海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/多国籍国家マレーシアにて、マレーシア人材に特化した人材会社でのインターンシップ

多国籍国家マレーシアにて、マレーシア人材に特化した人材会社でのインターンシップ

/

多民族国家マレーシアにて、マレーシア人材に特化した人材会社でのインターンシップ。社長以外全てマレーシア人スタッフという環境で人材リソースの開発からリクルート、マーケティング、営業を担って頂きます。日系企業がターゲットであるため、現地の方々・日系企業双方に業務で関わることができます。

  • 期間:3ヶ月以上
  • マレーシア
  • 企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む,複数職種に携わる

インターンシップ内容

マレーシアのサバ州にてマレーシア人現地の方の採用をサポートして頂くインターンシップです。

 

・人材派遣事業のリソース開拓からプロモートまで

クアラルンプールにて社長以外全てマレーシア人スタッフという環境で、マレーシア人に特化した人材派遣事業における人材リソースの開発からリクルート、マーケティング、営業を担って頂きます。マレーシア人労働力を必要としている企業のリサーチと営業、サバ・サラワク州での人材リソース開拓、求人から採用、派遣契約、派遣業務までの一連のプロセスに関与してもらいます。

 

インターン内容①     インターン内容②

身に付く力・得られる経験

・多様性社会での暮らしや業務での関わりを通じたマレーシアに関する幅広い知識

・宗教・人種など多様性社会の現実を知る経験、そこから母国日本の現実を見る力

・日系企業などへのアプローチを通じたマレーシアでの海外事業環境とその知識

・日本人一個人として相手と対峙する経験

・陰りの見える製造業や人気の出ているサービス業などのマレーシアの今を体験し知見を得られる

こんな人を求めています

・まずは受け入れてみる素直で寛容な方

・まずはやってみようという行動力のある方

・何でも楽しんでみようというポジティブな姿勢を出せる方

・相手の話をまずは聞いてみようという拝聴力のある方

・相手の立場に立って考えられる方

・やらないで後悔するのがイヤな方

募集要項

インターンシップ先国
マレーシア
インターンシップ先都市
事務所=主勤務地クアラルンプール、営業先=クアラルンプール周辺、出張先=サバ州東海岸地域を除く各主要都市とその周辺部
インターンシップ期間

3か月以上

インターンシップ日数、時間

8:00~17:30 月~金、サバ州やサラワク州への出張あり

報酬・手当

RM 900の生活支援手当て支給

会社まで徒歩8分の現地女子社員専用社員寮に居住可能、相部屋二段ベッドで共有調理器具・洗濯機あり

サバ州への出張時は旅費・宿泊費・食費会社負担

必要なスキル・資格

・英語力(TOEIC600点か英検2級相当レベル)

・PCスキル(MSエクセル・ワード・パワーポイント)

担当者からのメッセージ

インターン希望者は、旅行では味わえないマレーシアの経験や、責任が伴う業務を通じてマレーシアの方々と真剣に向き合えます。そこで得る知見や経験は将来の進路や方向性を固めていくのに大変役に立つと思います。

企業紹介


クアラルンプールにて、日系企業をメインターゲットにマレーシアの優秀な若者を派遣する会社でのインターンシップです。外国人労働者を取り扱う事業にトレンドが移動した後も一貫してマレーシア人人材にこだわる「逆張り」の事業を貫くことで特色を出しています。

 

マレーシア人に特化した派遣サービスや雇用関連の各種サービスを提供する会社です。製造業やサービス業で経験を積んだ日本人責任者がマネジメントを行っております。

 

・イスラム教徒であるマレー人

・仏教・道教・キリスト教徒が混在する中華系マレーシア人

・ヒンズー教徒キリスト教徒のインド系マレーシア人

・300万人とも600万人とも言われる外国人労働者

・在留届け提出日本人2万人以上

 

このような多くの人々が共存共生する多民族国家で多様性にあふれる国がマレーシアです。ただし、それは国土の40%を占めるマレー半島部の特徴に過ぎません。ボルネオ島側の国土はより多様性にあふれています。マレーシア領土のサバ州には33の言語集団ないし民族が居住しています。このボルネオ島で人材を発掘・募集し、マレーシア人を必要とする主に日系企業へ派遣するのがメインの事業です。

 

人口密度40人/㎢の地から密度7,000人/㎢のクアラルンプールへ。製造業やサービス業、店舗などへ社員を派遣する事業、雇用主の直接雇用をサポートする事業親会社のネットワーク管理サービスなどをやっています。

 

「世の中に必要な事をやれば必ず企業として成立します」

 

日本の国土面積に比べるとやや小さなマレーシアですが、マレー半島とボルネオ島は北海道から九州までに相当する距離があります。この二つに分かれた国土と、マレーシア人を必要とする企業の三者をつなぐ事業。社会事業(ソーシャルビジネス)ではなく、きちんと利益を出し、各ステークホルダーが満足する事業を通じてこそ地域社会に貢献していけると信じています。弊社の活動は支援してくれる地元の協力者作りから始まります。

事業内容
多民族国家ならではのサバ州出身マレーシア人を主体とする人材派遣、企業への求人支援、 親会社向けシェアードサービス、雇用問題などへのコンサルテーション

従業員数
マレーシア人30名から50名(オペレーションオフィス=常勤3名)
使用言語
英語・マレー語・日本語
経営者プロフィール

Managing Director 下田哲也(しもだ てつや)

1964年大分県出身。ネパール・インドからパキスタン、イラン、トルコ、ギリシャまで走破。 長野県乗鞍岳十石峠小屋再建事業。1992年勤務先のマレーシア外注工場で品質・生産性管理に従事したことをきっかけに、マレーシアに根を張り23年。1,500名規模の日系製造工場の生産管理や精密部品加工工場管理などを経て現職。

タイモブからのメッセージ

マレーシア人材に特化した人材紹介企業での一風変わったインターンシップです。熱い経営者の元で、ボルネオ島の現地の方々のクアラルンプールへの就業機会をサポートします。海外就職を考えている方にオススメです!

このインターンに応募する タイモブに相談する
応募する 相談する