海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【超実践型研修プログラム】観光客急増中のスリランカの魅力を発信する企画インターン

【超実践型研修プログラム】観光客急増中のスリランカの魅力を発信する企画インターン

/

スリランカにて、2週間でスリランカの魅力を知り、発信するための新企画の立案をして頂きます。短い期間で結果を出すことにフォーカスし、どんな環境でもやっていける自信を付けることができます。海外で結果を出したい!学生時代に何かに挑戦しておきたい!そんな方の応募をお待ちしています。

  • 期間:2~3週間
  • スリランカ
  • 過酷な環境に飛び込む

研修内容

◆観光客が急増するスリランカの魅力を知り、発信する新企画立案プロジェクト

インドの南に位置する島国スリランカは2009年に内戦が終結し、平和と成長を享受しています。

東南アジアやインドに比べると日本人が少ないスリランカですが、この6年間で日本人観光客は

3倍以上に増え、注目を集め始めています。 北海道よりも小さい国土に8つの世界遺産を有し、

世界的なサーフィンのメッカ、世界的な紅茶の産地、世界的な宝石の産出国、そして、今、

欧米諸国や日本人から注目されている伝統医療のアーユルヴェーダなど多様で豊富な観光資源があります。

 

スリランカは治安、衛生面が良く、英語も通じ、親日国でもあり、そんなスリランカで事業を始める日本人も

徐々に増え始めています。 今回のプログラムでは南アジアを代表する都市コロンボ、世界遺産都市などで

活躍する日本人やスリランカ人の活動を知り、海外も視野に入れた将来について考えていただくともに、

スリランカの魅力を知り、その魅力を発信する企画を考えて実行していただきます。 3つのミッションをクリアーして、

海外で挑戦する度胸、やりきる自身、将来を考えるきっかけを持ち帰っていただきます。

 

  

 

 

◆ 4つのミッション

ミッション1:スリランカ人100名にアンケートせよ!

ミッション2:日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!

ミッション3:孤児院で女児たちの思い出に残る時間をプロデュースせよ!

ファイナルミッション:スリランカでの体験を振り返り、自分の将来を考えよ!

スリランカの鉄道  一連②

身に付く力・得られる経験

・100人アンケートの実施 

→100人の回答を獲得し、内容が良いものについては雑誌に掲載します。※過去14件の掲載実績あり

 

・海外や英語環境でもやっていける自信(今持っている英語力を発揮して成果を出していただきます)

・海外どこでもやっているサバイバル力とポジティブマインド

・現地の人と仲良くなる度胸と愛嬌

こんな人を求めています

・海外で結果を出したい!

・学生時代に何かに挑戦しておきたい!

・ビジネスを経験してみたい!

・どこでもやっているいけるサバイバル力を身に付けたい!

募集要項

研修先国
スリランカ
研修先都市
コロンボ
研修期間

【対象】

全学年、全学部対象

 

【最少催行人数】
なし

研修日数、時間

■春休みコース

3月10日(土)この日までに到着 

11日(日)レクチャー「スリランカの可能性と魅力」、サバイバル研修「交通手段をマスターせよ!」、シティーツアー(最新おしゃれスポット、歴史的建造物、ローカルマーケットなど)

12日(月)ミッション1「スリランカ人100名にアンケートせよ!」

13日(火)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」調査&取材

14日(水)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」ページ制作&最終プレゼン

15日(木)スリランカと日本の絆を知る(ジャヤワルダナセンター、国会議事堂など訪問)、ミッション3準備

16日(金)ミッション3「孤児院で女児たちの思い出に残る時間をプロデュースせよ!」、絶景のピドゥランガラ寺院訪問、野生動物を間近に見るジープサファリ、シーギリヤ宿泊

17日(土)世界遺産シーギリヤロック登頂、ファイナルミッション「8日間の振り返りと将来プランを発表」、解散

 

——オプション旅行——

18日(日)海沿いの絶景列車、サンゴ礁の海 ヒッカドゥワ、世界遺産ゴール要塞内に宿泊

19日(月)世界遺産ゴール要塞観光、日本が作ったスリランカ初の高速道路、解散

 

 

■ゴールデンウィークコース

4月28日(土)この日までに到着 

29日(日)レクチャー「スリランカの可能性と魅力」、サバイバル研修「交通手段をマスターせよ!」、シティーツアー(最新おしゃれスポット、歴史的建造物、ローカルマーケットなど)

30日(月)ミッション1「スリランカ人100名にアンケートせよ!」

1日(火)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」調査&取材

2日(水)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」ページ制作&最終プレゼン

3日(木)スリランカと日本の絆を知る(ジャヤワルダナセンター、国会議事堂など訪問)、ミッション3準備

4日(金)ミッション3「孤児院で女児たちの思い出に残る時間をプロデュースせよ!」、絶景のピドゥランガラ寺院訪問、野生動物を間近に見るジープサファリ、シーギリヤ宿泊

