海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【タイ編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

【タイ編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

  • タイ
  • 虎の知恵

【タイ編】海外インターンシップにかかる費用はいくら?

 「生活費、航空券、保険など、海外インターンシップ参加費の他に、どのくらい海外インターンシップに費用はかかるんだろう?」

 

そんな声に答えられればと思い、海外インターンシップの経験者に実際にかかった費用をまとめました!

このページでは「タイにインターンシップで行った際にかかる費用」をご紹介します。

 

 

 | タイってどんな国?

東南アジアで唯一植民地支配を受けなかった国、タイ。独自の文化を活かし、最近では、タイ発のファッションブランドも続々と生まれています。 地理的条件の良さやインフラが整備されていることから、多くの日系企業がタイへ進出、現在では6万人もの日本人がタイで生活しています。日本人がビジネスをしやすい国、タイでの生活にかかる費用はどのくらいでしょうか?

 

 

 

 | 航空券代

40,000円~130,000円/往復

航空券代は時期や渡航までの期間によって変動しますが、大体上記の金額で購入できます。

 

3~40,000円台、場合によっては1万円台のものもあるようです。(LCCのセール利用など)

 

 

 | 保険代

15,000円~21,000円/1ヶ月

 

現地でもしものことがあった場合に身の安全を守る海外危機対応サポートを付帯させるため、指定の保険にご加入頂く必要があります。4つの契約タイプがあるため、それにより1ヶ月ごとにかかる金額が変わってきます。

  

 

 | 1ヶ月あたりの生活費

▼バンコクでインターンシップに取り組んでいたKさん

 

食費   20,000円

交通費  0円(会社負担)

交際費  10,000円

家賃   0円(住居提供あり)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    計  30,000円

 

▼バンコクでインターンシップに取り組んでいたUさん

 

食費   13,500円

交通費   4,500円(会社負担)

交際費     12,000千円

家賃    0円(住居提供あり)

その他        5,000円程度

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   計  35,000円

  

 

<まとめると・・・>

住居支給手当があるものの、およそ「3万円程度でタイでは1ヶ月生活できるようです。

住居手当があるかないかはインターンシップの受け入れ先によって異なりますので、インターンシップで経験したいこととのバランスで考えましょう。

 

 

 | タイモブからの豆知識

<食費の目安>

食費の目安は下記の通りです。

・ミネラルウォーター1本: 8バーツ程度(約28円)

・ローカルな食事1回 : 30~50バーツ(約100~180円)

・屋台 ジョーク(お粥) 50バーツ程度(170円程度)

・フードコート ぶっかけ飯(ご飯の上におかず2種類) 40バーツ程度(140円程度)

・レストラン トムヤムクン 250バーツ程度(850円程度)

・屋台 かき氷 15バーツ程度(50円程度)

・屋台 ビニール袋に入ったアイスミルクティー 10バーツ程度(35円程度)

 

※参考:1タイバーツ =3.48140044 円(2018年2月1日現在)

 

基本的に外食が安いタイでは、日本国内では比較的安いファストフードが割と値段の張る食べ物になっています。

安い食事としてのファストフードではなく、おしゃれとしてのファストフードという印象があるようです。

  

<バンコクの日本人街>

バンコクの日本人街「スクンビット(Sukhumvit)」

タイ語がわからなくても、日本人にとって必要なものが充実している場所です。

>>>詳しくはここをクリック

 

 

 | 参考記事・関連記事

<参考記事>

⇒タイ旅行の費用と予算まとめ!

 

ちょっと豆知識】バンコクの超便利な日本人街

 

 

<関連記事>

⇒知らないと損をする?タイの物件事情

 

⇒ 【想像と違う?】バンコクってこんなところ!最新トレンド丸わかり

 

⇒学生は海外に出るべし!|タイ不動産板野雅由さんインタビュー

 

 

 

 

 

LINE・Skypeで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

 

世界30カ国、200件以上の海外インターンシップ情報はこちらから!

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

 

 

関連タイモブログ

参加する 話を聞く