海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/インドネシアの教育系企業にてに日本語教育&人材育成のインターンシップ

インドネシアの教育系企業にてに日本語教育&人材育成のインターンシップ

/

インドネシアの教育系の企業にて人材育成に携わっていただくインターンシップです。累計100名以上の送り出し実績を持つ、介護士を養成するトレーニングセンターです。日本で、今後働く可能性のあるインドネシアの若者が通う日本語学校の運営や情報発信を行っていただきます。

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • インドネシア
  • 海外と日本をつなぐ

インターンシップ内容

世界第4位の人口を誇るインドネシアで、日本の教育系のベンチャー企業と共に、インドネシアと日本の未来を共に創り上げるインターンシップです。

 

◆インターンシップ内容

①日本語・日本の文化授業
将来日本で働くインドネシアの若者のために、日本の文化授業を担当していただきます。
学生が実際に日本に渡航した後に仕事で困らないように、日本人との会話に慣れるような授業を企画・実行してもらいます。
また、日本での仕事内容についても勉強していただき、どんな仕事なのか?をインドネシア人学生に教えて、一緒にキャリアを描くところまでやっていただきたいと考えています。

②当日本語学校の運営
学校では、日々たくさんの問題が発生します。その問題について社員と一緒になって考えて、解決をしていってもらいます。論理的に考えるだけではなく、人の気持ち寄り添った解決法が身につきます。

③SNSなどでの情報発信
日本に興味を持ってくれる人を増やすために、FacebookやInstagram、その他のSNSやメディアでの発信をしていただきます。どうすれば興味をもってもらえるかを一緒に考えましょう。

 

 

身に付く力・得られる経験

・インドネシアの若者に日本語を教える先生としての経験 / ノウハウ
・外国における人材育成ビジネスにおける経験
・ひとつの学校をマネジメント、運営する経験
・文化が異なる人たちと一緒に働く能力 ・様々な年齢層・業界の社会人とのネットワーク
・日本と外国の歴史を肌で感じる経験

こんな人を求めています

必須:
・インドネシアで挑戦してみたいという気持ち
・誰とでもコミュニケーションができる能力

歓迎:
・インドネシア語初級
・海外での留学、インターンシップ経験(長期の旅行経験も歓迎します)

募集要項

インターンシップ先国
インドネシア
インターンシップ先都市
インドネシア/ブカシ県
インターンシップ期間

2ヶ月~6ヶ月
※開始時期は問いません。いつでもお待ちしています!

インターンシップ日数、時間

月曜~金曜、8:00~17:00
※勤務時間の相談は可能です。
※月に1回ほど、土曜日の出勤がある可能性があります。

報酬・手当

給与:5,000,000Rp(約38,000円)
住宅:社宅を提供

必要なスキル・資格

・必要最低限のPCスキル
※英語力は問いません。

熱い気持ちがあれば、現在の能力は特に問いません

担当者からのメッセージ

私は学生時代に海外でのインターンシップを経験し、その後の人生が大きく変わりました。今はインドネシアで働いていますが、以前はシンガポール、ミャンマーでも働いた経験があります。そうやって海外で活躍できている元にあるのは、学生時代の経験です。

大変なこと、辛いことはたくさんありますが、一緒に乗り越えて行きましょう。

シンガポールでもミャンマーでもインターンシップ生と一緒に働き、それぞれの活躍・成長を肌で実感してきました。みなさんのインターンシップも、人生を変えるきっかけとなるはずです!

企業紹介


当社グループは、インドネシアと日本との協力関係を通して、インドネシアの社会の発展に寄与するという創業者の思いが形となり、2008年11月に設立されました。日本に在住し、日系企業において管理職、技術者として勤務した創業者の経験を通して、インドネシアの若者達を教育し、彼らに日本で学び、働く機会を与えたいと考えています。

事業内容
①日本語学校の運営
②日本への人材紹介

グループ会社では、以下の事業も行っております。
・インドネシア国内での人材紹介
・飲食店運営
・語学学校運営(英語、日本語、インドネシア語)
・翻訳、通訳
従業員数
従業員数30名(日本人2名、インドネシア人28名)
グループ全体200名(日本人5名、インドネシア人195名)
使用言語
社内:日本語7割、インドネシア語3割
社外:インドネシア語7割、日本語2割、英語1割
経営者プロフィール

看護学科の短期大学を卒業し、EPAプログラムの第1期生として2008年から2015年まで、茨城県の介護施設に勤務。インドネシアに帰国後、2015年から2018年までジャカルタの医療コンサルタント会社に勤務し、2018年9月にPT. MINORIの介護実習生部門責任者として入社、2018年12月のPT. NAGOMI KAIGO GAKKOの設立と共に、同社の取締役に就任。2016年から2018年まで、EPAプログラムのフリーランス通訳としても活躍。日本語能力試験N1級と介護福祉士の国家資格合格。

タイモブからのメッセージ

世界第4位の人口を誇るインドネシアで、日本のベンチャー企業と共に、インドネシアと日本の未来を

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する