海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/インドにて0から1を創る、ソーシャルビジネスベンチャーにて社長直下で関わるインターンシップ

インドにて0から1を創る、ソーシャルビジネスベンチャーにて社長直下で関わるインターンシップ

/

舞台はインドのグルガオン。インドの女性貧困問題を解決するため、家事代行サービス事業を社長の右腕として一緒に立ち上げていくインターンシップです。サービス開発やオペレーション構築から営業まで、新規事業立ち上げに関わる様々な業務に携わります。

  • 期間:3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • インド
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,過酷な環境に飛び込む,日本の価値を伝える

インターンシップ内容

◆インドにて0から1を創る、ソーシャルビジネスベンチャーにて社長直下で関わるインターン

インド都市部で、貧困に苦しむシングルマザーの女性と学校に通い続けられない子供の貧困問題を目指しています。

インドの女性を雇用し、安定した収入と人間らしく働ける環境を提供することで、貧困問題解決を目指しています。母親としての強みである家事スキルに付加価値を付け、プロフェッショナルなハウスキーピングサービスを駐在員、インド人富裕層に対して提供しています。

あらゆる業務を通じて、事業の立ち上げ期からビジネスを通じて社会問題を解決するソーシャルビジネスとは何か、事業を創るとはどういうことかを学べるはずです。

 

まさにこれから事業を立ち上げるフェーズであるため、ビジネスをゼロから創っていく過程に携わって頂きます。

 

◆インターンシップ内容

社長の右腕として、新規事業立ち上げに関わる様々な業務に携わって頂きます。

・サービス開発

・トレーニングのカリキュラム開発、改善、実行

・採用企画~実行

・オペレーション構築、改善

・営業活動
(時期によって仕事内容は変わります。)

 

 

 

身に付く力・得られる経験

途上国でゼロからイチの新規事業を立ち上げる経験

・社会問題を解決するサービスを創る経験

・途上国の問題の本質を見極めて、解決策を自ら考える力

こんな人を求めています

・自ら率先してどんな仕事にも取り組める

・その仕事から問題点を見出し改善策を自ら考えられる

・その改善策を実行に移せる

・実行に移す際にまわりの人間を巻き込める

・ビジネスを0から作るゼロ→イチの経験を積みたい

・途上国の貧困問題を解決したい

・インドの社会問題に関心のある

募集要項

インターンシップ先国
インド
インターンシップ先都市
グルガオン
インターンシップ期間

3か月以上

※短期希望の方はご相談ください。

インターンシップ日数、時間

月ー土 9:00am-6:00pm

報酬・手当

・半年以上の方:住居補助。

・半年未満の方:条件面は要相談。

必要なスキル・資格

【必須】

・基本的なWord、Excel、PowerPoint

・英語(日常会話程度以上)

【優遇】

・ヒンディー語

・料理が好き、得意な方

担当者からのメッセージ

2019年6月にスタートした事業。

学歴やスキルがないためどこにも雇用されない女性の貧困問題解決を目指すソーシャルビジネスを行っています。女性たちがスキルを身に着けることで、誇りを持ってはたらき、子供たちが教育を受け続けられる未来を目指しています。本当にゼロからの新規立ち上げかつ、カオスでタフなインド市場での挑戦です。
インターン生としてではなく、一メンバーとして共に学び成長しながら、インドの女性、子供たちのために一緒に働きたいというパッションある方を求めています。

企業紹介


―子どもを学校に通わせたい、私と同じ道を辿ってほしくないの。

インドのスラムで出会った、メイドとして働くシングルマザーの言葉です。

彼女のようなお母さんたちの想いを叶えたいと思い、事業立ち上げを決意しました。

 

目覚ましい急成長を遂げるインド。一方で、貧富の格差はますます広がっており、約3億人が1日1.9ドル以下で生活しています。

貧しい人々は、地方から仕事を求めて都市部に出てきますが、教育を受けていないためどこにも雇用されず、多くの人は、個人のメイドや、ゴミを拾ってリサイクル業者に出すことで生計を立てています。

一人で子どもたちを養わなければならず、社会的地位の低いシングルマザーは特に厳しい状況に置かれています。低賃金、無休で働かざるを得ず、母親は教育の重要さを認識しているものの、子どもを学校に通い続けさせることができず、その子どももまた母親と同じように貧困から抜け出せずにいます。

 

そんなインドの女性の貧困問題を解決するための、家事代行サービス事業を行っています。

 

インドにはメイド文化があり、中間層以上のインド人のほとんどがメイドを雇っています。都市部では核家族化が進み、共働き世帯の増加に伴い、メイドのニーズは益々高まっています。

一方で、良いメイドさんを探す手間がかかる、時間通りに来ない、掃除の質が低い、物を盗まれてしまう等様々な問題が起きています。そんな顧客の問題を解決すべく、近年多くのメイドエージェントやマッチングアプリが出てきています。
私たちは、単に顧客の課題解決だけではなく、働くメイドさんたちがしっかりとスキルを身に着け、適切な賃金をもらい、誇りを持って働ける環境づくりをします。日本クオリティの高品質なサービスを目指し、質と信頼で選ばれるサービスを目指します。

 

事業立ち上げ初年度は、インドのビジネス都市・グルガオンにて、日本人向けに料理代行サービスを行います。

次年度以降は、外国人駐在員向け、インド人マーケットに向けて新規事業を立ち上げていきます。まずはグルガオンでモデルケースをつくり、3年目以降に、インド国内他拠点へ展開を目指しています。

将来的には、インド国内のみならず、メイド文化を持つバングラデシュなどにも展開していきたいと考えています。

事業内容
家事代行サービス事業(個人・法人向けハウスキーピング、料理等)
従業員数
代表1名
使用言語
社内:日本語
社外:英語
経営者プロフィール

学生時代にバックパッカーとして世界十数か国を行脚。偶然訪れたインドに魅せられ、何度も渡印する中で、理不尽な環境下に生まれたために、希望を持って生きられない子供たちとの出会いに衝撃を受け、貧困問題に関心を持つようになる。

大学を休学して、フィリピンの若者就労支援を行うNPO、インドの農村部で子供の教育支援を行うNGO、グルガオンのインド現地企業でビジネスインターンに従事。

その後、修行のため、パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)に新卒で入社し、約3年間人材紹介営業に従事。本業と並行して、ニート・引きこもりの若者就労支援事業のプロボノに参画。休暇中にはインドネシアのソーシャルビジネスプラットフォームにてインターンを行う。

社会人になってからも何度も渡印する中で、インドの貧困問題を解決したい想いが強くなり、ボーダレスジャパンに参画。約3か月でビジネスプランをつくり、インドにて創業。

 

ビジョンは、「どんな理不尽な環境下に生まれたとしても、誰もが希望を持って生きられる社会に」

タイモブからのメッセージ

インドにて、貧困に苦しむシングルマザーの女性と学校に通い続けられない子供の貧困問題に取り組む、女性起業家のもとでのインターンシップ。事業立ち上げ段階のため、社長の右腕として、あらゆる課題やタスクに立ち向かうことが求められます。ソーシャルビジネスの立ち上げ経験は、貴重な経験になること間違いなしです。社会課題に対して熱い想いのある方の挑戦をお待ちしております!

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する