海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/文章が苦手でも大丈夫!分かりやすいブログを書く方法

文章が苦手でも大丈夫!分かりやすいブログを書く方法

  • 虎の知恵

文章が苦手でも大丈夫!分かりやすいブログを書く方法

文章を書く子ども

 

みなさんこんにちは!

タイガーモブのWebマーケティング担当の小川です。

今回はブログの書き方について説明します。

是非タイモブログを書くときの参考にしてください!

 

 

■そもそも、なぜブログを書くのか

 さて、タイガーモブサイトに数多くアップされているタイモブログ。

海外インターンに参加すると「ブログ書いてアップしてね!」と言われますが、

なぜブログを書く必要があるのでしょうか。

その理由は2つあります。

 

 

文章を書くことによって自分自身の考えを整理するため

文章に書くことは、他者に自分の考えを分かりやすく伝えることです。

そのためには自分自身の考えを明確にしなくてはいけません。

例えば、海外インターンの参加目的は?と聞かれたときによくよく考えてみると

自分の中でも明確になっていなかった、という人もいるのではないでしょうか。

他人に分かりやすく伝えるために、自分の考えを整理すると

自分でもやんわりしていたものが明確になることが多々あります。

是非自分自身の考えを整理するという目的でブログを書いてみてください。

 

 ひらめき

 

 

②より多くの人にあなたの経験を知ってもらうため

あなたの友達や先輩、後輩、家族などに海外インターンでの経験を

発信する場としてタイモブログが存在します。

あなたが海外インターンで何をしたのか、何を感じたのか、これからどうしていきたいのか。

このようなことをタイモブログに書いてどんどん発信していきましょう。

 

 

■読んでもらえる文章を書くポイント

まずは、読んでもらえるブログを執筆するためのポイントを3つご紹介します。

 

 

①タイトルで読者の心をつかむ

タイモブサイトでタイモブログ一覧を表示すると

初めに見えるのはブログのタイトルです。

ブログを読んでもらうためにはクリックしたもらうことが必要です。

そのためには、読者が見たときに興味を持つような

タイトルでなくてはいけません。

タイトルを考えるときは以下のことに注意してください。

 

 

  1. 1. どのような人に読んでもらいたいか(ターゲット)を考え、
  2.  その人が興味を持ちそうなキーワードを使う

まずは、対象とする読者(ターゲット)をはっきりさせることが大切です。

その記事を読んでもらいたい読者が興味を持つようなタイトルを付けましょう。

 

 

2. そのブログを読んだときのメリットを具体的に記載する

読者に読んでもらうためには、そのブログを読んだときに

どのようなメリットがあるのかをタイトルで伝える必要があります。

なるべくシンプルに記載するのがコツです。

 

 

3. 文字数は30文字以内に収める

これは表示できる文字数の関係です。。。

タイモブログに表示される文字の上限は30文字までです!

折角良いタイトルを思いついても、文字数が多くて全て表示されなかった。。。

そうなってしまったらとても勿体ないですよね。

ちなみに検索エンジンの検索結果に表示される文字数は32文字です。

覚えておきましょうね!

 

 

②構成から考える

文章は構成で決まると言っても過言ではありません。

文章の構成をしっかりと考えると

「何を伝えたいのか」「どのように伝えるべきか」

が明らかになり、より伝わりやすい文章になります。

文章の流れを自分自身で考えられるとベストですが、

慣れないうちは三段論法やPREP法などの型を真似すると良いでしょう。

また、構成を考えるのと同時に、小節ごとに見出しを入れるようにしましょう。

理想的なのは見出しをつないだだけで文章の全体像が分かることです。

 

※三段論法

「大前提」「小前提」「結論」の順に話を展開する。

初めに一般的な事象を定義し(大前提)、次に具体的な事実を定義(小前提)、

最後に結論を出す(結論)。

 

※PREP法

「Point」「Reason」「Example」「Point」の略。

結論を述べ(Point)、その理由を説明し(Reason)、

それを裏付ける具体例を示し(Example)、

最後にまとめとしてもう一度結論を言う(Point)。

 

文章の構造化

 

 

③できるだけ具体的に書く

タイモブログを執筆する際には、実際にあった経験を書くことが多くなると思います。

その際にはその情景をなるべく具体的に記載しましょう。

しっかりとしたストーリーになっていると読み手はわくわくします。

エピソードの中で何があったのか、どのような会話があったのか、

その時にどんな感情になったのかをできるだけ具体的に書くように意識してください。

 

 

■より読みやすくなるテクニック

次に、よりブログが読みやすくなるテクニックをお教えします。

こちらも参考にしてみてください。

 

 

①中学生でも理解できる分かりやすい文章を書く

文章はできるだけ分かりやすく書きましょう。

理想は中学生でもわかる文章です。

難解な言い回しは避け、分かりやすい表現を使いましょう。

難しい漢字もひらがなに直します。

また、業務の中で専門用語が出てくることもあると思いますが、

たいていの読者は専門用語を出されても理解することができません。

専門用語は易しい言葉に直すか、注釈を入れましょう。

 

誰でも理解できる文章を書きましょう

 

 

②適宜改行を入れて見やすくする

文章を読みやすくするためには見た目も大切です。例えば改行もその1つです。改行が少ない文章は、詰まっていて読みにくいと感じたことはないでしょうか。文章を読みやすくするために、適宜改行を入れる、もしくは行間を取るようにしましょう。そうなると縦に長くなってしまうのでは?と疑問に感じるかもしれません。しかし、最近はスマホで画面をスクロールして読み飛ばす人が多くなっているため、webページが縦に長くなっても読みにくくはなりません。なので、行間を取って見やすくすることが大切です。ちなみに、タイモブのサイトのユーザーの半数以上はスマホで見ています。

 

今の文章、改行がなくて読みずらかったですよねw

 

 

③文字の大きさや色を工夫する

先ほど文章の見た目も大切だと言いましたが、

文字の大きさや色を工夫することでより見やすくすることができます。

見出しの文字の大きさを変えるのはもちろん、

特に強調したい部分の大きさや色を変えてみると

より読みやすく、分かりやすい文章になります。

 

見やすいように文字の色を工夫してみましょう

 

 

④画像を挿入する

文章の内容をよりイメージしやすくするために途中途中に画像を挿入しましょう。

インターン中の写真を使えば、

その時の情景や感じたことがより読者に伝わりやすくなります。

文章にマッチする写真がない場合でも、

ネット上のフリー素材を使えばイメージがしやすいですね。

因みに、他のサイトの画像などを自分が書いた文章に引用する場合は、

元のサイトのURLやタイトルを記載して出展元を明確にしないと

著作権の侵害になります。

なので、画像をネットで探す際はフリー素材を使うことをお勧めします。

 

 

以上、今回はブログの書き方をご紹介しました。

これを活かして、みなさんのインターン経験をどんどん発信していってくださいね!

 

 

タイモブログを読む

関連タイモブログ

参加する 話を聞く