海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/毎年300名を日本に送り出すミャンマー最大級の教育機関にて日本語教師インターンシップ

毎年300名を日本に送り出すミャンマー最大級の教育機関にて日本語教師インターンシップ

/

生徒数1300人を誇るミャンマー最大級の教育機関を運営しています。そこで主に日本へ送り出す人材の育成を担うインターンシップ。日本語だけでなく、日本の文化をもっともっと伝えたい!雇用という側面からミャンマーの貧困問題を解決したい!そんなやる気のある方にぜひ来ていただきたいインターンシップです。

  • 期間:3ヶ月以上
  • ミャンマー
  • 専門性を極める,過酷な環境に飛び込む,日本の価値を伝える,複数職種に携わる

インターンシップ内容

◆ミャンマーに骨を埋める覚悟で人材育成

1997年に学校を建設し、現在では1300人規模で経営。ミャンマーの貧困問題を雇用現場から解決したい。

そんな思いで日々現場に取り組む方の熱量を肌で感じてみませんか。

日本に渡航する前の日本語教育から研修、その送り出しまで1から10を担うインターンシップです。

日本にはどういう人材が今後求められてくるのか、日本の外から学ぶことができます。

「教育と労働」という生活に欠かせないテーマにミャンマーで真正面からぶつかってみませんか?

 

 

◆インターンシップ内容

基本的には弊社の日本語教師のアシスタントを行って頂きます。インターンシップ内容は下記の通り。

・実習生への日本語教育
・日本人の先生の補佐
・カリキュラム作成
・テストの作成
・実習生の管理
・ミャンマー人先生の管理
・実習生管理アプリへの入力
・出欠の管理
・各試験の採点、打ち込み
・実習生送り出しについての簡単な業務
・その他

 

(※学校の風景)

身に付く力・得られる経験

・異文化という環境下での労働経験
・日本語を教える経験
・送り出しに関する様々なノウハウ
・外国人をリードしながら仕事をする経験

こんな人を求めています

・ポジティブな方(ミャンマーではポジティブでないとやっていけません。)
・スキルよりもやる気のある方

・日本の文化を伝えたい気持ちのある方

・社会問題解決に興味のある方

・社会的意義のあることがやりたい方

募集要項

インターンシップ先国
ミャンマー
インターンシップ先都市
ヤンゴン
インターンシップ期間

5ヶ月以上

※要相談

 

インターンシップ日数、時間

平日 9時~17時
※土日祝日は休み

報酬・手当

・VISA更新のためのバンコク往復航空券とVISA取得費用支給(70日に一度)
・住居支給(会社の二階)
・活動費300ドル/月 

※贅沢をしなければ十分生活できる額です!
・(時期があえば)毎年一度の社員旅行

必要なスキル・資格

特になし

担当者からのメッセージ

ミャンマーはラストフロンティアと呼ばれるくらい、業界・業種を問わず多くの可能性が眠っています。そんなミャンマーで、本当にやりたいことが見つかるはずです。
事業は人材の送り出しと教育がメインです。英語、ミャンマー語のスキルなんて正直いりません。やる気だけを持ってきてください!


日本に興味を持ってくれたミャンマーの若者が日本へ行って、日本のことを大好きになって帰って来てもらえるような会社と繋いであげれるよう我々は日々頑張っています。
あなたもチームの一員となってミャンマーの未来を明るくしませんか?

企業紹介


 2012年に設立したミャンマー人技能実習生の送り出し機関です。
母体はミャンマー人の幼稚園、小、中、高校生向けの私立学校とインターナショナルスクールで、代表の有馬慎二が1997年に設立しました。当初は小さな英語塾でしたが、今では生徒数1300名程のヤンゴンでは知らない人はいないほどの教育機関に成長しました。ミャンマーの中級層向けの学校で、生徒の親たちは車を所有していたり生活には不自由がない環境の子供たちが通っています。

それとは対象に、当社が日本へ送り出す実習生達はミャンマー農村地帯の出身者がほとんど。田舎には仕事が無いため、大学を卒業しても農業を手伝う程度の仕事しかなく、経済的苦しい生活を余儀なくされているのが現状です。そういった背景からミャンマー人の多くがタイ、シンガポール、マレーシア等に出稼ぎに出ていくという習慣がありました。

日本へのミャンマー人技能実習生の入国が許可されたのは2013年です。
当社では2014年2月に第一陣を送り出してから、これまで700名程のミャンマー人を日本全国様々な機関に送り出してきました。
技能実習生たちは3年間日本で経験し、技術を身につけ帰国します。日本で培った技術はそのまま仕事で活かせることもありますが、まだまだ発展途上中のミャンマーでは産業が育っていないため、折角日本で学んだ技術が活かせないことも多くあります。ただ、実習生達が覚えてきた日本語は今のミャンマーでは大いに役に立つもので、当社では日本入国前にしっかりとした日本語の基礎を勉強してもらい、日本入国後も出来るだけ積極的に日本語検定試験を受けるよう指導しています。

事業内容
ミャンマー人技能実習生の送り出し
ミャンマー人への日本語教育
従業員数
従業員数30名
(日本人4名、ミャンマー人26名)
使用言語
日本語、英語、ミャンマー語
※業務は日本語がメインです。
経営者プロフィール

代表 有馬慎二 66歳


ミャンマーに関わって20年。
アメリカ、ウィスコンシン州大学院(教育行政)を卒業後、日本、シンガポールやアメリカで教育関係の仕事に従事し現在に至る。ミャンマーに骨を埋めるつもりで、儲けよりも社会の役に立つことをこれからもやっていく予定。

タイモブからのメッセージ

ミャンマーの方の為に設立されたミャンマー最大の教育機関にてモチベーションの高い日本に将来お越し頂けるミャンマーの方に日本語を教えるアシスタントを担います。

途上国・日本含め、教育現場に今後関わっていく人に行って頂きたいインターンシップです。

このインターンに応募する タイモブに相談する
応募する 相談する