海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:観光振興×現地の雇用創出に向けて!かごんま女子大生の挑戦

観光振興×現地の雇用創出に向けて!かごんま女子大生の挑戦

すがちゃん@カンボジア
  • 2019/03/25 00:00
  • カンボジア
  • 企画・マーケティング
  • インターン前

はじめまして!5月~8月、カンボジアでインターンシップを行う菅谷里香といいます!

4月から大学4年を半年間休学する予定です!

 

高校生の時は、所業高校で簿記を学んでいたため、それらを活かして将来の夢は税理士か商業高校教諭になろうと考えていました。また、当時の私は資格取得や部活動に熱心だったため、海外というものにはあまり興味がなかったです。

 

ましてや「海外インターン」という文字は頭の中に全くなかったです。

 

そんな私が大学に入って海外インターンシップに挑戦したきっかけ、是非読んでくれると嬉しいです!

 

大学1年生

「何かボランティアサークルに入ろうかな」

ぼんやりと考えていた私でした。高校の時までは「ボランティア」をあまりしておらず、せめて大学生の間にやっておきたかったことの1つでした。そんな時、先輩から誘われて「面白そう」と国際協力のボランティアサークルへ入りました!

そして1年生の春休み、その活動の一貫でカンボジアシェムリアップに行きました。

私にとって初めての海外です。

 

その時に行ったボランティアは

・子どもたちに日本語を教える

・技能実習生で日本へ渡航予定の若者に日本語を教える

・孤児院で子どもと触れ合う

ことをしました!

 

member_blog_2928_5c98c46793d55.jpg

カンボジアでかるたを通して日本語を教えました!

 

member_blog_2928_5c98c616bcdaa.jpg

 

また、カンボジアの世界遺産である、アンコールワットにも行き、思い切り観光を楽しみました!

member_blog_2928_5c98c639827fa.jpg

 

これまでの写真を見たら楽しそうな様子が見えますよね!

 

しかし、一方で現地にいる日本人から

「ここはね、雇用が少ないからこうして日本語を勉強して日本へ出稼ぎに行く若者が多いんだよね。」

 

この言葉を聞いたとき、私はふと

「観光で現地の雇用を生み出す方法はないのか?」と思いました。

日本に帰ってから、私はずっとそのことを考えていました。

 

 

そうだ!

海外に長期に行ってそれを実践できる方法を探りに行こう!

 

そうすることに決めました。

そして海外インターンシップに参加するまでの間、何か活動できないかと思い、2年生の2月から

「かごしままちなかおもてなし隊」という、観光案内や鹿児島を盛り上げる活動を行いました!県内外の観光客の方におもてなしを行ったり、おすすめの観光地やその説明をすることで鹿児島の観光について学ぶことができ、自分自身鹿児島の魅力を再確認することができました!

 

member_blog_2928_5c98c2e98571e.png

 

そしていよいよインターンシップが始まります!!

これからがんばっていきますのでよろしくお願いします!

 

きばいもす~!(鹿児島弁で「がんばります!」)

 

すがちゃん

 

 

すがちゃん@カンボジア

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 カンボジアの観光業で社会問題を解決する店舗運営・商品企画インターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP