海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/国際協力に興味があるひと必見!海外ボランティアと海外インターン、どっちがいいの?

国際協力に興味があるひと必見!海外ボランティアと海外インターン、どっちがいいの?

  • 虎の知恵

国際協力に興味があるひと必見!海外ボランティアと海外インターン、どっちがいいの?

将来国際協力に関わる仕事がしたい

国際協力に活かせる専門性を磨きたい

国際協力をしたいけど、何から始めたらいいのかわからない

援助だけじゃない、ビジネスによる国際協力に興味がある

 

今回はそんな方にお知らせです!

 

国際協力に興味があるあなたに、オンライン海外インターンをご紹介したいと思います。

 

 

ボランティアとインターンの違いって?

 

国際機関やNPO・NGO等への関わり方は、就職やボランティアやインターン、寄付、キャンペーンへの参加など、さまざまな方法があります。

 

組織外のものとして、団体が主催しているキャンペーンに参加したり、SNSをフォローしたり、記事をシェアしたり、商品を購入したりするのも一つの貢献です。

 

その他に、あなた自身が時間を割いて、ボランティアやインターンといった形で、活動に参加することもできます

 

 

では、ボランティアとインターンの違いは何でしょうか?

 

ボランティアは、無給での社会奉仕活動のこと。お金の寄付と比べて、時間の寄付とも言われることがありますが、組織のために時間を使って貢献することを指します。

NPOやNGPのボランティアだと、封筒のラベル張やイベントの受付など、単発でできるものからあります。

 

一方、インターンシップは、インターン生自身のスキルアップやキャリアアップを目的として、組織で実務経験を積むことです。無給の場合も、有給の場合もあります。

 

インターン生は基本的に、組織の一員としてみなされるので、ある程度の期間以上コミットすることが求められることが多いです。

 

 

国際協力に関心がある学生にオススメなのは、断然インターンシップ

 

上述したとおり、国際協力に関わる方法はたくさんありますが、

国際協力や社会貢献に関心がある学生にぜひとも挑戦してほしいのは、インターンシップです。

 

社会を変えるのは、簡単ではありません。

今の力で、社会を変えることはできるでしょうか?

 

社会を変える力を付けるために、スキルアップをして、将来のキャリアに繋げる。

与えられたタスクだけではなく、自分で課題設定をして、価値を生み出し、社会に変化を与える経験をする。

 社会に貢献する事業でのインターンシップで、こうしたことが実現できるかもしれません。

 

インターンシップというとビジネスのイメージが強いかもしれませんが、今や、ビジネスにも社会貢献性が求められ、国際協力にもビジネスの観点が求められています。

 

また、インターンシップはキャリア育成のためといっても、インターン先のプロジェクトやビジネスを通して、社会に貢献することができます。

また、リアルな現場に触れることで、自分に足りない力や現場の課題感をつかむことができるだけでなく、そこで出会う人との人脈も、将来の夢に繋がる糧になるはずです!

 

社会課題解決に挑む!ソーシャルビジネスオンラインインターン

 

 

オンラインで海外に直接繋がる時代!オンラインインターンがオススメな理由3

 

ただでさえ、インターンで新興国に行くことはハードルが高いのに、コロナウイルスの影響で渡航規制も続いています。

また、国内でインターンをすると、現場に関わる機会はぐっと減ってしまいます。

 

しかし、今はインターンシップの機会も多様化しているのです。

オンラインで海外の企業や組織に直接関わることができる、オンライン海外インターンシップと、3つのオススメの理由をご紹介します!

 

①現場に直接つながれる

国内に事務所のあるNGOなどでインターンをすると事務作業が多く、現場に直接関わる機会は少なくなりがちですが、オンラインインターンでは、ポジションややる気次第で、事業の軸となる部分や現場に関わることもできます。

また、オンラインで関わった事業があれば、渡航規制が解除された際に、現地に行った時の学びも倍増するはずです。

 

②どんな組織でも重要な、ビジネスの基本から専門性を磨くことまでできる

ビジネスと国際協力を分けて考えてしまう人もいますが、組織で目標達成のために動くことは、国際機関や非営利団体だって同じです。経営や会計、ITツールなど、組織として機能するための基本的な知識や経験は、幅広い分野で役立ちます。

また、現場で必要とされているスキルを知ったり、実際に現場の課題に取り組むことで、専門的なスキルを得るチャンスもあります。

 

③学業やバイトと両立できる

オンラインでインターンすることのメリットは、インターネットさえあればどこからでも参加できること。都心に住んでいない人も、学校・バイト・家の往復で忙しい人でも、タイムマネジメントやタスクマネジメントして挑戦することができます!

 

――

 

いかがでしたでしょうか?

タイガーモブでは、社会課題を解決するために尽力しているソーシャルビジネス分野でもインターンをはじめ、日本文化の発信や、新興国でのさまざまな事業に関わることができるインターンの機会をご用意しています。

 

社会課題解決に挑む!ソーシャルビジネスオンラインインターン

 

 

オンラインインターンとは?

 

短期間・パートタイムで挑戦できるものから、長期・フルタイムまで。

オンライン海外インターンの詳細はコチラ

 

 

 

タイガーモブは、みなさまの挑戦をサポートします。

海外インターンやオンラインインターンに挑戦してみたい方は、お気軽にお問合せください!

 

LINEで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

 

世界40カ国、300件以上の海外インターンシップ情報はこちらから! 

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP