海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/5/8 社会人が越境体験して得られる気づきと意識・行動変容の共有会&懇親会

5/8 社会人が越境体験して得られる気づきと意識・行動変容の共有会&懇親会

  • 虎の知恵

5/8 社会人が越境体験して得られる気づきと意識・行動変容の共有会&懇親会

海外への渡航が制限されている今、私たちにできることはなんだろうか。

タイガーモブで仕事をしていると既存事業を動かすことはできないため、必然的に考えるようになりました。

 

そして、これまで多くの社会人の方にご参加いただきました。

 ・今の自分の仕事の幅を越えた体験がしたい。

 ・自分自身を見つめ直し、何が通用するのか考えたい。

 ・旅行ではなく、学びのある海外体験にしたい。

 

理由は様々あり、きっと今現在もそうした想いをもたれている方もたくさんいると思います。

不要不急の海外渡航ができない今、私たちにできることは何か。

皆さんの想いを加速させ、より充実した毎日を送るための機会はどのようなことができるのか。

 

そこで考えたのが、世界各エリアで行われた海外プログラムに参加した社会人の皆さんによるパネルトークです。

1人1人がそれぞれの未来や海外との向き合い方を考える場としてご活用いただければ幸いです!

 

<アフリカ・アジア・ヨーロッパ、デジタル・アントレプレナーシップ・イノベーション>

タイガーモブが主催するプログラムエリアと、コンテンツの切り口です。

各エリアで全く異なる体験をした3名の方にパネラーとしてご参加いただきます。

 

<登壇者プロフィール>


中川 浩司

素材の会社 AGC㈱の研究所に入社、10年ほどプロセス開発に携わり、その後シリコンバレーでの技術マーケティングを経て、現在は技術本部 協創推進グループに所属。社外との様々なコラボレーション企画から新規ビジネスのタネ創出を主に担当。ロジックな左脳的思考が大半を占める社内に置いて、右脳的なアート思考や越境を取り入れる活動を進める中、タイモブと出会い、社内説明がめんどくさいので(笑)、有休をとって海外プログラムに参加する。

 

坂本 明子

国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科卒。美術・文化財研究を専攻。在学中、オランダ南部マーストリヒトにて交換留学を経験し、アートを学ぶ側、現地のデザインアカデミーでのボランティアなども経験。卒業後は、北欧系の家具量販店にて人事を勤めた後、転職し、現在は北米系シェアオフィスにてコミュニティマネジメントを担当。Tiger Movではフィンランドのプログラムに参加。

 


金子 雄亮

トヨタ自動車入社後、生産管理や人事などを経験し、最近は若手の新規事業企画PJTも立上げ中。その傍ら、昨年より仲間3人と共同起業、今年1月より広告系ベンチャーで複業COOとして新事業創出、3月より副業でタイモブにジョイン。大企業社員が、起業・複業・副業も並行するパラレルキャリアに挑戦中。Tigar Movでは、上海のプログラムに参加。

 

<当日流れ>

第一部:越境体験からどんな気づきが得られたのか

・オープニング

・ブレイクアウトルームを使った、アイスブレイク

・パネラーの皆さんによるプレゼンテーション

・プレゼンテーションを踏まえた、パネルトーク(パネルトーク中は、皆さんに質問をチャットもしくはjamboardに書いていただきます。)

・最後に質疑応答

・チェックアウト(気づきをブレイクアウトルームを活用してシェア) 

・タイガーモブからお知らせ

 

第二部:ざっくばらんにZOOM飲みをしながら語らいましょう

・ブレイクアウトルームで無作為にチーム分けをして懇親会をします。

 

<こんな人はぜひご参加ください>

・海外でのプロジェクトに関わってみたい

・海外で学びを深める機会に参加したい

・企業で海外研修を検討している

・人材開発・組織開発で越境学習を取り入れることを検討している

・イノベーションを起こせる人材開発に行き詰まりを感じている

・現行の人事施策に変化を加えたい

・越境学習に興味がある人と語らいたい!

 

<開催日時>

2020年5月8日(金)日本時間19時〜21時(懇親会は、イベント終了後に実施します。)

 

※イベント終了

>録画配信希望はコチラ

 

 

\イベントのグラレコはコチラ/※こちらも録画動画と共に配信中!

 

 

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP