海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【航空券付】幸福度No.1の国フィジーにて日本人留学生のサポートを行うインターンシップ

【航空券付】幸福度No.1の国フィジーにて日本人留学生のサポートを行うインターンシップ

/

フィジーにて、日本人留学生のサポートを行うインターンシップ。南太平洋に浮かぶ幸福度世界一の国フィジー共和国には、日本人の中高生100名以上が通う公立学校があります。スタッフとともに、親元を離れて南の島でがんばっている中高生のサポートをしてみませんか。

  • 期間:半年以上,約1年
  • フィジー
  • 複数職種に携わる

インターンシップ内容

フィジーの公立高校で高校生の成長をサポートするインターンシップ。リゾートのイメージがあるかもしれませんが、フィジーはまだまだ発展途上国の1つです。サバイバル力が身につく環境で、英語を使う環境で、フィジー生活に溶け込み、生徒の成長を一緒にサポートしてくれる方を募集致します。

 

 <インターンシップ例>

・生徒の出席確認
・クラブ活動や課外活動などの企画・運営
・日本人高校生のカウンセリング・相談
・生徒の警察、病院同行
・業務改善の提案
・受付業務
・ブログの更新
・郵便物の管理
・エクセル、ワードを使った資料作成
・データ更新作業
・その他雑務

 

インターン内容①     インターン内容②

身に付く力・得られる経験

・英語力
一緒に勤務することになるアシスタントコーディネーターのShainazは早口かつおしゃべりなので、英語力が鍛えられます。

・交渉力
テキトーなフィジー人との交渉を経ることで、交渉力がアップします。

・カウンセリング能力
中高生相手のカウンセリングを経験し、傾聴力、問題解決能力がアップします。

・サバイバル能力
停電、断水など日常茶飯事の発展途上国なので、サバイバル能力がアップします。

こんな人を求めています

・1年間の勤務が可能な方
・改善マインドを持っている方
・何事も前向きに取り組める方
・英語力をお持ちの方
(日本人相手の業務が多いですが、ローカススタッフとの交渉等が必要となる場合があります。そこまで高い英語力は求められません。)

募集要項

インターンシップ先国
フィジー
インターンシップ先都市
ラウトカ
インターンシップ期間

半年〜

※渡航費の返金額は規定に基づき、半額~満額フィジードルで返金となります。契約期間を満了出来ない場合は返金はありません。

インターンシップ日数、時間

平日:8:00~17:00

完全週休2日制(土・日・祝祭日)
年末年始に2週間ほどの休暇有り

報酬・手当

・渡航費支給(半年〜満了した際に渡航費相当額をフィジードルで返金。渡航費の返金額は規定に基づき、半額~満額となります。)

・500フィジードル/月
・寮を無償提供

必要なスキル・資格

・英語(英語面接がありますが、それほど高い英語力は求められません)
・発展途上国でも生きていける根性

<あると望ましいスキル>
・海外滞在、就学、就労経験のある方
・中高生と接する仕事を経験された方

担当者からのメッセージ

組織が小さいため、インターンシップであっても組織運営に大きく関わることができます。

もしかしたらあなたが関わる生徒の人生に大きな影響を与えるかも!
教育に興味がある人、組織改革に興味がある人、フィジーという国に興味がある人、発展途上国に興味がある人、ぜひご応募下さい。

企業紹介

企業紹介

 

<この仕事を選ぶべき7つのポイント!>
1.幸福度世界一の国フィジー共和国でインターン経験を得ることができる!
2.外国人(フィジー人)相手の交渉を重ねることでスキルアップができる!
3.小さい組織なので、インターン生でも組織改革に携わることができる!
4.担当生徒が伸びた時や問題を解決したときなど、達成感を感じられることができる!
5.高校生の成長を間近で感じられる!
6. 就業時間後、自分を成長させるための時間を確保できる!
7.年末年始は3週間の休暇があるので、フィジーを満喫できる!

事業内容
・日本人留学生サポート
フィジー共和国にある公立学校で日本人留学生受入のサポートをしています。
生活面では、ホームステイのアレンジ、学生ビザの手配、諸トラブルの対応などを行っております。

セクションを非表示 - 告知情報(※顧客あるいは求職者に公開されます)告知情報(※顧客あるいは求職者に公開されます)
従業員数
留学生サポートオフィスには、3名のフィジー人スタッフと、4名の日本人スタッフ(コーディネーター3名、上司1名)、その他英語教師数名が勤務をしています。
使用言語
日本語(50%)
英語(50%)
経営者プロフィール

1972年、福井県生まれ。上海の同済大学物理学部へ進学。その後、建築学部に転部。のちに、自主退学。香港で不動産会社に就職。その後、中国とのコンサルタント協同組合を設立、4年間で年商3億円の規模に拡大させる。とある縁から訪れたフィジーに興味を覚え、フィジーでの起業を決意する。2010年フィジー共和国にてBa Provincial Free Bird Instituteを運営開始。

タイモブからのメッセージ

公立高校での海外インターンシップ!フィジーの子どもたち・日本から留学に来る高校生たちの成長を徹底的にサポートします。英語が自分次第でどれだけでも話せる環境で

誰かのためにとの思いを持ち、教育分野のインターンに関わりたい方募集中です!!

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連タイモブログ

応募する 相談する