海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ケニアにてサプライチェーン構築に取り組む社会起業家の元でのインターンシップ

ケニアにてサプライチェーン構築に取り組む社会起業家の元でのインターンシップ

/

深刻な貧困と食糧問題を抱えるケニアで、農家の生活向上と高品質な農作物の安定供給をはかることを主な事業とするインターンシップです。現地では、ソーシャルビジネスという形で、貧困に苦しむケニア・ミゴリ郡の小規模大豆農家に対し、農産物のサプライチェーンを上流から下流まで整備・改善する業務に携わって頂きます。

  • 期間:2~3週間,1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • ケニア
  • 過酷な環境に飛び込む,複数職種に携わる

インターンシップ内容

 ◆インターンシップ内容

経営陣の直下で、様々な業務に取り組んでもらいます。時期によって作業内容は異なりますが、以下の例をご参考ください。

 

・弊社指導要領に沿った形での農家への農業指導

・社員/農家リーダーとともに各農家訪問→情報収集

・弊社デモファームでの農作業

・農作物の買取作業(計量→運送→搬入→支払い)

・倉庫管理(梱包袋の整理、種の選別、品質管理)

・農家への種配り

・農家の各種データを基に新たな戦略(改善策)策定

・日々の収支計算

 

 

身に付く力・得られる経験

・貧困農家の現場を見ることができる

・ベンチャーの事業拡大を肌で感じることができる

こんな人を求めています

・自分から率先してどんな作業にも取り組める方

・その作業から問題点を見出し改善策を自ら考えられる方

・その改善策を実行に移せる方

・実行に移す際にまわりの人間を巻き込める方

募集要項

インターンシップ先国
ケニア
インターンシップ先都市
ミゴリ
インターンシップ期間

2週間以上

インターンシップ日数、時間

月曜〜金曜、8:00〜18:00、土曜8:00〜12:00

報酬・手当

・基本報酬なし

・期間中の住居の提供あり

・食事の提供(週3〜4日)あり

必要なスキル・資格

特になし(やる気・気力さえあればOKです)

担当者からのメッセージ

私たちが行なっているのは「ソーシャルビジネス」です。ソーシャルビジネスとは、社会問題の解決を目的としたビジネスであり、ボランティアではありません。一般企業と変わらず、戦略があり、予算があり、収益目標がありますが、その根幹は「スピード・継続性をもって、ソーシャルインパクトを最大化させる」ことです。正直、難易度は高いです。しかし、そこには高い志があり、やり甲斐があります。そんな取組みに対して、愚直に、泥臭く、私たちと共に歩んで下さる方を募集します。

企業紹介


 

 

「すべての人が、自分の意志で、自分の人生を選び取れる社会」、それが私たちが目指す理想の社会です。全ての人々が幸せに生きるためには、まずは各々が自分の望む生き方を選び取れることが前提だと考えます。しかし世界中には、貧困や差別により、教育を受けられず意志を持つことすらできなかったり、お金がないことで衣食住すらままならない人々が大勢います。私たちは、意志の実現を阻まれた人々に常に届く存在でありつづけ、自分の意志で、自分の人生を選び取れる社会をつくっていきます。

事業内容
・小規模農家の組織化
・種子・農業資材の貸付、契約栽培
・農作物の買い取り
・農作物の輸送/販売
従業員数
9名(日本人2名、ケニア人7名)
使用言語
社内:日本語2割、英語8割 
社外:英語8割、スワヒリ語2割
経営者プロフィール

2006年渡米、2011年テキサス大学アーリントン校にて、政治学学士号およびフランス語学士号を取得(Summa Cum Laude)。同年日本帰国。農林中央金庫へ入庫、長崎県内全域のJAバンク7行に対する財務モニタリング・業務推進・新規事業サポート等を担当。2014年より青年海外協力隊員としてケニア・ミゴリ県へ赴任、大豆農家組合にて大豆栽培および加工の普及に従事。趣味は油絵の制作。将来自分で制作した油絵の記念館を建てることが夢。

タイモブからのメッセージ

ケニアの地方都市ミゴリにて、社会課題(農業サプライチェーン問題)に取り組む女性社会起業家の元でのインターンシップ。ケニアの貧困課題に等身大でぶつかり、泥臭く課題解決していきたい方に行って頂きたいです。社会起業家の卵として現地に入り込み、事業発展に貢献したい人におすすめです。

このインターンに応募する タイモブに相談する
応募する 相談する