海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/タイの語学学校で学校運営、日本語講師と新規事業を担うインターンシップ

タイの語学学校で学校運営、日本語講師と新規事業を担うインターンシップ

/

舞台は、タイにて拠点を5都市展開している語学学校。タイ王国文部省からも語学学校としてを認定を受けている、語学学校にて日本語の講師として学生と向き合いつつ、新規事業の開拓・拡大を担うことのできるインターンです!タイで10年以上ビジネスをやっている社長の方のもとで0→1に挑戦したい方にオススメです!

  • 期間:半年以上
  • タイ
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,専門性を極める,日本の価値を伝える,複数職種に携わる

インターンシップ内容

◆タイの語学学校にて学校運営、日本語講師と新規事業を担うインターン

当社では語学学校を中心として様々な形の異文化交流の場所を提供しています。語学学校ではタイ語、日本語、英語、中国語などを中心に様々な国の言葉が学べる環境を整えております。常に色々な言葉が飛び交う面白い職場です。出版会社では語学本を中心にタイ全土で販売を行っております。企画からすべて当社で考えているものから、他国から権利を買い取った本の翻訳販売まで多岐にわたります。また、タイPBS国営放送(日本でいうNHK)で日本の新しい情報を紹介する番組を制作しております。ただの旅行番組ではなく、日本の素晴らしい取り組みをタイでも多くの人に知ってもらえるような番組を作っています。

 

◆インターンシップ内容

1-日本語講師 

  タイ人向けに日本語レッスンコースの立案、授業を行う。

 

2-新規開拓営業 

  新規顧客獲得策の立案をおこない、新規獲得を目指す。 

  EXバンコクにある日系企業への営業。

 

3-本の編集出版の手伝い 

  当社で行っている翻訳出版のデータ編集、新規出版の企画。

 

4-学校運営 

  タイ人、日本人スタッフとチームとなり売上アップ、

  コスト削減など机上の計算ではわからない経営感覚を学ぶ。

 

5-ランゲージカフェ企画運営 

  学校内にあるランゲージカフェ運営を通して新規顧客へのアプローチ

  接客サービス業について学ぶ。

 

   

身に付く力・得られる経験

・運営している語学学校で英語、タイ語が無料で学べる

・日系企業とのやりとりで社会人マナーが身につく(日本のビジネスマナーが身につく)

・東南アジアの大都市バンコクで様々な人種との多文化交流を通じ、視野が広がる

・自身の行動が周りに大きな影響を与えることを実感できる

・成熟、未成熟市場が混ざり合うタイで様々なビジネスモデルに触れ合える

こんな人を求めています

・東南アジアが好きな人

・何事も前向きにとらえ、あきらめない人

・自分は運がいいと思っている人

・人とかかわることが好きな人

・言語、語学が好きな人

募集要項

インターンシップ先国
タイ
インターンシップ先都市
バンコク、シラチャ、パタヤ
インターンシップ期間

6か月以上

(1ヶ月程度の短期希望の方も大歓迎です。ご連絡お待ちしております)

インターンシップ日数、時間

週5日

9時から18時、もしくは12時から21時

報酬・手当

・英語もしくはタイ語レッスン無料

・半年以上の場合、学生ビザ支給

必要なスキル・資格

特になし

担当者からのメッセージ

2007年からタイに住んでいます。タイ人との仕事、タイ社会でのビジネスなど海外ならではの日本での仕事との違いを色々と経験してきました。その経験を皆さんのインターンシップにも活かしてもらえればと思いますので、なんでもわからないことがあれば聞いてください。よろしくお願いします。

企業紹介

 

タイのバンコク、シラチャ、パタヤの3都市で学校運営、出版社、TV番組制作をおこなっています。

言葉だけではなくその文化風習を学び、その国についての理解を深めてもらう】ことをモットーに活動しております。事業内容以外にも柔軟に色々と対応できると思っておりますので、私はこんなことがしてみたい!という方からのご連絡も大歓迎です。

事業内容
・語学学校 バンコク、シラチャ、パタヤでの教室運営(5店舗)
・出版 タイ人向けに日本語、英語、中国語などの語学本出版
・TV番組制作 タイPBSにて日本を知る番組を制作
従業員数
52名(日本人9名、タイ人42名、イギリス人1名)
使用言語
社内:タイ語2割、英語3割、日本語4割 (店舗で若干の違いあり)
社外:同上
経営者プロフィール

共同経営者

1979年東京生まれ。2003年法政大学経営学部経営学科卒。

 

大学在学時にベンチャー企業論を専攻、漠然と起業をしてみたいと考えるも一般企業へ就職。就職した会社は雰囲気もよくとてもいい会社だったが、2007年知り合いからタイでの起業に誘われタイへの移住を決意。ところがタイにつくとその話はなかったことに。その時感じていたタイでビジネスするチャンスはやがて来るという根拠のない自信でひたすらタイ語の勉強を始める。2009年から当社の共同経営を開始。その後出版事業、TV番組制作事業を中心に事業を展開。

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP

応募する 相談する