海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】アフリカの奇跡ルワンダの飲食店で企画立案とwebマーケを担うプロジェクト

【オンライン】アフリカの奇跡ルワンダの飲食店で企画立案とwebマーケを担うプロジェクト

/

創業から4年、ルワンダ人だけでなく、現地に住む外国人にも愛されている人気のレストランです。社長はリクルート出身であり、二児の母。今回は、マーケティングからオペレーションまでアフリカにおける経営戦略を共に創っていく右腕のような存在になってくださる方を募集します。

  • 期間:3ヶ月以上,半年以上,約1年,日数・時間が相談可
  • ルワンダ,オンライン
  • 企画・マーケティングに携わる

インターンシップ内容

 ◆アフリカの奇跡ルワンダの飲食店で企画立案とwebマーケを担うプロジェクト

リクルート出身の女性起業家がつくる、ルワンダで欧米人やルワンダ人に愛されているアジア料理レストランでのオンラインプロジェクトです。コロナウイルスの感染拡大による影響は、アフリカルワンダにも及んでおり、代表自身は、ルワンダに二児の子供たちと一緒に残留中。子育てをしながら、レストランの経営に悪戦苦闘する日々を過ごしています。

創業当時からブラさないリピーターの方々に愛されるお店を作るという理念のもと、こんな状況下でも沢山のお客さんがご活用くださり、コロナ禍では、特にテイクアウトとデリバリーでの販促に力を入れるなど、状況に合わせて営業しています。

 

ルワンダで飲食業を営むには、コロナにもまして、様々な問題が日々おきます。最近は、POSシステムの導入や提供価値にこだわった商品のメニュー開発、それに伴うWEBマーケテイング戦略等、沢山のことにチャレンジしましたが、まだまだやらないといけないことは山積みです。

是非、女性社長の右腕として、コミュニケーションをとりながら、事業を推進していくために必要なことを共にガシガシ進めて頂ければと思います。

 

 ◆オンラインプロジェクト内容

オンラインプロジェクトの詳細についてはこちらを参考にご覧ください。

コロナで、ルワンダの状況は一変しました。新規感染者も1日200人を超え(9/4現在)、経済と感染症対策の両立を迫られています。現在、飲食店を取り巻くビジネス環境は一変しており、コロナでデリバリー需要が大きく増えてきました。

リピーターのお客様により気持ちよくサービスを使っていただくには?ルワンダメンバーのオペレーションをどうするべきか?日々、悩みはつきません。そんな悩みを共に取り組んでくださる方がいれば、是非ご自身のやりたい×得意なことに挑戦していただければと思います。

 

下記、プロジェクトの内容の一例です。 

①WEBマーケティング戦略作成・実行
・集客企画:特にオンライン・テイクアウトの集客UPを目指した施策を立案し実装していきたいです。アイデアはたくさんあった方がいいので、週1で社長とミーテイングを行い、アイデアや知恵を共に形にしていければ幸いです。

 

・戦略作成・実行
このお店がお客様に選ばれ続けているのは、安定したサービスと、料理というコンテンツ。コロナ禍で多くの飲食店が苦境に立たされており、ここも例外ではありません。ですが、お客様が求めているものが、空間というよりは、料理そのものであるので、デリバリーでの需要はむしろ増加しています。どうすればもっと、デリバリーの利便性を追求できるか。対面が難しい今だからこそ、オンラインでのコミュニケーションはどう磨けるか。そこに一緒に知恵を絞り、打った試作での、売上や件数などの数字の変化を見て、週に一度のミーティングでPDCAを一緒に回してくれる人を募集しています。

 

②その他、プロジェクトを企画し、実行

例)オンライン受注システムの作成

・オンラインで本レストランの受注を獲得できる仕組みを作ること:少し難しく感じるかもしれないですが、システム周りをご一緒できる方がいればとっても嬉しいです。データ分析が得意な方や、システム周りの設計を考えるのが得意な方に、是非ご応募いただければ幸いです。

