海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/スリランカの体験談:知られざる親日国スリランカと日本の関係

知られざる親日国スリランカと日本の関係

高穂
  • 2020/01/30 00:00
  • スリランカ
  • 営業,社長直下
  • インターン前

どうもみなさんこんにちは!

明治大学4年の板谷高穂です。

この度スリランカにて1ヶ月間、日本語フリーペーパーの広告営業をすることになりましたので、

スリランカと日本との関係について調べたいと思うようになりブログを書いています!!

よろしくお願いします!

 

 

member_blog_9917_5e328527e9b65.jpg

 

●日本と一番早く外交を結んだ国、スリランカ

 

 

意外に感じると思いますが、世界で一番早く正式に日本と外交関係を結んだのはスリランカでした。

他にも日本と関係の深い国はたくさんあったはずですが、なぜスリランカが一番早かったのでしょう?

そのきっかけとなった出来事は、第二次世界大戦敗戦後の1951年サンフランシスコ講和会議。

戦争に勝ったアメリカ、イギリス、ソ連、中国によって作られた「日本分割占領案」により、

日本は4地域に分割される予定でした。

 

 

●日本を救ったスリランカ大統領の名演説

 

 

当時のスリランカ(セイロン)大統領・ジャヤワルダナ氏は、

「戦争に負けた日本にもう一度チャンスを与えるべき」「憎しみは何も生み出さない」と

戦勝国に対しスピーチを行いました。その背景には、同じアジアの日本に対する深い尊敬の念が

あったそうです。

 

このスピーチによって戦勝国は日本占領に対する考えを変え、日本は分割されずに済みました。

結果、日本が国際社会に復帰する道筋をつくったと言われています。

 

スリランカ大統領の名演説がなければ、今の日本は存在していなかったと言っても過言ではないでしょう。

 

一方で、ジャヤワルダナ大統領は自分の死後、片方の眼の角膜をスリランカ人に、もう片方の角膜を日本人に提供してほしいという遺言を残して亡くなったそうです。

いや、日本どんだけ好きやねん。スリランカ半端ないって!

 

member_blog_9917_5e32853d6fa6e.jpg

 

●日本とスリランカの親交

 

 

日本とスリランカの親交についてもう少し詳しく見ていきます。

 

なんと、東日本大震災の時にスリランカの人々は日本を助けてくれているんです。

スリランカは被災者支援として、義援金100万ドル(約8200万円)のほか、紅茶の茶葉などを日本に提供しています。

スリランカ、ストゥーティ!!(シンハラ語でありがとうという意味)

 

もちろん日本もスリランカにたくさんの援助を送っています。

スリランカの国会議事堂は日本の援助で建てられたと言われています。

 

また2011年11月に開通したスリランカ発の高速道路はなんと日本製なんです!

すごいですよね。

スリランカなくして日本なし、日本なくしてスリランカなしといった具合で、相思相愛みたいですね笑

 

スリランカでは営業インターンをするなかで、スリランカ人に日本の魅力をたくさん伝えることができたらと思います。

また、スリランカの魅力をたくさん吸収して、日本の友達にシェアしたいと考えています。

 

待ってろスリランカ!!!

 

 

 

 

高穂

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 スリランカで唯一の日本語フリーマガジン会社でのインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP