海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【タイモブ新メンバー対談企画】タイモブに社会人メンバーの金子と岩倉がジョインしました!

【タイモブ新メンバー対談企画】タイモブに社会人メンバーの金子と岩倉がジョインしました!

  • ニュースリリース

【タイモブ新メンバー対談企画】タイモブに社会人メンバーの金子と岩倉がジョインしました!

タイモブに新しくジョインした金子と岩倉の対談企画!!

 

こんにちは、タイガーモブです!

 

今回は、3月からタイモブにジョインした金子と岩倉の2人が、相互インタビュー形式で、記事を書かせていただきました。

 

金子は大企業で働く傍ら、自身で起業や複業もしているパラレルワーカー。

岩倉は大企業を退職し、新たにキャリアチェンジにチャレンジしている中でタイモブにジョインしました。

 

そんなそれぞれが一風変わった経歴の新メンバーですが、コロナウイルスによりリモートワークが続く中で、まだ直接会ったこともないタイモブ同期の二人。

それぞれがタイモブに入るまでの経緯や理由など、みなさんはもちろんのこと、私たち自身も知らないことだらけです!

そこで、今回は私たちがオンラインの相互インタビュー形式でお互いのことを聞きながら、それを皆様にもお届けすることで、皆様への自己紹介となればと思い、この対談を企画させていただきました!!

どうかお付き合いください!笑

 

(右:金子、左:岩倉)

 

金子 雄亮(かねこ ゆうすけ)

1986年生まれ。2009年神戸大学経営学部卒業、トヨタ自動車入社。
工場の生産管理、海外拠点の人材育成企画、商用車カンパニーやモノづくり開発センターの立上げ、若手新事業企画などに従事。社外では、ミクサプ・起業、アイデアプラス・複業COO、タイガーモブ・エバンジェリストとしても活動し、会社員発のパラレルキャリアに挑戦中。
 
 
岩倉 駿介(いわくら しゅんすけ)
 
1990年、神奈川県生まれ。立教大学卒業後、損害保険会社に入社。
新卒で入社した国内大手保険会社に6年半勤務し営業などを経験。「どこでも働けるマーケター」にキャリアチェンジを果たすため退社し、4ヶ月間セブ島での英語留学を経験。その後タイガーモブで海外インターンをするつもりが、コロナウイルスの影響で渡航を断念。現在はタイガーモブでWebマーケティングを担当しています。
 
 
 

「寛大チルドレン」という共通点

 

金子:対談よろしくお願いします!

 

岩倉:よろしくお願いしますー!

 

金子:タイモブ同期なんですね。笑

 

岩倉:最近まで同期がいることは知らなかったです。笑

 

金子:しゅんすけさん(岩倉)はなぜタイモブに入ったんですか?

 

岩倉:私が今タイモブで働いているのは偶然なんです!私は元々去年の9月に新卒で入った損保会社をやめて、英語を学ぶためセブ島に語学留学に行きました。その後、タイモブのインターンでルワンダに行こうとしていましたが、コロナの影響で、行けなくなりまして。。。笑
その時に、大学の先輩であったの寛大さん(タイモブCOO中村寛大)と今後の相談をしつつ飲んでるときに、「うちでインターンしちゃえば?」というノリで、始まりました。笑

 

金子:本当偶然ですね。笑 しゅんすけさんも寛大チルドレンなんですね!

 

岩倉:金子さんはなぜタイモブにジョインしたんですか?

