海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【インドで自分を試せ!!】 選べる実践型短期海外インターンシップ“カイトレ”

【インドで自分を試せ!!】 選べる実践型短期海外インターンシップ“カイトレ”

/

経済成長率1位を誇り、多様性豊かで日本の常識が通用しないインドを舞台にインド人との交流やリアルビジネスのミッションを遂行する、実践型短期海外インターンシップ「カイトレ」。グローバル時代で生き抜くため、自分を見つめ直し・成長するための機会を経験豊富な豪華メンバーで提供。

  • 期間:2~3週間
  • インド
  • 企画・マーケティングに携わる,専門性を極める

研修内容

 

【インドで自分を試せ!!】 選べる実践型短期海外インターンシップ“カイトレ”

 

『カイトレ』とは?

海外トレーニングの略語。海外で活躍したい/海外に興味があるという方々に対して、インド人との交流やリアルビジネスのミッションを通して自分自身を鍛える実践型短期海外インターンシップです。

 

◆カイトレの特徴

・人口13億、今後も急成長が期待されるインドの地を肌で体感
・2週間もしくは3週間という短期間で気軽に実践型海外インターンに参加出来る
・2つのプログラムの中から自分の興味やレベルに合ったプランを選べる
・インド人学生との交流の場を持ち、カイトレ終了後も情報交換できる
・海外事業経験豊富なメンターによる厚いサポート
・万が一のための海外危機管理サポートの体制

※国内有数の経験と実績を持つ総合危機管理会社である CGS Japan, Incと業務提携し、実現!

 

何故、インドなのか?

インドインターンシップ

・世界でNo.1の経済成長率を誇り爆速成長している国を参加者に見て貰いたいから。
・多くの超有名な大企業の経営者(最近では、マイクロソフトやグーグルやドイツ銀行)を輩出しているインド人からグローバルに通用するコミュニケーション力およびビジネス力を見習うべき点が多くあるから。
・州(県)ごとに言葉、宗教、政治が違う“圧倒的な多様性”。まるで、ASEANがインド1国で形成されているようなもので、これからの世の中では、この多様性を尊重する事が重要になるから。
・世界最大の英語圏国家であるから。
・世界有数のIT産業集積地であるから。

 

 

 ◆あなたに最も合ったプランはどれですか?

プランA)語学×海外営業 英語での海外営業が経験できる2週間プログラム

  

<プログラム概要>

・野菜市場やモール視察を行い、インドプネを知る
・1Wの英語プログラムに入り、ビジネス英語を学ぶ

・インド人の学生との交流を楽しみ人的ネットワークを広げる
・ビジネス英語を使って、アポイントメントを自分で取り、営業活動を行う

・他国籍のポテンシャルカスタマー向けのイベントをアレンジする


 

<開催日程>

8/2(インド着) – 8/14(インド発)

 

プランB) 英語×IT「東のオックスフォード」と呼ばれるIT集積地で

    プログラムを英語で学ぶ3週間プログラム

  

<プログラム概要>

・ICTの世界で最も注目されているキーワードの一つが「ビッグデータ」であり、その基礎をIT先進国である
 インドで学習。「ビッグデータ」とは何か、その処理を実現する技術概要(分散並列処理、複合イベント

 処理等)を学習

・ビッグデータの事例をもとに、ビッグデータの収集、分析、活用で使用されている最新技術の概要を、
 短期間で習得

・インド人スーパーバイザー、SEとチームになり、本当のプロジェクトを実践

 

<開催日程>

8月21日(インド着)ー9月9日(インド発)

 

 

募集人数
各プログラム10~12名

 

募集〆切

A)語学×海外営業 英語での海外営業が経験できる2週間プログラム

2017年 7月 7日(金)まで

※募集人数が集まった時点で締め切りとさせて頂きますので、参加されたい方は、お早目に申込ください。

 

B)英語×IT  「東のオックスフォード」と呼ばれるIT集積地でプログラムを英語で学ぶ3週間プログラム

2017年 7月 28日(金)まで

※募集人数が集まった時点で締め切りとさせて頂きますので、参加されたい方は、お早目に申込ください。

 

 

 

メンター/現地サポートメンバー 

■関口 友則

 

成蹊大学経済学部を卒業し、米国 Goldey- Beacom大学にてMBAを取得。
その後、世界最大の経営コンサルティングファームアクセンチュアに入社。約10年間、数多くのグローバルプロジェクトを経験し、日本の大手上場企業に対し、経営戦略策定・業務改善・新規ビジネスの立ち上げ等のコンサルティングに従事。2010年に世界(World)への日本の架け橋(Gateway)となるべく、WooGWay株式会社を設立し、独立。2014年ナイジェリア社、2016年インド社(Aarya WooGWay)を設立。現在、日本の学生・若者がグローバルで活躍できるよう、「カイトレ」というグローバル人材育成プログラムを企画し、リリース。

 

