海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ガーナ人の雇用を生み出すことを目的に始められたパン屋さんの経営インターンシップ

ガーナ人の雇用を生み出すことを目的に始められたパン屋さんの経営インターンシップ

/

現在はガーナ人だけで経営をしている現地のパン屋さん。日本人サポーターに協力を頂きながら、現地の方と協働して、ガーナに美味しいパンを届けていただきます。途上国でビジネスを興したい、現地の方との協働を実践したい、アフリカで将来何かをやりたい、そんな方にぜひ行っていただきたいインターンシップです。

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • ガーナ
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む

インターンシップ内容

仕事内容が多岐に渡る為、インターン生には自分が興味のある分野に集中的に取り組んで頂ければと考えております。

 

◆インターン内容

①原料調達〜生産〜販売の一連の業務改善

- 原料調達の最適化・コスト削減

- 新商品の開発

- マーケティング戦略の構築・実施

- 新規顧客開拓

 

②ガーナ国内外への情報発信

- SNSを使った情報発信

- イベント企画

 

   

身に付く力・得られる経験

・基本的な事業運営に関する理解

・営業・マーケティング・売上管理に関する経験・知識

・コミュニケーション能力

・日本とは異なる環境でサバイバルする能力

・自分で考え行動する力

こんな人を求めています

- ガーナ人スタッフとも積極的に交流できる方

- 相互理解を大切にし、周りとも協力できる方

- 体力に自身のある方

- 英語での基本的なコミュニケーションが取れる方

募集要項

インターンシップ先国
ガーナ
インターンシップ先都市
ガーナ  クマシ
インターンシップ期間

1ヶ月以上〜

インターンシップ日数、時間

何をやりたいかにより勤務する時間が異なる為、基本的には自由です。

 

以下が基本的な稼働状況となりますが、市場の状況・停電の有無・天候により変わります。

工場の稼働日:月〜土(週六日)

生産時間:8:00〜12:00(原料混ぜ・成形・発酵)、16:00〜22:00(焼き上げ)

販売時間:6:00〜14:00(配送車2台で配達)

報酬・手当

- 手当:GHS250(≒USD55)/月

- 住居:パン工場内の個室を提供

 

以下、自費負担でお願い致します。

- 渡航費・ビザ・保険・現地での移動費など

 

必要なスキル・資格

- 基本的なコミュニケーションが取れるだけの英語力

担当者からのメッセージ

アフリカと聞くと危険だ、貧困だというイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、是非一度ご自分の目で見て経験されることをオススメします。特に、ガーナは人も優しく陽気で比較的安全な国である為、アフリカの生活・経済の成長を肌で感じたい、という方には丁度良いのではないかと思います。弊社のインターンを通して、インターン生自身が成長し、ガーナを好きになってくれれば嬉しく思います。

企業紹介


弊社は2015年7月設立のガーナの一般的なパン屋です。設立当初は私と2名の日本人が中心となり事業立ち上げを行なっていましたが、現在ではガーナ人スタッフのみで事業の運営を行なっております。20名ほどの若いスタッフたち(聴覚障がいを持つ女性スタッフも5名勤務)が、1日1000〜1500個の食パンを生産・販売しています。

 

◆設立経緯〜現在

2009年に日本人パートナーがガーナを初めて訪れた際に、ガーナというエキサイティングな環境でガーナ人と一緒に事業を行い雇用を創出して行きたいと強く感じた事が弊社設立の原点となっています。2014年に西アフリカでエボラ出血熱が流行した事により、私が勤めていた国際NGOがガーナ事務所を閉じる事となり私は職を失う事になりました。その時に、兼ねてから一緒にビジネスをやろうと誘ってきてくれていた日本人パートナーに再度請われ、参画することにしました。

日本人パートナーと事業アイデアを考えている時、JICAの青年海外協力隊で聴覚障がい者の為の学校でボランティアをしている方から、「卒業生たちの雇用先がない」という現状を教えてもらい、健聴者も聴覚障がいを持つ人も一緒に働けて、手に職をつけられる様な仕事がいいなと考えるになりました。その後、リサーチを通してガーナ第二の都市クマシでのパン屋事業の可能性を感じ、現地のパン屋2件で簡単な研修をさせてもらった後、青年海外協力隊の方にも任期満了後に加わって頂き、クマシで弊社をスタートさせる事となりました。

 

最初は慣れない手つきで時間が掛かっていたパンの製造も、今では驚くほどスピーディに安定した品質のパンを提供できる様になりました。弊社では、当初からルール作りや経営にもガーナ人スタッフが多く参画し、また問題が起こればスタッフ皆んなで話し合い、解決策を考えるという文化があります。結果的に沢山の失敗も経験しましたが時間をかけて何度も挑戦する中で、今の様にガーナ人スタッフだけで事業を運営できるまでに一人一人が育ってくれました。2016年4月からは完全にガーナ人スタッフだけの体制となり、事業を行なっています。

事業内容
パンの生産・卸売
従業員数
20名(ガーナ人20名。内訳:ガーナ人男性15名、聴覚障がいを持つガーナ人女性5名)
使用言語
社内:英語(ガーナ人スタッフ同士は現地語または手話で会話)
社外:英語(挨拶程度でも現地語が話せると、お客さんたちが喜びます。)
経営者プロフィール
2009年University of Ghana卒業(bachelor's degree in political science and psychology / higher diploma in business administration and human resource from the institute of commercial management in UK)。
卒業後、National ServiceとしてGhana Statistical serviceにa census coordinatorとして従事する他、Ghana revenue authorityでもtax officerとして勤務。
National Service終了後は、大手マイクロファイナンス会社にてcredit and risk managerとして2年間勤務。
その後、国際的なボランティア・インターン派遣事業のガーナ事務所project coordinatorとして2年勤務。
2015年7月より弊社の立上げ・事業運営を行なっている。
このインターンに応募する タイモブに相談する
応募する 相談する