 

金子:私はトヨタで人事の仕事をしている中で、会社に取り入れる越境学習のベンチマークとして、寛大さんと昨年7月にお話ししました。
その話をしているうちにトヨタに導入するには時間がかかりますが、自費を払ってでも自分がタイモブのプログラムに参加したくなってしまいまして、9月には上海のプログラムに参加しました。笑
そしてそのプログラムに参加したところ、タイモブの熱狂的なファンになり、次は、年明けにエストニアへ行こうという話にもなりました。
そうして、やり取りをしているうちに、私が起業や複業をしていることもお話ししたところ、寛大さんから「うち(タイモブ)でもやります?」とお声掛けいただきました。
なので、私も寛大チルドレンです。笑

 

岩倉:いきなり「寛大チルドレン」という共通点が見つかりましたね!
でも、会社辞めて新たな道を選んだ中でタイモブに出会った僕と、仕事を増やしていくことでタイモブに出会った金子さんという点では真逆ですね!

 

金子タイモブって、いろんな背景の人がいて、多様性の塊みたいなところですけど、そんなメンバーがワンチームになって、目標に進んでいるのは、ほんとすごいなと思いますよね!笑

 

 

タイモブは変わった会社!?二人のタイモブの印象! 

 

金子ちなみに、タイモブにジョインする前の印象はどうでしたか?

 

岩倉実は、ジョインする前の私とタイモブの繋がりは寛大さんとの接点だけ。と言ってもいくらいで、タイモブのことはあまり知りませんでした。笑 海外インターンにも行けなかったですし!
ただ寛大さんが楽しそうに仕事してたので楽しい会社なんだなとは思いました!

 

金子寛大さんも偉大ですが、その情報量だけ判断したしゅんすけさんもすごいですね!笑

 

岩倉:今思えば「楽しそう」だけで決めてましたね!
でも3月のコロナで大変な中で2人雇うタイモブ側も色々とすごい会社ですよね笑

 

金子ほんと、そうですよね!すごい攻めてますよね!笑
ちなみに僕のタイモブの印象は、サバイバル上海に参加したときに、良い意味で「客を客として扱わず、本当に顧客にとっての良いこと」を考えて、フランクにそれを実現している感じが、とても気持ち良かったです。笑

 

岩倉:タイモブのプログラムはだからこそ参加する意味がありますよね!

 

金子はい! サバイバルで、とても学びが多かったです!

 

岩倉僕はタイモブ知らないで入りましたけど、今はそれすごく感じます!

私たちがジョインしたタイミングって、タイモブの事業である「海外インターン」がコロナにより壊滅的な状態で…。それでも当時渡航している人の安全を考えて早急な対応していたり、その中でも同時進行で新しい事業を企画していましたよね。世間がコロナ対応に右往左往している中で、一人ひとりが、やりたいからやる!というスタンスで動き、ユーザーに価値を提供する使命感で動いているのは、最初とても印象的で、大企業で働いていた自分にとって、とても気づきが大きかったですね。

 

金子そこもありますね!!
あと、私が最初、印象的に思っていたのは、駿介さんや私みたいに関わっているメンバーもいれば、学生でインターンで入っている方や、南アフリカからでも普通に働いている人がいたり、CEOの菊池さんが北海道に住みながら働いて、動物を狩りする体験をみんなに共有していたり。本当のダイバーシティーが、ここにあると思いました、笑

 

岩倉:それは強く感じました!

 

金子:こんな会社、やっぱりなかなかないですよね。

 

 

タイモブを広めるためにタイモブにジョイン。

 

金子ちなみに、タイモブでしてみたいことって、何ですか?

 

岩倉:今は、自分の力で「タイモブ」という存在をもっと広く世間に伝えて、タイモブを使ってほしい人にしっかりとサービスが届いてほしいという想いが強いので、そこを達成するためにやっています。
私は元々webマーケティングのスキルを求めてタイモブにジョインし、実際に今はwebマーケティングを主な業務として任せてもらってます。
そして、ジョインした以降タイモブのサービスを知る中で、タイモブのサービスで大きく成長できる人、中にはタイモブに出会うことで人生が変わる人が世の中にたくさんいるだろうと思うくらい価値のあるサービスだと感じました。
なので現在の業務、例えば、SNSの発信をする際などでも、「どうすればその価値が伝わるか」という想いがこもって、言葉選びにも熱がはいりますね。
そして、webマーケティングのスキルが無い人間をこの状況下でも採用する器の広さにしっかり応えて、恩返ししたいです。