■アビジット ガネカル

プネ大学機械工学部を卒業。情報サービス事業の最大手NTT DATAに入社。5年間、日本で勤務し、日本語をマスタ。
2014年に独立し、アルヤグロバルコンサルティング会社設立し、日立、大東、カンセツ、他の日系の会社へのコンサルティング業務を実施。また、日系企業向けに試作サポート、会社設立手配、量産、品質、納期コントロール、通訳、改善活動サポートを提供。2016年インドに社( Aarya WooGWay)を設立。現在、日本の学生・若者がグローバルで活躍できるよう、「カイトレ」というグローバル人材育成プログラムを企画し、リリース。

 

身に付く力・得られる経験

・どこでもやれるという自信と環境適応能力 ※インドは、東南アジアと比較してもビジネスタフ度が高い

・自分で考え、実行し、それを検証して、改善するというビジネス基礎力

・異なる価値観や文化を持つ人とのコミュニケーション力

・異文化・人材交流を通して、日本人だけでなくインド人とのネットワーク構築

 

こんな人を求めています

・海外ビジネスやるためのきっかけを見つけたい人

・就活の面接で、他の人との違いを出したい/海外ビジネス体験をアピールしたい人

・留学や国内インターンでは物足りず、もっとチャレンジをしたい人

・インドに興味がある/インドという国を肌で感じたい人

・世界No1の経済成長している場所を見たい人

 

募集要項

研修先国
インド
研修先都市
プネ
研修期間

プランA)

8月2日(インド着)ー 8月14日(インド発)

プランB)

8月21日(インド着)ー 9月9日(インド発)

研修日数、時間

プランにより異なる

報酬・手当

なし

必要なスキル・資格

特になし

担当者からのメッセージ

私が20年前の学生時代にインドを1周した際、日本では味わえない光景や貴重な体験で心が揺さぶられた経験があります。その時、時間は有限なので、恵まれている分、無駄に時間を使わず、ワクワクするような生き方をしたいと思った事を憶えております。そんな体験を学生時代に皆様にして頂きたいし、インドは世界で最も成長している今だからこそ見てほしいと思ってます。
留学や国内インターンは当たり前の時代、大切なのは、人とは違う経験を通して何を得るかです。そのためにも、参加者の成長を全力でサポートしたいと思っております。

主催者紹介

カイトレ

WooGWayとは、WorldとGatewayを掛け合わせた意味があり、我々が日本の会社および日本人が世界(World)へ進出するための架け橋(Gateway)となるというミッションで2010年に設立した会社です。現在では、日本以外にインドおよびナイジェリアにも会社を設立しております

 

事業の3つの柱は、以下となります。
●海外ビジネス ※「カイトレ」のようにインドでのグローバル人材育成プログラムはこの事業セグメントに入ります
●海外進出コンサルティング
● IT・ビジネスコンサルティング

参加者の声

 

<カイトレで得たことはなんですか?>

未知である海外の場で挑戦する勇気とビジネス世界の面白さを知れたこと。』
活動は主に日本食お弁当屋の海外展開を目的としたもので、
宣伝や営業、企画などフードビジネスの立ち上げ業務に関わることを体験しました。そして、そのフィールドの地がインドという未知な場所であったことと、リアルビジネスの全てが見られるというところに特殊性があったと思います。周りからは危ないと聞かされていたインドでしたが、それは断片的な事実でしかなく、自分に素晴らしい経験や学びを与えてくれた場所でありました。どこの国であれ場所であれ、目的を持ち熱い思いがあれば、周りになんと言われようがやっていける力は付いてくるということを知りました。また、ビジネスの忙しい立ち上げ現場の生々しいやり取りや、モノやカネの動きなど、裏表すべて隠さず見させていただいたことは自分が社会に出る上でとても貴重な体験となりました。(中央大学 H.O)

 

〈今、カイトレでの経験がどのように生活にいきていますか?〉

カイトレでの経験はその後の私の人生を大きく変えました。一つはみんなと同じ方向に進む必要はどこにもないということに気づけたことです。当初の予定では私は来年度大学を卒業し就職する予定でいましたが本当に自分がやりたいことを追求するとそうではないことに気づき、途中で進む進路を変える決断をしました。『海外へ行きたい!もっと今しかできない色々な経験をしたい!』という本音を大切にすることにしたのです。今はそのことを一つも後悔していません。むしろ自分で創る未来のプランとルートにワクワクしています!このような思いの変化と出会い、実際にその思いを行動に移せている今があるのはカイトレでの経験のおかげだと思っています。

(中央大学 H.O)

 

〈カイトレで得たことはなんですか?〉

インドで出会えた人脈や経験は今の生活や自分の夢に繋がっていると実感している。カイトレと出会えて、先の事は、具体的には決まっていませんが、海外と外国人と密接にかかわる事がしたいと強く思うようになりました。また、ぼんやりしていた自分のやりたい事や目標が明確となりました。(明治大学 Y.K

 

今すぐ申し込む LINEやSkypeで話を聞く

関連タイモブログ

申し込む 話を聞く