5日(土)世界遺産シーギリヤロック登頂、ファイナルミッション「8日間の振り返りと将来プランを発表」、解散

 

——オプション旅行——

6日(日)海沿いの絶景列車、サンゴ礁の海 ヒッカドゥワ、世界遺産ゴール要塞内に宿泊

7日(月)世界遺産ゴール要塞観光、日本が作ったスリランカ初の高速道路、解散

 

 

■夏休みコース

8月18日(土)この日までに到着 

19日(日)レクチャー「スリランカの可能性と魅力」、サバイバル研修「交通手段をマスターせよ!」、シティーツアー(最新おしゃれスポット、歴史的建造物、ローカルマーケットなど)

20日(月)ミッション1「スリランカ人100名にアンケートせよ!」

21日(火)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」調査&取材

22日(水)ミッション2「日本人観光客にささるウェブページを企画せよ!」ページ制作&最終プレゼン

23日(木)スリランカと日本の絆を知る(ジャヤワルダナセンター、国会議事堂など訪問)、ミッション3準備

24日(金)ミッション3「孤児院で女児たちの思い出に残る時間をプロデュースせよ!」、絶景のピドゥランガラ寺院訪問、野生動物を間近に見るジープサファリ、シーギリヤ宿泊

25日(土)世界遺産シーギリヤロック登頂、ファイナルミッション「8日間の振り返りと将来プランを発表」、解散

 

——オプション旅行——

26日(日)海沿いの絶景列車、サンゴ礁の海 ヒッカドゥワ、世界遺産ゴール要塞内に宿泊

27日(月)世界遺産ゴール要塞観光、日本が作ったスリランカ初の高速道路、解散

報酬・手当

なし

必要なスキル・資格

なし

担当者からのメッセージ

海外に行って損することはほとんどなく、得るものが多大であると思っています。私は海外に行って、刺激的な毎日を過ごすことができ、海外で起業することにしました。まずは飛び込んでみてください。スリランカは治安がよく、英語も通じて、衛生面も良く、生活面での不安はほとんどありません。一方で、日本とは異なる文化を持ち、多民族多宗教の国ですので、日本では経験できない毎日を送ることができるはず。日本との「違い」を楽しめる方は是非お越しください。

主催者紹介

-------------------------------------------------------------------------------------------------

神谷 政志(かみや まさし)
Spice Up Lanka (Pvt) Ltd Managing Director

------------------------------------------------------------------------------------------------- 

【モットー】

 Spice up your life!

(もっと面白い毎日を!)

 

【経歴】

法政大学社会学部を卒業後、新卒一期生として株式会社ジョブウェブに入社。マーケティング部マネージャー、新卒採用支援事業部長、有給インターンシップ事業部長を経て、海外インターンシップ事業・海外研修事業を立ち上げ国際事業開発部長に。海外インターンシップを20カ国以上に展開し、海外研修を7カ国9都市で実施。2015年に独立して、公益財団法人日本ユースリーダー協会にてASEAN諸国との国際交流・研修事業を担う。2017年1月にスリランカにてSpice Up Lanka Corporation (Pvt) Ltdを設立。2017年2月にスリランカ唯一の日本語フリーペーパーSpice Up Sri Lankaを創刊。

参加者の声

■早稲田大学2年生(男性)
最初は英語で営業なんて正直無理だと思っていた。でも、やってみたら意外とできる。英語がなくても、気持ちは通じ合える。何事もできないと決めつけないことが大切だと思った。

 

■京都産業大学3回生(女性)

一人では言語能力の無さが目立ち、まともに自分の思いを伝えることもままなりませんでしたが、ペアだったからお互いに足りないところを助け合って進めることが出来たのかなと思っています。日本ではないところで日本のことと関連付けて考えることが意識できたこと。営業終わりに自分の回った店を振り返り、そこに言った理由が興味から来ていることを再確認し、今後どうしていきたいかをよく考えるきっかけにもなったこと。そのことについて話をできる環境・仲間がいたこと。この合宿に参加できて本当に良かったです。

 

■大阪大学大学院2年生(男性)

これまで英語の会話を熱心にトレーニングしてこなかったことを悔やむのではなく、今自分ができること、持っているものをフル活用して現場で対応することの重要性を教えていただきました。これからも自分があまり得意でないことでも、尻込みするのではなく、どんどん現場に出ていって自分にできることを精一杯ぶつけます。

タイモブからのメッセージ

「海外が初めて」「英語が苦手」そんな方でも大丈夫!海外でのビジネス初心者でも、スリランカ人に話しかけるところから始まり、交通手段を駆使して街を駆け回ります。考え込むよりも、どんどん実践することの大切さが分かります。どんな環境でも成果を出せるようになりたいという方にお勧めです。

今すぐ申し込む LINEやSkypeで話を聞く
申し込む 話を聞く