 

・その他ご自身が企画から実装までやりたいことがあれば、相談の上、実装できる可能性があります。

 

  

身に付く力・得られる経験

・社長直下で経営という視点を間近で学べる
・日本とは違った経営(特に飲食店経営)の戦略を学べる
・裁量権持って自分がやりたいことに挑戦できる
・自分の得意を活かせる仕事ができる
・課題設定から解決策立案、実施までを自分自身でこなす力が身につけられる

こんな人を求めています

・社会貢献をしながら、自分自身を大きく成長させてみたいと考えている人。

・日本にいながら海外と関わる仕事に興味を持っている人。

・企画の立案・実行や、ソーシャルメディアの運用など実際の企業活動に関わってみたい人。

・枠に囚われず生きていきたいという方、海外での生活に興味がある方

 

募集要項

インターンシップ先国
ルワンダ オンライン
インターンシップ先都市
キガリ
インターンシップ期間

最低2週間~(取り組むプロジェクト内容により応相談)

※オンラインプロジェクトについてはこちら

インターンシップ日数、時間

週2回、毎回2時間程度以上を想定(取り組むプロジェクト内容により応相談)

報酬・手当

ルワンダにお越しになることがあれば、弊社レストランで食事が出来る権利をプレゼントいたします。

※食数は稼働日数や貢献度につき、応相談とさせていただきます。

必要なスキル・資格

なし

担当者からのメッセージ
アフリカを経験するチャンスは他にもありますが、実際に数年事業を回してきた会社の経営・オペレーションに、社長と近い距離で関わることのできるインターンはなかなかないと思います。 また、このコロナ禍で飲食店は既成概念に囚われないアイデアや工夫が求められ、オンラインでの可能性が高まっています。日本からでも付加価値を提供できる機会とも言えます。実際にオンラインでのインターン生募集は初めてで、これまでは現地に来れる方に限定されてきました。時間や場所に制約のある方にもご参加いただけます。 今だからこそできることを、是非一緒に挑戦しましょう!
 

企業紹介


 

2015年末、キガリにてオープンしたタイ料理屋。メインはタイ料理ですが、アジアの料理を幅広く取り扱っています。お客様は、ルワンダの方のみならず、ルワンダ在住・旅行中のアジア人、欧米人、周辺国の方々など、ワールドワイド。
日々様々な方とお会いする機会がありますし、マーケティングも日本と違った面白さがあります。
既存店は小さなお店ですが、「当たり前のことを当たり前にやりきる」を信条に、日々お客様と会話し、改善し、反応を見て、また改善し、という細かいPDCAを4年回し続け、利益を上げることができています。
高頻度でご来店くださる常連さんが多く、「美味しいアジア料理が食べられる」「注文後料理がすぐに出てくる(ルワンダでは注文後1時間程度待たされる場合も多いため)」「ホスピタリティが素晴らしい」と、お知り合いの紹介などにつながるサイクルを作ることができています。
2020年、その既存店で培ったノウハウを活かしつつ、他店舗展開を計画中です。
事業内容
アジア料理屋経営
従業員数
23人(日本人1名、ルワンダ人22人)
使用言語
社内:日本語5割、英語5割
社外:英語10割
経営者プロフィール

早稲田大学法学部卒業後、2008年株式会社リクルート(当時)に入社。人材事業領域にて営業、企画を経験。2015年退職後、当時5歳の息子を連れて単身(?)ルワンダへ。
モットーは、「当たり前のことを徹底的にやりきる」

タイモブからのメッセージ

日本の大手企業で法人営業・事業開発を経験した後、ルワンダに移住し、アジア料理レストランを立ち上げた唐渡さんの元で、共に経営戦略を考えて実行していきたい人にオススメのプロジェクトです!想定外のことが起こりまくるルワンダで、ぜひ事業拡大に向けて奮闘しましょう。

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する