海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/タイの体験談:「海外初」でもチャレンジできる!

「海外初」でもチャレンジできる!

まあち
  • 2017/08/02 00:00
  • タイ
  • インターン前

~「海外初」でも、挑戦できるチャンスは溢れている~


こんにちは!臼杵です!

上記は、実際に海外経験のない自分がこの海外インターンに飛び込んだ際に、心底感じたことです。

 

海外インターンなんて、海外経験豊富な人が挑戦する場でしょ?

興味はあるけど、知識もないし…。

 

そんなことを考えて立ち止まっているそこのあなた!!必見です。

私たちのような海外初チャレンジさんを支えてくれる人は、実はたくさんいるんです。

member_blog_991_5981066bcb030.jpg

 

 

---------

➀トビタテ!留学Japan:海外初チャレンジ枠

・、

ご存知の方も多いかもしれませんが、文部科学省が提供している

トビタテ!留学Japanという最大300万支給してくれる、返済不要の奨学金プログラムがあります。

現在8期募集の動きがスタートしています。 

(▶詳しくはこちら http://www.tobitate.mext.go.jp/program/index.html

 

member_blog_991_5981083e253d7.png

 

このプロジェクトを知った時、正直、

「海外経験が豊富で、出来る人が選ばれるんだろうなあ」という勝手なイメージを持っていました。

ですが、実は私たちのような「海外初」を応援してくれる「海外初チャレンジ枠」があるんです。

これまでの海外経験が少ない人でも、挑戦する機会を提供しようと

全体で2割程度、海外経験は関係なく人物面重視で採用しようという枠です。

実際に私は、この海外初チャレンジ枠を使って応募し、7期生として合格することができました。

 

そこで!今回は、

トビタテ7期生 【海外初チャレンジ枠】の合格者として

応募する際に自分が気を付けたポイントを3点ほどご紹介します!

 

➀どうしていきたいのか、本当にその国なのかを深堀する

→まず、どうしていきたいのか、いってなにをしたいのか。をしっかりと考えましょう。渡航経験のある人は、大きな価値観の違いや文化の違いを現地で感じ、ピンポイントで課題意識を持っている方が多いです。ですが、初チャレンジ枠はそんな経験ありません。まずはぐちゃぐちゃでもいいので、白紙の紙に留学に関するキーワード、思いつく言葉を全部書き出しましょう。そして言葉同士を結び付けて、自分の中の情報を整理しましょう。ある程度固まっている人は、本当にその国じゃなきゃいけないのか、代替え可能な国はないのか、徹底的に考えましょう。

 

➁不安要素をなくす姿勢をみせよう

→海外経験がない!語学力不安!という方、海外初チャレンジ枠で応募しましょう。その計画書作成の際ぜひ取り入れてほしいのが、実際に渡航するまでに「こういう努力/行動をして実現性を高めますよ!」というアピールです。海外初チャレンジ枠だからといって、期待できない人に国はお金を出してくれません。旅行でもいいから渡航してみる、語学学校に通ってみる、なんでもOKです!トビタテは、計画書を提出してから選考を経て、最終的にトビタツまで最低でも半年ほどあります。その間に、より自分が計画を遂行できる人間になる!という姿勢を、計画書の段階から取り入れましょう。

 

➂自信を持とう

→「トビタテは話を盛る人が受かる」という言葉は、よく聞きますし、納得します。トビタテにはいろんな人がいて、本当にすごい人ばかりです。ですが、みんな大学生なんです。パッと見誰が初チャレンジなのかわかりません。自分が自分の夢をかっこよく言ってるのと同じように、みんなもかっこよく話しているだけなんです。もちろん溢れんばかりのキラキラと威厳をお持ちの方もいますが笑。 自分の留学計画に熱意と自信を持つことは超重要です!

 

ちなみに、実現性」「独自性」「熱意」の3点は、応募者全員必須のポイントで、

すでに多くの合格経験者の方のブログなどで発信されていると思います。

さらに、「留学計画の5か条」や「求める人物像」などもHPに記載されています。

(①夢・想い②ゴール/アウトプット③活動(実践・挑戦)④社会への還元⑤実現可能性)

 

トビタテHPには合格のためのヒントがたくさんあるのでチェックを忘れずに!

 

私が応募した時、海外初チャレンジ枠で合格した先輩を見つけることはできなかったので、この枠を考えている人ならではの悩みを共有出来る人はいませんでした。しかし!みなさん!ここにいます!!臼杵がここにいますよ!!

 

いつでも相談、連絡してくださいね。

 

---------

➁タイガーモブ:親身な対応と全力のサポート

 

では、海外チャレンジしてみよう!海外インターンしにいこう!と決意したとしても、、、

例えば、トビタテ!に受かったとしても、、、

新たに心配になるのが、受け入れ先企業の見つけ方です。

 

語学力に自信もないし、海外経験もない、そんな私を受け入れてくれる企業なんてあるの?

 

って思いますよね、私も思いました、でも、あるんです。

そこをサポートしてくれるのが、タイガーモブです。

 

member_blog_991_59810b0dc9ca5.png

 

私はタイと香港それぞれでインターンに参加しますが、

どちらもタイガーモブから受け入れ企業を見つけました。

(▶世界26カ国のインターン情報が掲載 http://tigermov.com/

 

世界26カ国、180件以上の海外インターンのオファーが用意してあり

希望期間や希望業種を元に自分で選ぶことができます。

私の主観では、やる気やマインドで評価し、判断してくれる企業が多そうです。

 

タイガーモブでは、どんな国が、どんな企業が、

応募者の渡航目的により沿っているかを一緒に考え、

希望企業に受け入れてもらえるようにサポートします。

 

海外経験なんて関係ありません。

どうしていきたいのか、どうなりたいのか、どんな考えがあるのかを、ぜひ相談してみてください!

 

---------

最後に…。

 

私は、これまでの大学生活ではずっと

語学勉強や、海外に関する学びに力をいれている人たちの隣にいて、応援しているだけでした。

いつもそんなみんながどこかに飛び立つのを、笑顔で見送っていました。

海外に行くのは、いつもそういった勉強を頑張っている特別な人たち、

私には語学力もないし知識もない、他人事だと決めつけ、選択肢にいれることすらしませんでした。

 

でも、自分の未来のために必要な経験だと捉えて、

勇気を出して行動してみると

みんな応援してくれるんです。助けてくれるんです。

そんなにハードルを高く捉えなくてもいいんです。

 

 

あなたがやりたい!って思った時が、全部チャンスです!

 

 

まず、自分のわくわくやもやもやを全て書き出してみましょう!

文字にお越し、手で、目で、口で、頭で整理することで

なにが今の自分の頭の中を占めているか認識しましょう。

目的を明確化して定めてから

留学なのか、ボランティアなのか、海外インターンシップなのか

自分に合った手段を選びましょう♪

 

もし、トビタテ応募に関してや、海外初チャレンジ枠について

受け入れ先企業・機関についてのご相談があればいつでも連絡ください♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まあち

お気に入り登録数:2

このタイモブログのインターンシップ情報 仕事が選べる!?事業を多角化するタイのベンチャー企業でのインターンシップ

関連するインターン情報