海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:【CPP第1期体験談②】

【CPP第1期体験談②】

ようこ
  • 2018/03/01 00:00
  • インド
  • インターン後

CPPプログラム体験談第2弾!

参加者の白井瑶子です。

第1弾はもうご覧になりましたか?>>>CPPプログラム体験談① /ガンジス川が見たくなっちゃった話

たつおくんからバトンを引き継いで、インドで私が受けた刺激を少しでも共有できたらと思います。

 

目次

1、CPPプログラムで学んだこと①②③

2、CPPプログラム参加前と後で変わったこと

3、これから何か挑戦する人へ一言

4、目標と成果

 

member_blog_2570_5a97fc77b7f99.jpeg

お世話になったチームの皆さんと!チームみんなが写った集合写真撮っておけばよかった!

 

 

|1|CPPプログラムで学んだこと

 

何をやるか、よりもなぜやるか。

 今回プログラムを通して数多くの士業に携わる先生方や、インドで企業を起こした方からお話を聞く機会がありました。プログラムのミッションである課題解決については各分野でたくさんの知識やアドバイスを頂きましたが、その他に共通して感じたことがあります。

 

それは、自分のやっていることに対してなぜそれをやっているのか、whyの部分が明確であるということです。何をやるかは誰もが自分で探して決定することであり、そこからどうやるかを導ける人が存在すると思います。そして、なんとなくやるのではなく、なぜやるかを明確に持つ人はその中でもごくわずかであるように感じるのです。なぜ、の部分に人は興味を持ち、共感します。クロスボーダーに活躍する方々がたくさんの人を巻き込んで働ける理由は、その人の持つなぜ、の部分が人を惹き付け、動かすからなのだという発見がありました。

 

 

②引き出しは多いほうが良い!

 参加者の方々から学ぶことも数多くありました。参加者の方一人ひとりが様々なバックグラウンドを持っていてユニークなメンバーばかりだったのですが、そこで特に感じたことは皆さんの引き出しの多さです。

 

プログラムの課題解決ミッションに必要な知識だけでなく、なんでそんなことまで知っているの?と思うような雑学まで本当にあらゆる方面に長けているんです!でもそういう一見必要ではなさそうな雑学がひょんなことから新しいアイディアにつながることもあると感じましたし、様々な分野に精通することはそのぶん興味や選択の幅を広げ、自分に多くのチャンスをもたらすのだということを気付かされました。

 

これから私も大学の勉強や自分に関係のあることだけでなく、あらゆる方向にアンテナを張っていこうと思います。

 

 

③自信

 私の今年の目標は「自信」。去年は初めての大学生活に緊張して、自分にできるか分からない、周りから変だと思われるかも、と自分が本当は何をやりたいのか考えることができなかった反省から、2018年は、自分を信じてやりたいと思ったことに挑戦してみよう、という気持ちで年始に掲げた目標です。

 

私はまだまだ先程述べたような、なぜ、なんのために、それをするのかを考えるレベルには到達できていないのですが、まずは自分に正直にやってみるところからスタートし始めました。自分を信じることはとっても勇気がいることです。今回、一週間のプログラムから、自信の源は努力し続けることだというヒントを得ることができました。

 

member_blog_2570_5a97f89098962.jpeg

ずっと行ってみたかった念願のタージマハル!

 

 

 

|2|CPPプログラム参加前と後で変わったこと

 

 一番の変化は士業という職へのイメージです。参加前は正直どんな仕事をしているのかもよく分かっておらず、どちらかというと分厚い本に向かっていたり、相談に来た人の依頼をきいてあげたりというイメージが強かったのですが、プログラムを通してがらりと印象が変わりました。

 

弁護士さんや会計士さんはイスにドンと座って待っているのではなく、想像よりはるかに動く仕事で、ビジネスの中で多くの役割を担っていることを知りました。あらゆる人、あらゆる業種、あらゆる国をもつなぐ仕事であると知ることができたのは私にとって大変大きな収穫でしたし、そこに士業の魅力を感じました。

 

member_blog_2570_5a97f92c3a3d2.jpeg

デリーにあるシーク教徒の寺院へ行ってきました!働いてる人はみんなボランティアだということにびっくり!

無料でごはんが食べられるんです!これはみんなでごはんをたべるところ。

 

 

 

|3|これから何か挑戦する人へ一言

 

 私も挑戦途中なのでこれは自分自身に向けたものでもありますが、挑戦するには勇気もリスクも時間も必要かもしれない、でもやらない理由がないならやってみるのがいちばん!ということです。

 

そして、私の課題は常にそこに目的意識をもつようにすることです。

 

member_blog_2570_5a97fda3495ec.jpg

CPP終了後数日間お世話になった家族の方と。路上で売っているトウモロコシをはんぶんこ。

ローカルなミルクシェイクやアイスも食べてみました!おいしかった!

 

 

 

|4|目標と成果

 CPP参加の目標は、今後の指針を立てることでした。卒業後は就職するのか、法曹の道を目指すのか、目標がないまま2年生を迎えることに不安があったことがその理由です。インドでの一週間、出会った人たちから刺激をたくさん受けて、私の中でのあこがれの人物像のようなものも見えてきたので、成果はあったと思います。

 

今後は、少しでもそこに近づけるよう努力するのみですが、今回目標を達成するために重要だったのは、やはり人との会話から生まれた気付きだったと思うので、今後も視野を狭めすぎず、あらゆる人とのつながりを持てたらいいなと思います。

 

ようこ

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 【第2期募集】世界で活躍するクロスボーダー・プロフェッショナル養成プロジ...

関連するインターン情報