海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド体験記②|全力で何かに没頭すること

インド体験記②|全力で何かに没頭すること

ニックネーム設定なし
  • 2018/03/23 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

みなさんナマステ!!

 インドから帰国して約3日が経ち日本の美味しい食べ物を食べては日本に帰ってきたんだなぁとしみじみ感じております。

 

しかし、その一方でインドが度々恋しくなります。

 

私がこのインド合宿で得た1番大きなものは全力で何かを頑張ること、人見知りをしないこと、割となんでもなんとかなるということです。

 

 

 

全力で何かを頑張る!というのは、高校時代までの私にとっては割と当たり前のことであったし、常にそうでありたいと思っていました。しかし、インド合宿に来てみて周りのみんなが変わろうとしている中、自分は大学生になってからどこか殻に閉じこもり、目の前のことを必死で取り組むということができていないこと、また、それは人生で1番頑張ったと言っても過言ではない大学受験で失敗したという経験からきていることに気づきました。

 

そこで「このままではこのインド合宿も、自分の人生もダメになってしまう!」と思い立ち、契約件数で1位を取るという目標を立て、その目標を達成することで自分は頑張れる!という成功体験を得ようと思いました。

 

しかし、たまたま仲良くなったアメリカ人の方に契約書を書いてもらったけれどやっぱり君のボスに会ってから決めたいから契約書を持って帰るねと言われてその契約がパァになってしまったり、絶対に契約が取れると思っていて3日連続で通っていた病院の人から丁寧に断られてしまったり、高熱を出して一日ベットで寝込んでしまったり、実際営業をしてみると自分が思っていなかったところでダメージを受けることが多く何度も何度も心が折れそうになりました。

 

でも、その度に周りのみんなに励まされたり、刺激され、まだ頑張れる!と自分に言い聞かせて、高熱でホテルに戻ってもまた現場に向かうほど粘り強く営業をして契約を3件取ることができました!!!!!

 

 

 

契約を取れたことはとてもとても嬉しかったのですが、契約を得られたこと以上に嬉しかったのは、頑張ってる自分がまた好きになれたこと、仕事が楽しいと思えたことです。この感覚は大学生になって初めてで、どこかで否定していた自分を肯定できたような気がして、何かを全力で頑張ることはとても大切なことだと思いました。

 

また、なんだか人に対して積極的になることが今まで怖かったのですが、いざ積極的になってみると、普段の自分では絶対に出会えない人や考え方に出会えてとてもたのしく、人見知りしないって本当に大切なことだと気付きました。

 

なので、これからインド合宿に行かれる方は絶対に人見知りなどせず、契約取れないかもしれないからとか思わずインド人と積極的に喋って欲しいです!!(実際契約はいただけなかったのですが、ご飯に連れてってくれたりいまでも連絡をとっているインド人の方がいます。バックグラウンドがほとんど違う人たちと話すことは発見があってとても楽しいです。)

 

 

 

3つめに、割と何でもなんとかなるということですが、先ほども書いたように私は営業期間中に高熱を出し、最終日は熱あるなーと思いながら、いやでもなんとかなる!と自分に言い聞かせて契約を取りました。なので、本当に無理は禁物ですし、異国の地で変に無理をすることはあまりお勧めはしないのですが、気持ちで勝っていれば割と物事が思うようにいくのだなということに気づきました。

 

なので、これから何かに挑戦する人には不安になっても絶対なんとかなるという気持ちを忘れず挑戦を楽しんでほしいです。

 

私はまだ19歳で、将来のキャリアは漠然としか思い浮かびませんが、大人になってもこの感覚を忘れずに仕事を楽しめるようになりたいです。そのために土台としてまず、大学の勉強をしっかりしようと思いました。具体的にはトイックで900点取る、仏検三級を取ることです。

この目標に向かってインド合宿後の大学生も充実したものにしていきたいです!!

 

最後になりましたが、このインド合宿で頑張れたのは本当に本当に菊地さん柴田さんはじめインド合宿のメンバーのおかげです。みんなで悩めて励ましあえてほんとうに良かった!!ありがとう!大好き!!

 

ニックネーム設定なし

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 【残り1枠】2018年夏インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」6期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP