごく強いエネルギーを感じ取ったとき、今を一生懸命生きる彼らに今の私は社会で対等に戦っていくことなど不可能だということを感じました。

 

この経験から帰国後、私は何事にも全力で挑戦をするということを決めました。

 

インドがきっかけで変わった私の行動は様々な変革を私の人生に起こし、沢山の人と出会うきっかけを作り、私自身の考え方の視野を広げ、そして新たな自分の将来の形を見出すことができました。

 

また、私は昨年の8月にタイガーモブ主催の『グローバルリーダーズ・キャンプ ACT3期』に参加をし、自分たちで課題を発見し、その解決策を考えるという”ゼロからイチを作り出す”という経験をしました。私はバリ島での課題解決ミッションとしてバリ島のオーガニック農家が商品に見合った額を貰えるようにするシステムづくりを取り組みました。プログラム最中、何度も日本とは違う異文化ならではの壁にぶつかりました。しかし、全力で最後まで課題解決を仲間と意見を出し合いながら進めたことで課題解決策を形にすることができ、最終日にプレゼンテーションをするまでに到達することができました。全力で取り組んだからこそ仲間と沢山ぶつかり、何度も一緒に壁を乗り越えられました。

 

全力で挑戦し続けたことで最高に素敵な仲間に出会うことができました。

「何事にも、全力で挑戦し続ける。」それが自分の強みとやりたいことを見つけ、自分の1度きりの人生を最高に楽しく送る最強の方法だと私は考えます。

 

私の夢は農業に関する職につくことです。そして開発途上国では社会的弱者とされがちの女性と自然の恩恵を感じながら楽しみながら働き、自分の人生に悔いが残らないように思い切りやりたいことを楽しみながらやることです。

また、イギリスの大学へ進学後も自分のやりたいこと、探求したいことに正直に向きあい、全力で勉強や活動に励んでいきます。



私は、自分の強みみつけ、伸ばしたい人、何かアクションを起こしたい人、自分の人生をもっと自分らしく彩りたい人のサポートを全力で行わせて頂きます。

実のところ、私自身インターンシップをさせていただくのは初めてで、タイガーモブでのインターンは私の人生の挑戦です。初めてのことでまだまだ未熟者ですがみなさんと一緒に全力で挑戦をし続けてまいります。

 

よろしくお願いします。

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP