海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:海外で感じたイメージとのギャップとやりたいこと

海外で感じたイメージとのギャップとやりたいこと

ニックネーム設定なし
  • 2017/04/20 00:00
  • カンボジア
  • 営業,企画・マーケティング,
  • インターン前

はじめまして、獨協大学三年の渡邉拓です。

 

明日からカンボジアのフリーペーパーの主に営業を担当させていただくことになっています。

これは初めて一人で行った韓国の話です。

 

 

私が言いたいのはイメージって大切だよねって話です。

 

 

1最初の韓国のイメージ

反日感情を抱いている

ご飯がおいしい

女性の肌が異常に白い

整形大国など

 

 

2イメージだけで実際は違った現実とのギャップ

 

member_blog_805_58f82799ab842.jpg

(これは釜山のゲストハウスで知り合った方々↑)

韓国や中国に対して良いイメージをもってなかったけれど、彼らはとても親切で優しくしてくれた。

 

 

4韓国に行って気づいたこと

メディアとか親の言葉とか鵜呑みにしてはいけない

自分でその国に行ってどんな国か確かめる

 

 

5でも、国のイメージってとても大事

どこの国に行くにしても、その国に興味を持たない限り人は旅行にも行かないと思うんです。

だから、イメージの悪い国にはだれも行きたくないと思うんです。

イメージの大切さに韓国へ行って気づいたので

私がインターンに行くカンボジアのイメージも友達に聞いてみました。

 

 

友達に聞いたカンボジアのイメージ

内戦やポルポト政権の虐殺

地雷

貧困

 

 

確かに、事実でもあると思うけど、その出来事って昔のカンボジアじゃん

しかも、なんかネガティブなイメージばっかりだった。

だから、私のインターンでの個人としての目標は今のカンボジアを正確に日本に伝えることです。

 

 

次回はインターン内容と営業で気づいたことを書いていきたいと思います。

ニックネーム設定なし

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 カンボジアサービス業の実態を知る!現地向け広告営業・取材インターンシップ

関連するインターン情報