海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:もう飲んだ?カンボジアのビール事情

もう飲んだ?カンボジアのビール事情

かず
  • 2019/03/22 00:00
  • カンボジア
  • 企画・マーケティング,旅行業・ツアー企画、提案
  • インターン前

みなさんこんにちは!僕は4月よりカンボジアのシェムリアップでインターンシップをします!シェムリアップと言えばアンコールワットに代表される遺跡ですね!この遺跡については知っている方のほうが多いくらいだと思うので、別のことを書こうと思っていたのですが中々思いつかず..


 悩んだ末にここではカンボジアのビールについて書くことにしました!なぜかと言うと去年カンボジアを旅行した際、ビールがあまりにも安く、そしておいしかったことに感動したからです。僕が訪れたのはシェムリアップなのですが、ハッピーアワーならジョッキ一杯.5$と日本では考えられない安さで、ビール好きに僕にとっては天国のような場所でした()

カンボジアのビールには有名なものが4つあります。

プノンペンのキングダム・ブルワリー製造の「キングダムゴールド

member_blog_3891_5c94931716a74.jpg

シアヌークビルのカンブリュー・ブルワリー製造の「バイヨン

member_blog_3891_5c94932d034da.jpg

同じくカンブリュー・ブルワリー製造の「アンコール

member_blog_3891_5c949343c5641.jpg

プノンペンのクメールブルワリー製造の「カンボジア

member_blog_3891_5c94938133a53.jpg

 

去年僕が実際にレストランなどで見かけたのは、圧倒的にカンブリュー・ブルワリーの「アンコール」が多かったですね。地元で最も有名なビールもやはりこれのようです。味の特徴は、一般的な東南アジアのビールと同じくすっきりとしていて、それでいて苦みもしっかりあり、、まあとにかくとっても飲みやすいです。あとはカンボジアの暑さもあり、少し出かけるとすぐ飲みたくなってしまうので、僕はフライドライス(2$くらい)を食べながらこればっかり飲んでました()

member_blog_3891_5c9494c679f4e.jpg

しかし最近このアンコールに迫る勢いで売り上げを伸ばしているのが、最後に紹介したクメールブルワリーの「カンボジア」です。2011年に販売を開始した新興ブランドなのですが、メディアやSNSを巧みに利用し、さらにはアンコールと同じく、カンボジアという誰にでもすぐ分かる名前で幅広いシェアを獲得しています。どのレストランにもアンコールとこのカンボジアが置いてありました。僕はこのカンボジアは全く飲まなかったので、インターンシップで行ってからはぜひこちらも飲んでみたいと思います!

 

ここまでひたすらビールのことを述べてきましたが、僕は現地では旅行会社で働きます!目標は

カンボジアの魅力を詰め込んだ新たなツアーを作り、出来るだけたくさんの日本のお客様にカンボジアの魅力を伝えること です。

そしてその魅力の中にはもちろんカンボジアのビールも含まれています。カンボジアのビールは、日本ではまだまだ知名度が低く、飲んだこともない人の方が圧倒的に多いのが現状です。僕も帰国後アンコールを飲みたくて探し回ったのですが、一般的なお店にはなく、ネット通販でも高く、結局カンボジア料理店で飲んでいましたが、それでもビンで1000円くらいするため、なかなか辛い思いをしました。インターンシップでは、ツアーを通してカンボジアビールの魅力も多くの人に知ってもらいたいと考えています!

皆さんもカンボジアに来た際には、ぜひビールを飲んでみてください!

 

かず

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 カンボジアの魅力を日本に発信する旅行会社でのインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP