海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ドバイにて日本企業の海外進出のサポートを担うインターンシップ

ドバイにて日本企業の海外進出のサポートを担うインターンシップ

/

200か国以上の国籍の人々が住んでいるドバイにて、日本企業の海外進出支援を担うインターンシップ。営業やマーケティングを行いながら、英語力のブラッシュアップはもちろん、様々な宗教や文化の交流もできる点が魅力です。海外で結果の出せる人材になりたい!そんな方のご応募をお待ちしています。

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • ドバイ
  • 企画・マーケティングに携わる,日本の価値を伝える,複数職種に携わる

インターンシップ内容

皆さんの希望とスキル、タイミングを見て、アシスタントとして活動いただきます。

 

①営業アシスタント(現地企業への日本商品の売り込みやマーケティング)
②Global Villageでの接客販売
③現地ローカルスーパーでの接客販売
④広報活動(ドバイに進出する企業を増やす施策のひとつとして行っている、ブログの記事作成)

⑤ビジネス視察のアシスタント(日本からドバイへ視察に行く企業のアテンド)

 

インターン内容     インターン内容②

身に付く力・得られる経験

・英語での交渉力
・ビジネスの推進力

こんな人を求めています

・「英語ができる」「海外経験豊富」よりも「ハングリー精神」のある方
・計算通りにいかないことを楽しめる方

募集要項

インターンシップ先国
ドバイ
インターンシップ先都市
Dubai Aviation City
インターンシップ期間

1か月以上

インターンシップ日数、時間

応相談

報酬・手当

面談時に本人の希望・スキル等を考慮した上で、決定します。

必要なスキル・資格

・海外での滞在経験(新興国での滞在経験がある方が望ましい)のある方
・英語力:スコアではなく、海外で生活できる英語力を最低条件とする

担当者からのメッセージ

ドバイにて、営業職やマーケティング職を経験して頂きます。

 

ドバイは、地元の人々は人口の2割弱、残りの8割近くは別の国から仕事をするためにドバイに移住してきている人たちという首長国です。

そのため、ドバイを歩いていると服装も、肌の色も、話す言葉も様々です。中東はもちろん、インド、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど200国以上の国籍の人が住んでいます。

日本人にとっては比較的馴染みのない国の人とも知り合えます。

 

ドバイを含むアラブ首長国連邦はもちろん、GCC諸国の方々がEUのようにパスポートなしで行き来できるため、人の往来がたくさんあります。

イスラム教の厳格さもそれぞれです。

 

英語力のブラッシュアップはもちろん、様々な宗教や文化の交流ができる点もドバイでのインターンのメリットです。

 

海外で結果の出せる人材になりたい!どんな環境でもやっていける力を身に着けたい!と考える方からのエントリーをお待ちしてます。

 

少しでも、興味があるな~と思った方は、気軽にご連絡くださいね。

企業紹介


私たちは日本企業の海外進出支援を主軸とし、その他いくつかの国内の代理店事業を行っています。
①日本企業に海外進出の足掛かりとなるドバイ市場への進出計画を提案。
②ドバイで展開する日本企業の常設展示会場兼営業所であるJTC(Japan Trade Centre)を活用し、現地での活動をサポート。ドバイで開催されている各種展示会やイベントへの出展も実施。
③また現地でのF/S(フィジビリティスタディ)や商談・営業代行なども行っています。

事業内容
・日本企業の海外進出支援(販路開拓支援)
弊社は近年成長著しい貿易都市であるドバイに現地法人を置き、中東・アフリカ・西アジアを含むGCCとMENASA経済圏にヨーロッパ地区を加えた30億人規模の巨大市場へ向け、made in Japan , produced by Japan を発信、輸出している企業です。
従業員数
38名
日本、フィリピン、エジプト、ベルギー、サウジアラビア、アフガニスタンなど
使用言語
社内:日本語
顧客:ドバイの企業⇒英語又はアラビア語、日本企業:日本語
経営者プロフィール

インターネット、OA機器などさまざまな情報通信サービスの営業現場を経て、99年に光通信の本体取締役に28歳で就任。インターネットメディア事業、パートナーシップ事業、業種特化事業など、数々の法人向け事業で国内トップシェアを獲得。マザーズやJasdaq上場企業など数社の代表者、光通信の常務取締役を歴任し、業界のネットワークを構築。

インターネットの普及によるグローバリゼーションの到来と国内市場の長期低迷からの脱却のために、日本企業の海外進出の必要性を感じ、 09年に弊社を創業、同社代表取締役社長に就任。3年間のアリババを通じた海外進出事業を経験し、より総合的な中小企業支援体制を目指し、13年に同社を商号変更し、現在に至る。

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する