海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【6月12日開催】ウェルビーイング×仕事~人生を豊かに生きるための幸せと働き方とは~【学生・社会人向け】

【6月12日開催】ウェルビーイング×仕事~人生を豊かに生きるための幸せと働き方とは~【学生・社会人向け】

  • 虎の知恵

【6月12日開催】ウェルビーイング×仕事~人生を豊かに生きるための幸せと働き方とは~【学生・社会人向け】

ヒトの心の豊かさの視点、ウェルビーイング

「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念です。自分にとって心地いい状態、心が充足している状態、幸福な状態のことを指します。

WHO憲章でも定義され、また2015年に国連で採択されたSDGs(2030年までの持続可能な開発目標)においても重要なゴールの一つとして上げられており、一般に広まりつつあります。
変化が激しく、価値が多様化する現代において、すべての問題を効率性や経済性によって解決することが難しいからこそ、それらに変わる価値基準として人間の心の豊かさの視点を大事にしようという流れがあります。

 

 

私たちにとっての幸福、ウェルビーイングとは?

一方で、ウェルビーイング、あるいは幸福について考えるというのは、私たちにとって簡単ではないようです。現に国連が毎年実施している世界幸福度調査の最新のランキングでは、日本は62位(前年度4位ダウン)。
背景に抱える文化や価値観によっても幸せの定義は変わります。日本人的なウェルビーイングのヒントは、積み上げてきた文化や歴史の中にあるはず。今回は、宗派を超えて活動されている僧侶の方をゲストに、「仕事」というテーマにしぼって、仏教の視点からウェルビーイングについて考えてみようと思います。

自分と対話を大切に、場の力も借りて、一緒にウェルビーイングについて考えてみましょう!

 

 

<登壇者プロフィール>

近藤 玄純(こんどう げんじゅん)

 

山梨県中央市日蓮宗妙性寺住職
1975年、⼭梨県⽣まれ
⼀般社団法⼈SOCIAL TEMPLE代表理事
超宗派仏教徒「坊主道」代表

 

2016年⼭梨県内の宗派を超えた僧侶グループ「坊主道(ぼうずどう)」を⽴ち上げ、多職種と連携するお寺版⼦ども⾷堂「寺GO飯」、WEB制作会社と連携しHP制作を通して寺院活性化を⽀援する「お寺の活性化計画」、⾏政書⼠との連携による終活支援プログラム「ゆくすえサポート」、仏教・お寺メディア「お寺のじかん」を運営。2018年多様な属性の⼈たちがフラットに参画できる場、建物なき寺院「⼀般社団法⼈SOCIAL TEMPLE」を設⽴。

 

SOCIAL TEMPLE HP

https://www.socialtemple.or.jp

仏教・お寺メディア「お寺のじかん」

https://www.otera-no-jikan.com

日蓮宗妙性寺

http://www.myoshoji.com

 

<こんな方は是非ご参加ください!>

・ウェルビーイングについて考えたい

・就職活動、転職活動を幸せやウェルビーイングの観点から考えたい
・ウェルビーイングな働き方を実践したい
・私たち日本人にとってのウェルビーイングに興味がある
・仕事の中でのやりがいや意義を考えたい、悩んでいる
・自分にとってウェルビーイングな状態を振り返りたい

 

<開催日時>
2020年6月12日(金)19時〜20時半

※イベント終了

>動画配信フォームはコチラ

 

<プログラム詳細>

・チェックイン、zoomのお作法
・近藤さんの自己紹介(10分)
・仏教から見たウェルビーイングと働き方(30分)
・質疑応答(20分)
・対話ワークショップ(20分)
・オンラインプロジェクトの募集について(5分)

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP