海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:カンボジアの若者の買い物事情について調べてみた話!

カンボジアの若者の買い物事情について調べてみた話!

Kaz@Cambodia
  • 2017/10/21 00:00
  • カンボジア
  • 企画・マーケティング,新規事業
  • インターン前

こんにちは!11月からカンボジアのプノンペンでインターンをさせていただくKaz@Cambodiaです!

 

 

カンボジアに行くのは初めてでどんなところなのか行く前にできるだけ知識をつけたいので、少し調べてみようと思います!

 

 

昔日本町があったり、かぼちゃの語源になっていたりと日本とも関わりがあるカンボジア。

今回はそのカンボジアの若者の買い物事情にフォーカスしたいと思います!

 

 

 

 

本題に入る前にまずはカンボジアの基本データを確認してみましょう。

 

 

 

member_blog_1586_59ea12aec0c33.jpg 

 

 

 国名:カンボジア王国

 

 人口:1470万人(2013)

 

 公用語:クメール語(カンボジア語)

 

 首都:プノンペン

 

 GDP177億米ドル(2015年)

 

 

 

 

 

 

となっています。世界遺産のアンコール遺跡は有名ですよね!

 

 

公用語のクメール語をほんの少し勉強したのですが、文字のシステムも発音も日本語とは全く違う部分があり、かなり難しいように感じました。

 

 

GDPは他国に比べても低く、カンボジアは国連から後発開発途上国と定められています。しかし最近の経済成長は著しく、日本企業も注目のアジアのフロンティアです。

 

 

 

member_blog_1586_59ea13c6491f4.jpg 

 

カンボジアについて調べ思いを馳せるなかで、僕が今回行くプノンペンの若い世代の消費活動に特に興味を持ちました。

 

 

 

自分と同じ世代のカンボジアの人たちはどんな生活をしているのか?彼らはどんなものを着てどんなものを食べているのか?

 

 

 

 

実はカンボジアはとても若い国で人口の6割が30歳以下なんです!そして国民の平均年齢は24。少子高齢化が進む日本とは真逆ですね。

 

これはポルポト政権時代の悲しい過去が原因です。今のカンボジアは若い世代が大半を占めていて活気があるようです。

 

 

 

 

そんな若者たちはどんなもの(商品)に興味があるのでしょうか目新しいものでしょうか?

 

 

ある市場調査会社によるとカンボジアの若者は...

 

 

 

 

   特定のブランドに対するこだわりはあまりない

 

 

   他の人とは違ったユニークな経験を欲している

 

 

   他の国の文化の影響とカンボジア古来の文化をうまく組み合わせたものに魅力を感じる

 

 

 

 

 

という傾向があるようです!僕が特に興味を持ったのは③です。外国から入ってくる目新しいものに興味を持ちつつも、カンボジア独自の文化を大切にしたいということでしょうか。

 

 

 

 

最近の急激な経済発展を背景に若者の購買意欲もどんどん高まっているようです!

ものを売りたい企業にとってカンボジアは大きなマーケットなのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

またSNSなどオンラインの情報も若いカンボジア人の消費活動に影響を与えているのかもしれません。

 

 

カンボジアでは携帯電話を持つ人が急激に増えました。2015年には携帯電話普及率133となっていて、スマートフォンを持っている人も多いようです。

 

 

他の国と同じく、カンボジアでも若い人がスマートフォンをもつのは当たり前になっているようですね。

 

 

 

 

member_blog_1586_59ea1583e3aba.jpg

 

 

携帯電話普及率急増をうけて同様に増えているのがFacebookInstagramなどのSNSユーザーの数

カンボジアのFacebookユーザーの数は480万人で、18歳から24歳の人の約4割はFacebookを使っています。

 

 

 

つまり、

Facebook上での人気を調査すればカンボジアの若者が何に興味があるのかヒントになるのではないか?

 

 

と考えて調べてみました。

 

 

 

カンボジアでブランドのカテゴリーにおけるFacebook人気ページは、

 

 

 

通信サービス会社、写真屋、ファッションブランド、テレビ会社、電器屋

 

 

 

などでした。

 

 

Facebook上ファン数のランキング上位には通信サービス会社のページが数多く入っていました。これはSNSの人気や携帯電話普及率増加が影響しているんでしょうか。

 

 

 

 

以上がカンボジアの若者の買い物事情について調べてみてわかったことです!もちろん詳しいことは実際に行ってみないとわかりません。調べた通りなのかもしれないし、実際はぜんぜん違う可能性もあると思います。

 

 

若く、いま急速に成長している国カンボジアに行って、いまどのようなものが必要とされているのか、カンボジアの人々は成長をどう捉えているのか今回のインターンを通してしっかり観て学んできたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

出典

 

 

B2B Cambodia from https://www.b2b-cambodia.com/articles/the-trends-of-the-cambodian-millennial-consumer/

 

 

Geeks in Cambodia from http://geeksincambodia.com/cambodias-2017-social-media-digital-statistics/

 

 

Kantar Tns from http://www.tnsglobal.com/intelligence-applied/millennials-seek-unique-experiences

 

 

Socialbakers from https://www.socialbakers.com/statistics/facebook/pages/total/cambodia/

 

 

外務省カンボジア基礎データ from http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/cambodia/data.html

 

 

世界情報通信事情 from http://www.soumu.go.jp/g-ict/country/cambodia/detail.html

 

 

Kaz@Cambodia

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 720名のローカルスタッフと一緒に店舗創り・事業開拓を担うインターンシップ

関連するインターン情報