 

金子私も、タイモブの熱狂的、ファンで、入っているので、タイモブを広げたいという想いが強くて。
あと、個人が意思さえあれば、学びを得る機会を得られる。というサービスで、そこに強く惹かれていますし、そういったタイモブのサービスを多くの人に知ってもらいたいという思いが強い。あと、タイモブの顧客は、学生が多いと思いますが、社会時にこそ必要だとも想い、そういった社会人へ使ってもらえるように広めたいのと、コンテンツももっと幅広くできる可能性が詰まった会社であると思うので、そこにも貢献できたらと思っています。

 

 

それぞれの今後について

 

金子:将来はどうなりたいですか?

 

岩倉:「良いものを良い」と広く伝えられる人間になりたいですね。
私は元々、前の会社にいて自分の将来を考えたときに、会社からキャリアを指定される日本企業の在り方に違和感を持ちました。
自分は「やりたい」と思えることをやることが好きで、好きな場所で好きな人たちと仕事をしたい。なので
住む場所も、仕事の内容も、好きに選べないのは自分には合わないと思いました。
そしてタイモブのサービスをはじめ世の中には価値があるのに広まっていなく、「もっと広まって欲しい」と思うものがたくさんあります。その自分が「良い」と思う商品や人、場所や文化などを自分の力で多くの人に知ってもらえるようになりたいし、今はそのスキルを磨いています。
そして、将来世界の好きな場所を旅しながら、自分が「良い」と思うものを見つけて、それを世界のどこからでも多くの人に「これ良いよ」と発信して伝えられたら嬉しいです!
金子さんはどうですか?

 

金子:私は「個として逞しくありたい。」という思いが出発点になります。大企業にいるので、どうしても会社の看板で仕事をしがちになってしまうんですよね。そこで、個として自分自身の実力を付けたくて、現在はタイモブや広告ベンチャーでの複業や、仲間4人での起業をしています。タイモブで、アツい熱量に触れて、自分をもっともっと磨いて、役に立てるようになっていきたいです。

 

岩倉:金子さんは大企業で働きながら起業や複業をしているので、金子さんに出会うことで、キャリアの考え方が変わって気付き得る人も多いかもしれないですよね!僕も会社を辞める前は、そんなチャレンジの仕方があるとは知りませんでした!

 

金子:大企業出身として、その辺の選択肢や可能性って僕たちからも、発信して行きたいですよね!

 

岩倉:是非発信して行きましょう!
今日は対談ありがとうございました!今後も同期としてよろしくお願いします!

 

金子:よろしくお願いします!!

 

 

対談を終えて

 

ここまで私たち二人の対談をお読みいただきありがとうございました!少しでも私たちの対談で、それぞれのタイモブとの出会いや現在の想いが伝われば嬉しいです。

今回の対談を通して、二人の様々な共通点も見つかりました。その中の大きな点として「タイモブをもっと広めたい」と点があります。

今この記事をお読みいただいているみなさんはもうすでにタイモブの価値を体感している方々が多いのではないかと思いますが、是非この記事を読んだ皆様が私たちの想いを汲んでいただき、周りの友達にタイモブを勧めていただけると幸いです。

この記事を読み返してみて、「これ自己紹介になっているか?」や「タイモブの記事として出すにはタイモブを褒めすぎではないか?」等の疑問も浮かびましたが、これが私たちの本音ですのでご容赦ください。笑

今回は、このようなサイト内での自己紹介記事となりましたが、私たち自身も今後様々な形で、皆様と直接関われることを楽しみにしております。

今後、金子と岩倉をよろしくお願いします!!

 

 

▼タイモブの中の人が気になる方は、タイモブのnoteもチェック!

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP